2019.12.14

100-7 湯の坪街道(大分県由布市)

10007kysyky

この街路景観の前に、地域全体についてのご説明から始めたいと思います。

由布院は、由布岳の麓にある金鱗湖(きんりんこ)の周辺に広がる温泉地です。湯量が豊富で広い範囲に湯が湧くため、各宿泊施設は一カ所に集積する必要が少なかったことから、賑やかな街並みから外れた周辺の川端や林の間、丘の上などに点在しています。一軒一軒の敷地が比較的広い高級旅館が多く、街の造りはゆったりとしている上、開発規制により高層の巨大旅館やホテルもないため、静かで田園的な雰囲気を持っているのが特徴です。

元々は鄙びた温泉地で、昭和の温泉街に多く見られたような団体観光客向けの大型ホテルやネオンサインきらめく歓楽街がなかったのですが、昭和40年代から町ぐるみで毎年夏に映画祭や音楽祭を開催するなど、ドイツの滞在型保養都市バーデン・バーデンをモデルとし、歓楽色を排して女性が訪れたくなるような環境整備を続けてきた結果が、現在の評価につながっているようです。

この「湯の坪街道」は、前回(100-6)ご紹介した由布院駅から、次回取り上げる予定の金鱗湖に続く由布院温泉の「メイン・ストリート」で、沿道には洒落た雑貨屋やレストランが建ち、周辺には各種の美術館が点在しています。

あえてこれまで述べてきたような由布院のイメージに沿った、緑豊かで、静かで落ち着いた街路景観に見えるように撮った画像を載せてみましたが、実際には東京・原宿の竹下通り等と変わらないような、けばけばしく派手な看板を並べたチャラチャラしたファストフード店や土産物屋等も少なからずあり、街の雰囲気を台無しにしていたりもします。

| | コメント (0)

2019.12.13

100-6 由布院駅(大分県由布市)

10006kysyst

前回ご紹介した別府の隣町・由布院からお送りします。

この駅舎は、地元大分県出身の世界的建築家・磯崎新氏の設計により平成2年に竣工しました。中央部の高さ12mの吹き抜けのあるコンコースがシンボリックです。

全体の構成はシンメトリー(左右対称)で、各部の屋根のカーヴは全て同じ半径と、極めてシンプルな形態です。板張りの外壁の色彩は黒で統一され、そのクールでストイックな佇まいからは「引き算の美」のようなものが感じられます。言うまでもなくこの駅は由布院温泉の玄関口となっていますが、この温泉地の雰囲気によくマッチしているように思います。

その由布院温泉については、次回以降詳しく触れたいと思います。

| | コメント (0)

2019.12.11

100-5 海地獄(大分県別府市)

10005kysujb

大分市に続いては、県内第2の都市で、温泉地として全国的に名高い、別府市からお送りいたします。

源泉数、湧出量とも日本一の規模を誇るという別府温泉には、含有物によって青、赤、白など様々な泉色を呈する温泉や、間欠泉などの特色のある源泉が点在し、これらの中には温泉の熱を利用して飼育・育成した動植物を展示する施設を併設したものもあります。このような入浴ではなく、観覧を主な目的とした温泉は「地獄」と呼ばれ、これらを周遊する「地獄めぐり」は別府観光の目玉の一つとなっています。

「地獄」が観光施設として商業化されるようになったのは、明治43年にここ「海地獄」が施設を整えて入場料を徴収するようになったのが始まりとのことです。源泉が硫酸鉄によって一見涼し気なコバルト・ブルーの色をしていることからこのように名づけられた「海地獄」は、他の3つの「地獄」とともに国の名勝に指定され、別府の「地獄」の中で最も広大だそうです。

とはいえ、主役である珍しい色の源泉自体はそれほど大きなものではなく、むしろ私が心を惹かれたのはそれを取り囲む木々や花に囲まれたどこか南国ムード漂う広大な日本庭園で、中でも特に「地獄」に隣接した池に浮かぶ、この美しい円を描く立派な蓮の葉です。このオオオニバスは温泉水によって栽培されているそうで、なんとお盆のシーズンには大きく育った葉の上に子どもを乗せるというイヴェントまで開催されているようです。

| | コメント (0)

2019.12.09

100-4 大分駅上野の森口(大分市)

10004kysoss

前回までの記事(100-13)では、商業施設や公共機関が集中する大分駅の北側の地区をご紹介してきましたが、今回は駅南側の風景です。こちらは駅周辺の連続立体交差事業が行われる以前は、鉄道線路によって北側の中心市街地とは完全に分断され、「裏駅」「駅裏」などと呼ばれていたようです。それが平成8~28年度にかけて東西1.1km、南北0.8kmに及ぶ約50haの区域で土地区画整理事業が施行され、駅前広場や複合文化施設「J:COMホルトホール大分」等の整備と併せて、駅周辺街区の有効高度利用と周辺部の都市型住宅地の整備が行われました。

そうした事業の一環として創出されたのが画像の広々とした芝生の空間です。これは駅前を起点とする総延長444m・幅員100mのシンボルロード「大分いこいの道」で、両側を街路に挟まれた中央部分がイヴェントも開催できる広場となっており、駅前には大分の新しい顔となるような、現代的で明るく爽やかな風景が広がっています。なお、広場全体には仮設住宅が93戸建設可能で、ホルトホール大分前広場はヘリコプターの緊急時離着陸場として使用できるなど、大規模災害への対応も想定されているようです。

| | コメント (0)

2019.12.08

100-3 ガレリア竹町(大分市)

10003kysgto

江戸時代から一貫して大分最大の繁華街だったという県内最古の商店街で、その延長は349mに及びます。

画像は、前回(100-2)ご紹介した「中央通り」と交わる、アーケード街のエントランスにあたる場所ですが、ここと終点からの各1ブロック分だけはその幅員が24mに広げられています。一方で高さは18mあり、この断面積は日本最大なのだそうです。「ドーム広場」と呼ばれるこの壮大ダイナミックな空間は、大分の旧市街地の8割が被害にあったという戦災からの復興計画によって設けられたもので、アーケード街の入口のイヴェント広場として機能しています。空間全体がバルーンで華やかに飾り付けられているのは、この画像が同じく前回の記事で触れた「大分七夕まつり」の翌朝早くに撮ったものだからです。

| | コメント (0)

2019.12.07

100-2 大分銀行赤レンガ館と中央通り(大分市)

10002kyscdo

中央通りは、前回(100-1)ご紹介した大分駅府内中央口から延びて市街地の中央を南北に貫く広幅員の道路で、1900年には九州初の路面電車が走り「電車通り」と呼ばれていたそうです。通り沿いには大型商業施設や金融機関の本支店が建ち並んでいます。そして、毎年8月に行われる「大分七夕まつり」の際は市民総おどり大会の、12月にはイルミネーション・イヴェントの会場となるなど、大分市のメイン・ストリートとして機能しています。

その沿道で一際目立つランドマークとなっているのが、市中心部に残る唯一の洋館である「大分銀行赤レンガ館」です。これは1913年に旧第二十三国立銀行本店として建てられたもので、国の登録有形文化財に登録されています。第二次世界大戦末期には空襲で壁のみを残して焼失したものの、戦後修復され、1966年に移転するまで大分銀行本店として使用され続けました。その後は貸しホールなどに使われたり、再び銀行業務に用いられたり、空き店舗となったり…していたようですが、2018年3月にリニューアル・オープンし、現在は県産品を販売する地域商社や地場のコーヒー専門店が入居しているそうです。

最近似たような建物を盛岡でも見たなぁ…と思っていたら、案の定こちらも東京駅などで知られる「辰野片岡建築事務所」による設計でした。考えてみれば用途も、そして名称までもそっくりです。

| | コメント (0)

2019.12.06

100-1 大分駅府内中央口/JRおおいたシティ(大分市)

10001kysots

今回のシリーズは大分県大分市からスタートさせて、九州を西へと横断していく予定です。県庁所在地かつ50万人近い人口を擁する県内最大の都市ですが、大分市を観光で訪れる人は少ないようで、私が入手した九州のガイド・ブックには一切情報がありませんでした。そんな街から九州を語り始めるところはこのサイトらしいな、と思います…。

 

画像は大分市の表玄関にあたる、JR大分駅の「府内中央口」の風景です。この駅では2012年に高架化が完了し、追って駅前広場の改装が行われ、新駅ビル「JRおおいたシティ」が開業しました。この駅ビルは商業施設や立体駐車場等からなる地上8階・地下1階の低層部と、画面より左側に建ちホテルや天然温泉施設が入居する地上21階のタワーとから構成されています。

駅ビル低層部の屋上には「シティ屋上広場」が開設されています。今回の記事で特に語りたいのはこの屋上庭園についてで、4,500㎡の面積に約1,000の木々や花々が植えられ、多彩なイヴェントが開催されているそうです。園内には展望台、土産物店、飲食店、野菜づくり体験ができるクライン・ガルテン(ドイツ語で「小さな庭」を意味する市民農園)、遊具等が設けられている他、延長約180mのミニトレインが走り回るなど、子供から大人まで楽しめる様々なアトラクションを備えた遊び心あふれる空間となっています。さらに変わったところでは、1965年から旧駅舎の屋上にあった「鉄道神社」も移設されています。

屋上の右側に顔を覗かせているのは、内部に上り下りがすれ違わない二重螺旋構造の階段を持つ伝統的な「栄螺堂(さざえ堂)」の建築様式で建てられたという「夢かなうぶんぶん堂」です。この堂や、画面左側の城門をモチーフにしたという駅ビルの入口等の外観、そしてネーミングまでもがポスト・モダン的な楽しさに溢れている駅前の風景です。

| | コメント (0)

2019.12.01

アーバン・ツアーズ 2019~2020年末年始SP 九州の風景

みなさま、こんにちは。「URBAN TOURS」の新たなテーマは「九州」です。

このサイトを開設した2006年4月当時、私がまだ訪れたことのない県は、西日本を中心に15もありました。その後10年以上かけて少しずつ各地に足を運んでいき、先頃最後となる熊本県を訪れたことで、めでたく日本全国47都道府県制覇を果たすことができました!

今回のシリーズはそれを記念して、その熊本を含む、九州を横断するルート上の風景をご紹介しようと思います。通し番号もちょうど100となるシリーズは12月6日(金)スタート予定です。お楽しみに!

| | コメント (0)

2019.08.19

99-26 ユーレカ・スカイデッキ88からの眺め(オーストラリア・メルボルン)

9926melesd

先日「フェデレーション・スクエア」をご紹介した際(99-13)画像に映っていた「ユーレカ・タワー」は、ヤラ川南岸のサウスバンク地区に位置する92階建て、高さ297.3mというメルボルン一の超高層ビルで、下層階はオフィス、上層階は高級住宅となっています。その88階にある南半球で最も高い285mの展望台が、2007年にオープンした「ユーレカ・スカイデッキ88」で、画像はそこから南の方角の眺めを撮ったものです。

メルボルンの中心部にフォーカスした地図には川しか描かれていなかったので、この街に海のイメージはなかったのですが(というか、今回訪れることになるまでメルボルンという都市に対して特に何のイメージもなかったのですが…)、こうして高い所に昇ってみると、意外と近くにきれいな海があるんだな、という印象を受けました。

そして、この眺めの中で最も印象に残ったのが、画面中央付近で緑に囲まれてリゾート地風に人工的なカーヴを描く水域です。ここは「アルバート・パーク湖」で、周回する道路はF1オーストラリアGPのコースとなっている、らしいです。

 

平成と令和という2つの時代にまたがる壮大なスケールで(?)お送りしてきた「オーストラリアの風景」シリーズは、今回で終了です。

| | コメント (0)

2019.08.18

99-25 ヴィクトリア・ハーバー沿いの建築(オーストラリア・メルボルン)

9925melavh

前回(99-24)に引き続き、ヴィクトリア・ハーバーの風景です。

マリーナに面したこの住宅?建築は、深いブルーと白のカラーリングが爽やかで、そのダイナミックな形状がウォーター・フロントらしい楽しさを表現しています。マリーナが海ではなく、川だという点に気づいてしまうと、なぜかちょっと物足りなく感じられますが。

| | コメント (0)

2019.08.17

99-24 ヴィクトリア・ハーバー(オーストラリア・メルボルン)

9924melvhb

CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)と呼ばれるメルボルンの都心部は、海(ポート・フィリップ湾)からヤラ川を数km遡上した位置に築かれています。そしてその少し手前の、CBDの西側にあたる場所が「ドックランズ」と呼ばれる港湾地域です。ここは近年再開発が進み、高層住宅やオフィス・ビルの他、ショッピング・モールやレストラン、フットボール・スタジアム、遊園地、大観覧車等が立地するウォーター・フロントの一大エンターテインメント・エリアとなっています。といっても、シドニーの「ダーリング・ハーバー」ほどの賑わいはありませんが。

そんなドックランズに位置する、ヨットなどの小型船舶が停泊しているこのマリーナが「ヴィクトリア・ハーバー」です。外洋に直接面していない、川沿いに造られたこのマリーナは動きのない、静まりかえった港です。船舶を係留するため?にしては異様に密集して立っている先端の白い杭が、水面の静けさを視覚的に際立たせているように感じられました。

 

| | コメント (0)

2019.08.16

99-23 エヴァン・ウォーカー・ブリッジ(オーストラリア・メルボルン)

9923melewb

ヤラ川によって隔てられたサウスバンク地区とフリンダース・ストリート駅を直結する歩行者専用の橋で、さらに駅の地下を通り抜けることでメルボルンの中心部へとアクセス可能なルートとなります。

この橋の平面形状は直線ではなくなぜかジグザグしていて、アップ・ダウンもあり、上空に武骨なアーチ状の構造体も出ているので、落ち着いた川沿いの風景に刺激を与えるアクセントになっています。

| | コメント (0)

2019.08.15

99-22 サウスバンク・プロムナード その2(オーストラリア・メルボルン)

9922melsp2

前回(99-21)に引き続き、ヤラ川沿いの風景です。

サウスバンク・プロムナード沿いには商業施設が建ち、水際と遊歩道に面した開放的な造りの飲食店が設けられています。遊歩道上の広場では大道芸人のパフォーマンスが行われるなど、都会的な賑わいがあります。

ちなみに、前回まで掲載してきた画像(99-1921)に映っていたメルボルンの高層ビル群は都心部の東側に位置するものでしたが、今回は西側を見たアングルです。どちらかというとミラー・ガラスの面積比率が高い現代的なビルが整然と並んでいた東側のビル群に比べ、こちらはちょっと古さを感じるような外観のものが多く、色や高さもまちまちで、また趣が異なっています。

| | コメント (0)

2019.08.14

99-21 サウスバンク・プロムナード その1(オーストラリア・メルボルン)

9921melsp1

ヤラ川がフリンダース・ストリート駅の近くを流れるあたりでは、水面近くにこのようなプロムナードが整備され、散策が楽しめるようになっています。並木が植えられた対岸には水上にカフェが浮かんでいるのも見え、お洒落な雰囲気です。この「サウスバンク」の他にも「ドックランズ」とか、あるいは都心部のことを「シティ」と呼んでみたり、メルボルンはロンドンと共通する地名が多いように思うのですが、この川沿いの雰囲気はテムズ川よりはどちらかというとパリのセーヌ川を思わせる優雅さです。

| | コメント (0)

2019.08.13

99-20 ヤラ川とメルボルンのスカイライン(オーストラリア・ヴィクトリア州)

9920melyrr

前回(99-19)取り上げた「アレキサンドラ・ガーデンズ」の北側を流れるヤラ川の畔にまで来て、メルボルン都心部の東側に建つ高層ビル群を、より近くから見た風景です。対岸の木々の奥にあるのが、以前ご紹介した(99-13)「フェデレーション・スクエア」で、その建築群の一部が見えています。

街路が碁盤状に整備されたメルボルンの都心部は、このヤラ川の北岸に接して築かれています。つまりヤラ川はメルボルンにとって「母なる川」といった存在なのではないかと思われます。

今回からシリーズの終盤にかけて、このヤラ川を中心とした水辺の風景を取り上げていこうと思います。

| | コメント (0)

2019.08.12

99-19 アレキサンドラ・ガーデンズとメルボルンのスカイライン(オーストラリア・ヴィクトリア州)

9919melaxg

メルボルンの都心部はCBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)と呼ばれる東西約3km×南北約1kmの長方形の区域ですが、この南東側に隣接して、それとほぼ同等かそれ以上の面積を持つ公園群、というか緑地帯が広がっています。そんな緑豊かな環境もあってか、メルボルンは別名「ガーデン・シティ」などとも呼ばれているそうです。その中には今年初めに日本人選手の活躍が話題となったテニスの全豪オープンの会場「メルボルン・パーク」などの施設も含まれています。

今回の画像は、その中で最も都心部の近くに位置する「アレキサンドラ・ガーデンズ」から見えたCBDの東側にある高層ビル群を、よく晴れて空が青く気持ちのいい夏の朝に撮ったものです。

| | コメント (0)

2019.08.10

99-18 デグレイヴス・ストリート(オーストラリア・メルボルン)

9918meldgs

 

 

 

 

 

 

 

 

紅茶文化圏・英国の統治下にあったオーストラリアではありますが、実はイタリア移民が伝えたという独自のコーヒーとカフェ文化が存在しており、その中心地がここメルボルン、らしいです。そしてこの「デグレイヴス・ストリート」は、路地の両側、あるいは真ん中にカフェのテーブルが並ぶというメルボルンらしい光景が見られる「カフェ通り」として知られているそうです。

この通りは、以前にご紹介している(99-11,12)フリンダース・ストリート駅の向かいという、街の中心部に位置しています。メルボルンは大都市で高層ビルも多いのですが、駅に近い商業地域にはこうした飲食店の他、スーパーやコンビニエンス・ストアといった生活に密着した店舗が通りに面して多く立地し、活気があります。都心がこのようなヒューマンな空間であることも、メルボルンが「世界で最も暮らしやすい都市」として評価されている理由の一つになっているのかもしれません。

| | コメント (0)

2019.08.09

99-17 ロイヤル・アーケード(オーストラリア・メルボルン)

9917melrac

 

 

 

 

 

 

 

 

前回(99-16)ご紹介した「バーク・ストリート」と平行する通りの間を結んでいる、1870年開業というメルボルン最古のショッピング・アーケードです。19世紀のヴィクトリア様式のクラシックなデザインで、建築当時まだ電気が普及していなかったのでガラスを多用し、ドーム型の天井から自然光をたっぷり取り入れる設計となったそうです。訪れた時間が遅かったのでほとんどの店が閉まっており、人通りは少なかったですが、入居しているのは高級店や老舗が多いようで、画像からもそんな空間の優雅さが伝わるかと思います。

シドニーにも同時期に造られた「ストランド・アーケード」という似たような施設があります。当時のオーストラリアでは、このような大通りを結ぶ細い路地にガラス屋根を掛けた専門店街が、商業施設の花形だったということなのでしょうか。

| | コメント (0)

2019.08.08

99-16 バーク・ストリート・モール(オーストラリア・メルボルン)

9916melbsm

 

 

 

 

 

 

 

 

バーク・ストリートは都心部のほぼ中央を東西に貫くメルボルンを代表する通りですが、その内の概ね1ブロック分の区間はトラムのみが通れる歩行者天国(トランジット・モール)になっており、ここが「バーク・ストリート・モール」と呼ばれています。ここにはオーストラリアの2大デパートの他、多くの商業ビルが建ち並び、メルボルン一のショッピング・スポットとして終日賑わいを見せています。そんな場所にふさわしく、沿道にはフラッグが、そして上空には装飾が、華やかに飾られています。

| | コメント (0)

2019.08.07

99-15 ヴィクトリア州立図書館(オーストラリア・メルボルン)

9915melslv

 

 

 

 

 

 

 

 

1856年に完成したオーストラリア最古の図書館で、メルボルン都心部の1ブロック(約200m×100m)をまるまる占める巨大な建物に、2万冊の図書をはじめ、絵画、新聞、地図からオーディオやデジタル・メディアまでを所蔵するという規模だそうです。旅行サイト「トリップアドバイザー」が2013年に「死ぬまでに行きたい世界の図書館15」の一つに選出したと聞いて、そこまでおっしゃるなら…という訳で入ってみました。中でも目玉と言えるのが、4層吹き抜け、座席が放射状に配置されたこのリーディング・ルームのようです。

確かに立派だなぁ、壮観だなぁ…とは思ったのですが、吹き抜けはスペースがもったいないですし、日本風にいう「閲覧室」がこんなに音が反響するような造りではうるさくて集中できないんじゃないかなぁ、あんまり機能的じゃないなぁ、と感じました。そういった実質面よりもオーストラリアという国、あるいはヴィクトリア州の文化度や知的水準の高さを誇示したいがために、大陸初となる図書館を敢えて大きく、立派なハコとして造ったのかもしれませんね。

| | コメント (0)

«99-14 タウン・ホールのプロジェクション・マッピング(オーストラリア・メルボルン)