2020.11.26

103-16 豊島美術館(香川県)

10316ksutam

前回(103-15)ご紹介した唐櫃地区の港から、徒歩なら15分程坂を登った先の瀬戸内海を望む小高い丘の上にあるのが、近隣の直島犬島でも同様に現代美術に関わる様々な活動を展開しているベネッセグループが運営するこの「豊島美術館」です。

敷地内には水滴をイメージしたようなドーム状の建物が2つあり、その小さい方が画像に映っている「カフェ&ショップ」です。もう一つの大きい方が「アートスペース」となっていて、こちらへは遊歩道を辿って瀬戸内海の眺めを堪能してから観賞するような順路が指定されています。

「美術館」を名乗ってはいますが、建物の中に絵画や彫刻がいくつも展示されている…という一般的な施設ではなく、膜のようなコンクリートで覆われた柱一つない「シェル構造」の建築そのものが、「母型」と名づけられたアート作品となっています。そのたった一つの作品を鑑賞するために、わざわざ交通不便な離島まで来て1,500円の入場料を払う価値を感じなかったらどうしよう…などとケチな心配をしていたのですが、広さ約40×60m、最高高さ4.3mの内部空間に包まれるととても居心地がよく、「泉」から発生する水の流れる動きを追ってみたり、天井の開口部から外の風や音、光を感じたりして過ごしていると「いつまでもここにいたい」とさえ思える程の満足感を得られました。

 

この記事を以って「香川・瀬戸内の風景」シリーズは最終回といたします。ご覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020.11.24

103-15 唐櫃の風景(香川県・豊島)

10315ksukrt

「香川・瀬戸内シリーズ」の最後に、小豆島の西約4kmの位置にある「豊島(てしま)」をご紹介しようと思います。行政区域としては小豆島の概ね北西半分を占める「土庄町」に属している、面積14.5㎢、人口約800人という小さな島です。

湧水が豊富で棚田が広がる稲作が盛んな島で、近代に入ってからは酪農が栄え「ミルクの島」、戦後まもなく先進的な福祉施設ができて「福祉の島」と呼ばれていたそうです。1970年代から始まった産業廃棄物の不法投棄が全国的にも最大規模の産廃問題となったことから「ゴミの島」と呼ばれるようになってしまいましたが、現在では環境の再生を目指した取り組みが続き、2010年には「瀬戸内国際芸術祭」の会場に選定され「豊島美術館」(次回取り上げる予定です)もオープンし、数多くの芸術作品が点在する「アートの島」となっています。

画像は島北東岸の唐櫃(からと)地区のもので、小豆島に近い港に面した場所の風景です。文化財的な価値がどうとか、そういうことはよくわかりませんが、この地区には昔ながらの日本家屋が並んでいて、この景色はきっと何十年も前から変わっていないんだろうなぁ、と思わせてくれるような昔懐かしい雰囲気です。

| | コメント (0)

2020.11.20

103-14 二十四の瞳映画村と播磨灘(香川県・小豆島)

10314ksueah

前回(103-13)と同じ、「二十四の瞳映画村」の、外海(と言っても「瀬戸内海」ですが)にあたる播磨灘側の風景をご紹介いたします。

日の丸が掲げられている所に、明治時代から実際に学校として使われここへ移築された小さな木造校舎のセットがあるのですが、教室の中からでも広がりのある海原がすぐ目の前に見えるという、プライヴェート・ビーチのようなロケーションで、こんな景色のよい学校に毎日通えたら楽しいだろうな、と思ってしまいます。

今回で小豆島は離れ、次回は違う島をご紹介いたします。

| | コメント (0)

2020.11.18

103-13 二十四の瞳映画村と内海湾(香川県・小豆島)

10313ksueau

小豆島と言えば、映画、TVドラマ、アニメ等でこれまでに何度も映像化された昭和27年発表の小説「二十四の瞳」の原作者・壺井栄氏の出身地として有名ですが、その1987年版映画の撮影のために建てられた野外セット14棟を改築し、映画と文学のテーマパークとしてオープンしたのがこの「二十四の瞳映画村」です。両側を播磨灘(はりまなだ)と内海湾(うつのみわん)に挟まれた約1万㎡の敷地に大正・昭和初期の村が再現され、現在も多数の映画・ドラマ・CMの撮影が行われているそうです。

ノスタルジーを感じさせる小ぢんまりと造られた田舎の村の風景は愛らしく、とても親しみの持てるものとなっています。都市景観について語っているこのサイトではテーマパークの内部のような閉鎖的で人工的な空間はなるべく取り上げないようにしているのですが、この「映画村」の中の風景は、その外部の内海湾沿いの集落とも違和感なく連続している印象です。私が蛇蝎の如く忌み嫌っている電柱や電線が映り込んでいることさえ、味があるように感じられてしまいます。

ところで地図、あるいは数日前に投稿した記事(103-10)の画像を見ていただければわかるのですが、この施設は内海湾に蓋をするように細長く伸びた半島の先端近くに立地していて、島の主要部から陸路でアクセスしようとすると非常に遠回りとなり、バスの本数も極めて限られています。そこで、少し前に取り上げた(103-9)「小豆島オリーブ公園」近くの海岸に設けられた桟橋との間に12人乗りの渡し舟を発着させ、湾内を直線距離で結んでいるのですが、こちらは客が来れば随時運航で所要時間もわずか10分と便利な上に、水面を間近に感じられる小さな船で海上を進むという、日常ではなかなか味わえない体験ができるので、利用をおすすめします。

| | コメント (0)

2020.11.16

103-12 マルキン醤油小豆島工場(香川県)

10312ksumsf

前回(103-11)の記事で、小豆島の中でも「醤の里」と呼ばれるこのエリアに大手から中小まで20軒以上の醤油蔵や佃煮工場が集積…とご紹介しましたが、大通りの両側に広大な面積の工場を持つこの「マルキン醤油」は国内大手メーカー6社の一角を占めるという大企業だそうで(スミマセン、存じませんでした…)、おそらく「醤の里」では最大規模の事業所かと思われます。

バスを降りてこの場所に近づいていくと、徐々に香ばしい、下手をすると吐き気さえ催しそうになるほど強烈な、「醤油っぽい何か」の香りが漂ってきます。切妻屋根が連なる建物群は屋根瓦や板塀が醤油の菌の影響か真っ黒に染まっている上に、ツタのような植物で覆われていて、時の流れを感じます。通りの両側に建つ施設を結ぶ何らかの配管が上空を跨いでいたりもして、「近代以前のコンビナート」(そんな物があるのかどうか知りませんが)といった感じの、人間味あふれる工場の風景です。

| | コメント (0)

2020.11.13

103-11 醤の里 馬木散策路の風景(香川県・小豆島)

10311ksuupn

私は関東地方出身で、醤油の産地と言えばキッコーマンがある千葉県野田市か、ヤマサとヒゲタがある千葉県銚子市くらいしか知らなかったのですが、全国的には「五大産地」というものがあるようです。その一つがここ小豆島で、島内でも小豆島町草壁~坂手地区にかけてのごく狭い範囲(前回の記事の画像の、左側の市街地)に大手から中小まで20軒以上の醤油蔵や佃煮工場が集積し、そのうち醤油蔵など約90軒が登録有形文化財建造物に、12軒が近代化産業遺産建造物に指定されているのだそうです。

そんな「醤(ひしお)の里」と呼ばれる風情あるこの地区の散策が楽しめるようにと「馬木散策路」が設定されているのですが、指定されたルートに特別な舗装が整備されているわけでも、わかりやすい案内板が立っているわけでも、観光客の姿を見かけるわけでもありません。のどかな田園風景と民家に混じって所々に現れるこの昔ながらの小さな工場(?)のような味のある風景を、道に迷いながら自分なりに見つけださなければいけない、という「観光地」です。

| | コメント (0)

2020.11.11

103-10 寒霞渓第一展望所からの眺め(香川県・小豆島)

10310ksukkk

寒霞渓(かんかけい)は、日本初の国立公園である「瀬戸内海国立公園」の代表的な景勝地として指定された「日本三大渓谷美」の一つであり、その山頂はこのように瀬戸内海から四国の山並みまで見渡せる絶景スポットとなっています。

小豆島は複雑な海岸線を有していますが、ここでは細長く伸びた半島が播磨灘(はりまなだ)と内海湾(うつのみわん)を隔てていて、その湾の周りに小豆島町の草壁から坂手にかけての市街地が広がり、それを緑の山々が囲んでいるという眺めが、写真の中にきれいにおさまっているように感じられます。空も海も青く、夏らしい絶景です。

| | コメント (0)

2020.11.09

103-9 道の駅 小豆島オリーブ公園(香川県)

10309ksuolp

明治時代に日本で初めてオリーブの栽培に成功したオリーブ園に隣接した、瀬戸内海を見下ろす小高い丘の上にある公園で、道の駅を併設しており、オリーブの歴史・文化を紹介する施設群が建てられています。

一応「公園」という名はついていますが、どこまでが園内でどこからが隣のオリーブ畑なのか等、その区域がわかりづらく、造園的な完成度もあまり高くないように感じられました。平成4年に小豆島の姉妹島であるギリシャ・ミロス島から贈られたという「ギリシャ風車」が公園のシンボルとなっていて、島を象徴する風景のように扱われているようですが、ハリボテ感が強い上に、周囲の家々や電線類等、雑然とした要素が写り込まないようフォトジェニックに撮るのはなかなか苦労します。

ところで、ここは映画「魔女の宅急便」のロケ地となったそうで、「魔法のほうき」を無料で貸し出すというサーヴィスを行っており、この風車をバックにほうきに跨って写真撮影に勤しむ観光客の姿が数多く見受けられます。「魔女…」に実写版があったなんて、私はちっとも知らなかったのですが…。

| | コメント (0)

2020.11.06

103-8 エンジェルロード(香川県・小豆島)

10308ksuagr

1日1~2回の干潮時にのみ「砂の道」が現れ、少し沖にある島と陸続きになるという、自然や宇宙の神秘を感じられる、小豆島屈指の景勝地です。最大干潮時の前後3時間は道となるのですが、その現れ始めや消えかけの時間帯の方が儚げな風情を楽しめるようです。道が真っ直ぐではなく逆S字型にカーヴしているのも、よりフォトジェニックに感じられます。

ところで、「エンジェルロード」とかいうネーミングや、「大切な人と手をつないで渡ると願いがかなう、と言われている」とかいうエピソード…、なんかイラッときます。

| | コメント (0)

2020.11.04

103-7 土庄港観光センター前の風景(香川県・小豆島)

10307ksutsc

前回(103-6)と同じく土庄港の一角の風景で、「土庄港観光センター」の前で撮った画像です。手前の休憩スペースの上にはパーゴラ(藤棚)が設けられていますが、奥に置かれたテーブルと椅子の方は小豆島を象徴する植物であるオリーブの木陰に覆われています。

このオリーブという木、ちょうど人間の視線と同じくらいの高さに明るい色の細かい葉が密に生えていて、視界に淡いグリーンの靄がかかったように見えます。ごつごつして曲がりくねった細い幹も含め明らかに日本の植物とは見た目が異なっていて、原産地であるギリシャやイタリア、スペインといった強烈な陽射しが照りつける荒涼とした南欧のような土地にこそ似合いそうな、異国情緒を感じさせるルックスです。気候が温暖で年間を通じて日照時間が長い小豆島の風景の中ではまだそれほど違和感はないのかもしれませんが。ちなみにオリーブは小豆島が日本における栽培の発祥の地であり、香川県の県木にも定められているようです。

| | コメント (0)

2020.11.02

103-6 「太陽の贈り物」と土庄港(香川県・小豆島)

10306ksupts

今日からしばらく取り上げていく予定の小豆島は、シリーズの最初でも触れたとおり瀬戸内海の島々の中でも比較的面積が広く、3万人近い人口を有する島で、島の外周には主要な港が6つあり、高松や岡山、姫路、神戸といった周辺の都市とを結ぶ船の便数が豊富なので、「離島」というほどの交通の不便さは感じません。中でもここ「土庄(とのしょう)港」は高松からフェリーが1日15往復に加え高速艇が16往復、岡山からもフェリーが12往復発着するという、小豆島の「表玄関」として機能しています。

そんな土庄港に降り立つ人々を岸壁で出迎えてくれるのは、小豆島のシンボルである「オリーブ」の葉を巨大な王冠の形に仕立てた金色に輝く彫刻「太陽の贈り物」で、これは瀬戸内海の島々を舞台に2010年からトリエンナーレ形式で開催されている「瀬戸内国際芸術祭」の作品の一つです。

では、船が港に入ると風に乗って漂ってくるのはオリーブ・オイルの香りなのかと思いきや、そうではなく「ごま油」です。なぜなら1858年にこの地で創業し、国内シェア首位を誇るごま油メーカー「かどや製油」が、この港に面してその唯一の製造拠点を構えているからです(画像左側)。

| | コメント (0)

2020.10.21

103-5 丸亀町グリーン(香川県高松市)

10305ksumgr

屋内型のショッピング・モールの中央に設けられた緑豊かなアトリウム空間…のように見えますが、前回(103-4)の記事でご紹介した「高松丸亀町商店街」の南端を挟むように両側に建てられた再開発ビルで、アーケードの架かった商店街に面して約620㎡のこの「けやき広場」が設けられています。2012年にオープンしたこの「丸亀町グリーン」は商業施設、ホテル、マンション、オフィス、駐車場、駐輪場などから構成される複合施設となっています。

見た目ももちろんモダンなのですが、テナントも地方都市在住の方々が進出を心待ちにしていそうな「旬」の店舗が集まっているような印象を受けました。施設の計画、テナント・リーシング、コンサルティング、そして開業後の運営にまで大手ディヴェロッパーの森ビルが関わっていると聞いて、なるほどな、と思ったのですが。

今回の記事で高松市内を離れ、少しインターヴァルをおいて、次回からは海を渡った小豆島の風景を取り上げていきます。

| | コメント (0)

2020.10.19

103-4 高松丸亀町商店街(香川県)

10304ksutms

高松市の中心商業地区を南北に貫く全長470mのアーケード商店街です。この町名は1588年の高松城築城の際、10km以上離れた街である丸亀の商人をこの地に移したことによるもので、つまり400年以上の歴史を誇る町です。有名ブランドを扱うブティックが多く、流行の先端を行くファッション性の高い商店街でもあり、様々な意味でまさに高松の中心と言えるでしょう。

このような「歴史あるアーケード商店街」ですが、そう聞いて連想するような時代遅れの古臭さはその風景からは感じられません。アーケードそのものは沿道の建物の3階部分よりも上というかなり高い位置に架かっていますが、そのデザインは軽快で、地上にまで明るい光が射し込んでいます。画像奥の方ではその支柱が上空でX型にクロスしているのですが、アーケードの高さの割に道路の幅員がそれほど広くないので、ちょっと窮屈そうにも見えます。沿道では全ての街区が再開発計画の対象となっていて、共同化による合理的な土地利用、商業床の拡大、魅力的な都市空間の形成が順次進められています。画像両側一番手前の建物は商店街の北端に位置する2006年竣工の再開発ビル「高松丸亀町壱番街」で、オーニング(日よけ)がよく似合うレンガ風のタイルが貼られた洋風の洒落たファサードです(この写真は通りの両側の建物を3階部分で結ぶ空中通路上から撮ったものです)。公道上には樹木が植えられ、ベンチが固定されていますがこれは非常に珍しい事例で、セットバック(壁面後退)による歩行空間創出との引き換えとして認められたもののようです。

この商店街は、モータリゼーションの時代を見据えた駐車場建設のため1972年に用地取得を目的とした不動産会社を設立するなど、早くから先進的な取り組みを行ってきました。商店街をひとつのショッピング・センターのように見立てて業種の偏りを正すといった全体的な運営・管理を目的として1998年には第3セクターのまちづくり会社を立ち上げ、自らがディヴェロッパーとなって再開発ビルの経営を行っています。再開発ビルの上層部には住宅を設け、居住人口を増やすことで街の活性化を図りました。その結果一時は落ち込んでいた商店街の通行量は復活し、空き店舗もないとのことで、中心市街地の衰退に悩む全国の関係者からの視察が相次ぐ「成功事例」として知られているようです。

そんな「近代的なアーケード商店街」の一角にも重厚な鉄筋コンクリート造の歴史的建築物が残っていて、街並みにアクセントを与えています。それが画像左側に建つ「百十四銀行高松支店」です。1926年に完成し、1945年の高松大空襲で焼け残った数少ない建物で、創業から1966年まではここが本店だったそうです。

| | コメント (0)

2020.10.16

103-3 ことでん高松築港駅前の風景(香川県)

10303ksukts

前回(103-2)取り上げたJR高松駅から200m程離れた場所には、ローカル私鉄である「ことでん」(高松琴平電気鉄道)のターミナル(起終点)「高松築港駅」があります。高松の中心市街地により近い駅はここから2つ先の「瓦町」駅なので、どちらかというとこちらは閑散としていて、駅舎は平屋建てで小ぢんまりとしています。画像正面奥に映っているのですが…目立たないですよね。

この駅に乗り入れている「ことでん」は、旧高松城跡である「玉藻公園」の外周に沿って走っています。そして、この駅のプラットフォームと画像右側の幹線道路「中央通り」の間にある幅20mほどの長細い土地は「駅前緑地」と呼ばれ、大通り沿いの松の木が植えられた芝生の空間として整備されています。両側を城跡と緑地に挟まれたコンパクトで開放感ある駅の風景は、まるので日本庭園の中のようで魅力的です。

この「駅前緑地」にはかつて「ことでん」の本社ビル兼ホテルが建ち、その1階部分が旧駅舎として使われていたそうです。JR高松駅の南側に新しく駅舎を移設し、路線をそちらへ乗り入れるという計画が浮上したためにその建物を撤去し、仮駅舎として現在の駅舎を建設したそうですが、計画は中止となり、結果として都市中心部のターミナル駅らしからぬ簡素な駅舎と、美しい前庭のような空間に面したプラットフォームが残ったという訳です。

| | コメント (0)

2020.10.14

103-2 JR高松駅前広場(香川県)

10302ksuspt

かなり以前に掲載した画像と同じ場所を、反対側から撮ったものです。交通広場としての機能を十分に備えた上で広々とした歩行者空間を確保し、現代的な外観の再開発ビル群に囲まれたこの駅前広場の風景を、私は結構気に入っています。よく見ると、正面に映っている駅舎のガラスのファサードには顔が描かれ、「四国スマイル・ステーション」と書かれています。

さて、画像からわかるように、この駅前広場には大きな池があります。池や噴水を備えた駅前広場は数多くあるかと思いますが、この池は他とはちょっとどこか雰囲気が違っていて、水の色になぜか清らかさが感じられず、海沿いの街であることを感じさせるような自然の海岸っぽい造りになっています。それもそのはず、この池は「海水池」だそうで、瀬戸内海の海水を引き込んでいて波や潮の干満もあり、様々な魚や海の生物が棲みついているのだそうです。

| | コメント (0)

2020.10.12

103-1 高松港第一浮桟橋(香川県)

10301ksuspt

まずは県庁所在地・高松市からシリーズをスタートさせようと思います。今回は以前にも取り上げたことのある高松港の、第一浮桟橋をご紹介します。ここはこれからご紹介していく予定の小豆島の他、直島、女木島といった島々へ向かう高速艇やフェリーの乗り場となっています。

この画像は、上屋の端とトップ・ライト(天窓)から降り注ぐ強烈な夏の陽射しと、上屋が作り出す濃い影のコントラストがとても印象的だったので、掲載してみました。

| | コメント (0)

2020.10.01

2020年秋の新シリーズ 「香川・瀬戸内の風景」

長年全国各地を旅していると、同じ地方を2度、3度と訪れる機会が増えてきますが、「この方面は何度訪れても楽しいな」と思う地域もあればその逆もあり、言わば自分と各地方との間には「相性」のようなものがあるのではないか、と感じるようになっています。

その点、瀬戸内海の島々への旅は私にとってはこれまで割とよい思い出が多く、期待を裏切られたことのないディスティネーションです。私の場合、旅の印象は旅先の天気の善し悪しに大きく左右されるので、晴天の日が多いこの地域の気候が肌に合っているのかもしれません。

そんな訳で、今回のシリーズでは、瀬戸内海では淡路島に次いで広く、船でしか渡れない島としては国内で最大の人口を有する香川県・小豆島を中心に、その周辺も含めた県内の風景を…1012日(月)から、スロー・ペースで更新していこうと思います。

| | コメント (0)

2020.08.16

102-23 百六里庭・眺関亭から見た関宿(三重県亀山市)

10223ctjhcs

関宿から3回目の投稿です。そして、今日がシリーズの最終回となります。

「百六里庭(ひゃくろくりてい)」は1998年、当時空地であった場所に休憩所などを設けて整備した小公園で、ここが江戸から106里余り(1里は約4km)の距離にあることから名づけられました。敷地の東海道に面した部分に造られた建物が「眺関亭(ちょうかんてい)」で、展望スペースからはその名のとおり関宿の街並みを眺めることができます。

「展望」とはいえ、その高さは2階で、街道の幅は狭く、宿場町なので街が面的に広がっているわけでもなく、そこから見えるのは一本の通りに沿って連なる屋根の瓦程度が「関の山」です。そして、たった一軒、街並みの調和を乱す建物があるだけで風景が台無しになってしまうということも、この画像からよくわかるかと思います。

ちなみに「関の山」という慣用句、ここ関にある神社の祭に出される「山」(関東で言う「山車」)が大変立派なものだったため、「これ以上はできないという限度」という意味で使われるようになったのだそうです。今は小さな田舎町ですが、日本語に影響を与えるほど有名な宿場町だったんですね。

それではみなさん、またお会いできる日まで、お元気で。

| | コメント (0)

2020.08.15

102-22 関宿 その2(三重県亀山市)

10222ctjsj2

前回(102-21)に引き続き、関宿からお送りいたします。

日本全国に「古い街並み」は数多くあり、私もそういった場所をいくつも訪れてきたのですが、日本建築に詳しくないとそれらの違いがよくわからず、正直どこも同じに見えてしまいます。ただ、そんな私でさえ「ここは他とは違う」と明らかに感じる特徴が、この関宿にはあります。

それは「規模」で、伝統的な町家が200棟以上現存する宿場町の一本道の、東端から西端までの延長は約1.8kmもあります。つまりゆっくり歩いて往復するだけでも1時間はかかり、その分たっぷり滞在を堪能できるというわけです。実際にここを歩いてみると街道には微かなアップ・ダウンがあるとともに、左右にも微妙に曲がりくねり、先が見通せない街並みはどこまでも果てしなく続いているように思えます。今回はそんな関宿の「距離」が最も感じられる画像を選んでみました。

これだけの長さがあると区間によって風景にも違いが見られ、もともと商店等はそれほど多くない街なのですが、宿場の西側へ行くと大半が小規模な平屋の仕舞屋(しもたや・商業地域内にありながら商売をやめてしまった家)風となり、全体としてやや地味で落ち着きのある、街外れの住宅地といった風情が感じられます。

| | コメント (0)

2020.08.14

102-21 関宿 その1(三重県亀山市)

10221ctjsj1

「中部地方」シリーズの最後は、三重県の風景で締めくくっていこうと思います。私の中では長らく、三重県は愛知・岐阜とともに東海3県を構成してはいるものの、中部地方ではなく近畿地方だという認識だったのですが、調べていると中部地方に含まれるという説もあったので改めて確認してみると、県の公式見解としては「中部地方にも近畿地方にも属している」のだそうです…。

さて、今日から3回にわたってご紹介していく予定の「関宿」(せきしゅく/せきじゅく)は、県北西端、鈴鹿山脈の山裾に位置する東海道五十三次の47番目の宿場で、現在も街道沿いに古い町並みが残され、国の重要伝統的建造物群保存地区、および旧建設省選定の「日本の道100選」の一つとなっています。

画面右側の「百五銀行」は県内を本拠とする地方銀行の、現役の支店で、町並みに配慮した意匠の建築として平成9年度の「三重県さわやかまちづくり賞(景観づくり部門)」を受賞しているそうです。

| | コメント (0)

«102-20 金シャチ横丁 義直ゾーン(名古屋市)