« 1-5 伊豆高原駅(静岡県) | トップページ | 2-1 シャンゼリゼ(フランス・パリ) »

2006.04.17

2「都市軸の風景」

次は、駅から街へ出てみましょう。
ヨーロッパの都市などの地図を見ていて、複雑に入り組んだ街路網の中に、太い軸が1本真っ直ぐ貫いていると、快感を覚えるのは私だけでしょうか? これは米国の都市のように格子状の均質化された街路パターンを持つ都市ではなかなか味わえない感覚で、逆にニューヨークのブロードウェイのように斜めに突っ切る道が存在感を示したりしています。
都市の中心に、シンボルとなるような通りがあると、街の構造が理解しやすくなります。幅が広くて、歩道や緑が整備されていて、沿道には人々が集まる施設が建ち並び、真っ直ぐ見通しが利いて遠くにシンボルとなる建物などがある、そんな「軸」を持った街に、私は憧れてしまいます。
国内外から、そんな「都市軸」となる大通りを集めてみました。

|

« 1-5 伊豆高原駅(静岡県) | トップページ | 2-1 シャンゼリゼ(フランス・パリ) »

ツアータイトル一覧」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/1399714

この記事へのトラックバック一覧です: 2「都市軸の風景」:

« 1-5 伊豆高原駅(静岡県) | トップページ | 2-1 シャンゼリゼ(フランス・パリ) »