« 7-1 グラン・プラス(ベルギー・ブリュッセル) | トップページ | 7-3 ポポロ広場(イタリア・ローマ) »

2006.07.05

7-2 コンコルド広場(フランス・パリ)

72

パリのほぼ中央に位置し、パリの都市軸を構成するシャンゼリゼ(2006年4月・2-1参照)の起点となっている広場です。オベリスクが凛と立ち、街灯やボラード(車止め)、石畳の舗装、噴水などのデザインもどこか洗練されています。
ところで広場というのは、都市という建物密度の高い空間に囲まれたエア・ポケットだからこそ価値があるわけで、たとえば見渡す限りの田園地帯の中によく整備された広場があってもあまり意味がありません。重要なのは広さではなく、周囲の空間との関係性です。その点でここは、面している建物の高さが低い割に面積が広すぎて、広場らしい、囲まれた感じには少し欠けます。
だからというわけではありませんが、画面右側に大きく見える観覧車の存在がこの空間をよく引き締めているように感じられます。これはミレニアムを記念して期間限定で置かれていたものらしいのですが、好評だったためかそのまま2002年1月まで設置されていたのだそうです。広場の風景にあまりにもよく馴染んでいて、この画面から観覧車が消えてしまったら、何か物足りない感じがしませんか?

|

« 7-1 グラン・プラス(ベルギー・ブリュッセル) | トップページ | 7-3 ポポロ広場(イタリア・ローマ) »

E-2 (パリ)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山内さん、コメントありがとうございます。
ミレニアムの年、ということは私と同じ年に行っていたんですね!
しかも乗ってしまったとはうらやましい!
海外の遊園地の乗り物は、別の意味でスリルがあって楽しそうですね! やはり日本とは安全に対する意識が違うのでしょうか。
よかったら、また時々覗いてみてください!

投稿: mkn | 2006.07.27 23:02

この観覧車にはミレニアムの年に乗りました。小さいけれどすごい高速回転でしかも何周もするし、面白かったですねぇ。
その場所にズバッとはまっていて、常設にすればいいのにな、と感じたのを覚えています。

投稿: 山内 | 2006.07.26 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/2478671

この記事へのトラックバック一覧です: 7-2 コンコルド広場(フランス・パリ):

« 7-1 グラン・プラス(ベルギー・ブリュッセル) | トップページ | 7-3 ポポロ広場(イタリア・ローマ) »