« 8「プロムナードの風景」 | トップページ | 8-2 八幡堀散策路(滋賀県近江八幡市) »

2006.07.19

8-1 パセオ・デル・リオ(米国・サンアントニオ)

81

米国も西海岸を抜け出し、とうとうここまでやってきました。
サンアントニオはテキサス州に位置し、人口で全米トップ10に入る大都市です。日本ではあまり馴染みがないと思われますが、米国では観光地としても人気があり、その理由の一つが、この「パセオ・デル・リオ」(スペイン語で「川の散歩道」)の存在です。
街の中心部には、もともと川が蛇行して流れており、しばしば洪水の被害を被っていたのですが、中心部を避ける流路のバイパスを設けるとともに、水門で中心部の流れの水位を調整することにより、水害に悩まされることなく、かつ都市に潤いをもたらす、楽しい水辺空間の整備が可能になったのです(川を埋め立ててしまう、という計画案もあったそうですが・・・)。
柵のない手造り風の小径を歩くと、水面がとても近くに感じられます(水深は約1mに整備されているそうです)。観光客を乗せたリバー・ボートが川を行き交い、遊歩道に面してショッピング・モールや多くのレストラン、カフェが設けられ、一帯は昼も夜も賑わっています。サンアントニオの夏は暑いですが、生い茂る樹木と色とりどりのパラソル、そして涼しげな水の流れのおかげで、ここだけは別天地です。
こんなヒューマン・スケールな水辺空間があるなんて、ちょっとアメリカの大都市っぽくない感じがします。かと言って、この南国の水の都といった雰囲気はヨーロッパのどの都市にも似ていません。そんなオリジナリティあふれる風景が、この街の大きな魅力なのでしょう。

|

« 8「プロムナードの風景」 | トップページ | 8-2 八幡堀散策路(滋賀県近江八幡市) »

A-3 米国西南部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

へにょさん、こんにちは。
まるでこちらから推薦をお願いしたかのような(笑)模範的な感想コメントありがとうございます。
私もパセオ・デル・リオには、正味1時間くらいしか滞在できませんでした。絶対にまたいつか訪れて、その時は夜、リバーボートに乗って、水上ステージで行われるショーでも見物したいな、と思っています。
また時々遊びに来てください。来月はあなたの身近に現れる!・・・予感。

投稿: | 2006.07.27 23:09

こんにちは。mknさん。

最近散歩不足気味なへにょです。

ここでは、日本や世界の素敵な空間を紹介してくれるので、どこかへ行きたくなります。

サンアントニオもそんなまちの一つです。
訪れた人々も、まち自体もキラキラとしていて、川沿いにあふれる人々の間を縫って歩くだけでも楽しかった場所でした。
しかし歩くのみだったので、
次回は、是非ともレストランでゆらゆら揺れる水面をみながら、おいしい食事を取りたいものです。

投稿: へにょ | 2006.07.24 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/2632209

この記事へのトラックバック一覧です: 8-1 パセオ・デル・リオ(米国・サンアントニオ):

« 8「プロムナードの風景」 | トップページ | 8-2 八幡堀散策路(滋賀県近江八幡市) »