« 9-5 ディアゴナル大通り(スペイン・バルセロナ) | トップページ | 10「サインの立つ風景」 »

2006.08.12

9-6 ラ・デファンス(フランス)

96

1989年のサミットが開かれた、パリ郊外の新都心ラ・デファンスのオフィス街の風景です。新凱旋門(グランド・アルシュ)から撮った画像で、遠くの正面にはうっすらと凱旋門が見えています(詳しくは2006年4月・2-1「シャンゼリゼ」参照)。
この地区の、万博のパビリオンのごとく奇抜なデザインを互いに競い合うビル群と、広々とした歩行者空間に、私は子どもの頃思い描いていた未来都市の景観を見ました。新都心というのは賑わいや人間味に欠けるものと大抵相場が決まっていますが、私が訪れた時はちょうどランチタイムだったので、行き交うオフィス・ワーカーの姿を多く眼にすることができました。「科学技術の未来は明るい」なんて感じてしまいました。

|

« 9-5 ディアゴナル大通り(スペイン・バルセロナ) | トップページ | 10「サインの立つ風景」 »

E-2 フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/3016292

この記事へのトラックバック一覧です: 9-6 ラ・デファンス(フランス):

« 9-5 ディアゴナル大通り(スペイン・バルセロナ) | トップページ | 10「サインの立つ風景」 »