« 12-3 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市) | トップページ | 12-5 飯田市美術博物館(長野県飯田市) »

2006.09.25

12-4 未来心の丘(広島県尾道市)

124

以前取り上げた耕三寺博物館(11-8参照)の内部にあります。彫刻家・杭谷一東氏が、氏のアトリエのあるイタリアで採掘した白い大理石で様々なモニュメントを造り上げた庭園で、広さは5000平方メートルに及びます。
瀬戸内海を望む丘の上にあり、青い空と白い大地の景観は、イタリア・ギリシャ・スペインといった南欧の海沿いのそれのようです。あるいは氷で覆われた南極大陸の景観のようにも見えます。湿気が多い日本では、空の色がいまいち鮮やかなブルーにならないのは残念ですが、爽やかさに癒される空間です。強い陽射しが白い大理石に反射してとても眩しく、生まれて初めてサングラスがほしい、と思いました。

|

« 12-3 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市) | トップページ | 12-5 飯田市美術博物館(長野県飯田市) »

J-13 山陽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/3521900

この記事へのトラックバック一覧です: 12-4 未来心の丘(広島県尾道市):

« 12-3 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市) | トップページ | 12-5 飯田市美術博物館(長野県飯田市) »