« 14-4 フライブルク旧市街の路地(ドイツ) | トップページ | 14-6 飯田市街の路地(長野県) »

2006.10.25

14-5 奈良町の路地(奈良市)

145

小学校の社会科の時間に習うとおり、奈良はかつてこの日本の首都だったほどの街です。にもかかわらず、その後この街が歴史の表舞台に登場することはほとんどなかったように思います。8世紀以降現代まで、奈良はいったいどんな歴史を辿ってきたのか、常々疑問だったのですが、奈良の歴史的な街並みは、江戸時代の面影を残すこの「奈良町」と呼ばれる地区で見ることができました。「江戸」時代なのに「奈良」町って、ちょっと違和感ありますが(笑)。
奈良町では、白壁にうだつ(隣家への延焼を防ぐ防火壁)の上がった町家が多く見られます。街中に細い路地が張り巡らされ、生活感のある下町といったような印象を受けます。街の景色は全体的に赤茶けていて、夕暮れ時がよく似合います。私が子どもの頃育った環境とはだいぶ違うはずなのですが、それでもなぜか、日が暮れるまで外で遊んでいた頃のことを思い起こさせるような、どこか懐かしさを感じる風景です。

|

« 14-4 フライブルク旧市街の路地(ドイツ) | トップページ | 14-6 飯田市街の路地(長野県) »

J-12 近畿」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/3925728

この記事へのトラックバック一覧です: 14-5 奈良町の路地(奈良市):

« 14-4 フライブルク旧市街の路地(ドイツ) | トップページ | 14-6 飯田市街の路地(長野県) »