« 15-7 ポンピドゥー・センター(フランス・パリ) | トップページ | 15-9 フェニックスのパブリック・アート(米国アリゾナ州) »

2006.11.15

15-8 キャニオン・ロード(米国・サンタフェ)

158

社会現象にまでなった宮沢りえさんのヘア・ヌード写真集のおかげで、日本での知名度が一気に高まったサンタフェは、米国ではニューヨークに次ぐアートの街として知られ、小さなダウンタウンのあちこちで、このような人や動物を象ったブロンズ(?)の像を見ることができます。なかでも、キャニオン・ロードと呼ばれる、ダウンタウンから少し外れたこの通り沿いには100軒以上のギャラリーが並び、こうしたアートが溢れています。
ニューメキシコ州の州都であるサンタフェはとても小さく、そして静かな街で、見かけた数から言えば、実際に動いている人間よりブロンズの人間の方が多かったかもしれません。プエブロ・インディアンスタイルか植民地時代のスペイン風建築で統一されたぬくもりのある街並みには、こうした手作り感のあるアートがよく似合っています。
この街を訪れたのは12月でした。素っ裸で写真が撮れるくらいだからさぞかし温暖な地なのだろうと思い薄着でやって来たら、見事に雪に降られ風邪を引いてしまいました。緯度は東京とほとんど変わらないくらいなのですが、ロッキー山脈の南端に位置するこの街は海抜1マイル以上もあり、全米50州の州都の中で最も高い所に位置しているのだそうです。地図で見た時、標高のことはすっかり忘れていました。道理で寒かったわけです・・・。

|

« 15-7 ポンピドゥー・センター(フランス・パリ) | トップページ | 15-9 フェニックスのパブリック・アート(米国アリゾナ州) »

A-3 米国西南部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/4167845

この記事へのトラックバック一覧です: 15-8 キャニオン・ロード(米国・サンタフェ):

« 15-7 ポンピドゥー・センター(フランス・パリ) | トップページ | 15-9 フェニックスのパブリック・アート(米国アリゾナ州) »