« 19-1 ヴェネツィアの市(イタリア) | トップページ | 19-3 コメディ広場の朝市(フランス・モンペリエ) »

2007.01.05

19-2 ネイティヴ・アメリカン・ヴェンダーズ・プログラム(米国・サンタフェ)

192

サンタフェの小さな、小さなダウンタウンは、長方形の広場(The Plaza)を中心に形成されています。この画像は、旧総督邸(The Palace of the Governors)の、広場に面した一辺に設けられた長いポーチで、ネイティヴ・アメリカン(インディアン)の人たちが手工芸品やアクセサリーを売っているところです。隣町、アルバカーキのオールド・タウンでもやはり同じように、街の中心にある広場に面した建物のポーチで、こうした露店が見られます。
私はこういったショッピングにはあまり興味がなかったので、ああ、なんか売っているなぁ、寒いのにご苦労様だなぁ、この辺に住むネイティヴ・アメリカンの人たちは寒さに強いのかなぁ?(※この日は雪が降っていた)くらいの感想しか持ちませんでした。しかし、画像をよくよく見ると、これは"Native American Vendors Program"である、との掲示があります。今回、これについてインターネットでちょっと調べてみました。
英語のサイトをテキトーに(笑)斜め読みするに、このプログラムには長い歴史があって、公的に認められたものとして組織的にきちんと運営され、ネイティヴ・アメリカンの文化・芸術の振興や、異文化交流等に役立っている、・・・ようです(笑)。こうした露店が単に経済的な価値のためだけに開かれているのではなく、地域のコミュニティにおいて文化的な意義までもちゃんと位置づけられているところが立派だなぁ、と思いました。

※関連バックナンバー 15-8「キャニオン・ロード」

|

« 19-1 ヴェネツィアの市(イタリア) | トップページ | 19-3 コメディ広場の朝市(フランス・モンペリエ) »

A-3 米国西南部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/4708561

この記事へのトラックバック一覧です: 19-2 ネイティヴ・アメリカン・ヴェンダーズ・プログラム(米国・サンタフェ):

« 19-1 ヴェネツィアの市(イタリア) | トップページ | 19-3 コメディ広場の朝市(フランス・モンペリエ) »