« #21「プラットフォームの風景」 | トップページ | 21-2 サンタバーバラ駅(米国カリフォルニア州) »

2007.02.02

21-1 サンタフスタ駅(スペイン・セヴィーリャ)

211

セヴィーリャは大航海時代には既に栄えていた都市で、世界史の教科書にもよく名前が出てくるので、古い街というイメージを勝手に抱いていたのですが、この駅は非常にモダンです。1992年に万博が開かれ、それに合わせてマドリード・アトーチャ駅とを結ぶスペイン版新幹線「AVE」の終着駅として新たに建設されたからです。
この写真はコンコースからプラットフォームを見たもので、AVEの車両が2編成停まっています。列車も最新型ですが、プラットフォームや柱等、つるつるコンクリート打ちっ放しの空間が非常にモダンな印象を与えます。プラットフォームには、日本ではあまり見たことがないのですがベルトコンベアーのような、段差がなく傾斜が非常に緩いエレベーターで下っていきます。スーツケース等大きな荷物を持っていてもスムーズに移動できるというわけです。
ちなみに私は建築的なディテールにはほとんど興味がないのですが、このヴォールト屋根の金属製の梁(?)の先端部の形が、悪魔のしっぽみたいで何か面白いな、と思いました。

|

« #21「プラットフォームの風景」 | トップページ | 21-2 サンタバーバラ駅(米国カリフォルニア州) »

E-7 スペイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/5122779

この記事へのトラックバック一覧です: 21-1 サンタフスタ駅(スペイン・セヴィーリャ):

« #21「プラットフォームの風景」 | トップページ | 21-2 サンタバーバラ駅(米国カリフォルニア州) »