« 21-7 函館駅(北海道) | トップページ | 22-1 ひがし茶屋街(石川県金沢市) »

2007.02.19

#22「古い街並みの風景」

日本でも、海外でも、古い街並みが保全されているかどうかは、街の魅力の評価(特に観光的な面で)に大きな影響を与えています。歴史があるということは、それだけ長い時間をかけた文化も蓄積されているわけで、街並みという目に見えるもの以上に、目には見えないけれども独特な雰囲気というものを醸し出しているように思います。
「街並み」は街が並ぶ、と書きます。かつての都市の街並みは、同じ大工さんが同じ技術でその土地の材料を用いて造らざるを得なかったので、自由度が低い中で統一感のある街並みができあがったわけです。つまり現代の日本のようなバラバラな街並みというのは、経済・科学技術の発展や政治・社会的な自由を享受している結果とも言えます。どちらがよいのかは何とも言えませんが・・・。
今回のシリーズでは、「統一感」という視点でチョイスした古い街並みをご紹介していきたいと思います。なお、魅力的な古い街並みの画像はまだまだストックがたくさんあるので、今後順次取り上げていくつもりです。

|

« 21-7 函館駅(北海道) | トップページ | 22-1 ひがし茶屋街(石川県金沢市) »

ツアータイトル一覧」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/5321996

この記事へのトラックバック一覧です: #22「古い街並みの風景」:

« 21-7 函館駅(北海道) | トップページ | 22-1 ひがし茶屋街(石川県金沢市) »