« 30-5 半田運河(愛知県) | トップページ | 30-7 京浜運河(東京都品川区) »

2007.06.26

30-6 八幡堀(滋賀県近江八幡市)

306cnlhmb

八幡堀についての概要は、以前にも取り上げていますので、バックナンバーをご覧ください。

小雨が降っていた日ということもあって、水墨画の世界にも通じるような、全体的に渋い色合いの風景が展開されていて、とてもオリエンタルな印象があります。私は行ったことはありませんが、中国の蘇州というのはこんな雰囲気なんでしょうか? 木や草の緑から、石垣、堀端の蔵造りの壁や屋根の色に至るまですべてが天然素材で、人工的で鮮やかな色の景観要素は一切見あたりません。

それから、石垣や石畳の不揃いさ、水路の線形の微妙な曲がり具合などは、とても手造り感があります。水際の小径も、現代の基準ではこんなに狭く、また手すりも設けずに造ることはできないと思うのですが、昔はユニヴァーサル・デザインなんて発想はなかっただろうし、日本人の体型も小さかっただろうから、このくらいの幅で十分だったのかな、などと考えはじめると、歴史的な意味でのリアリティも感じられてきます。

|

« 30-5 半田運河(愛知県) | トップページ | 30-7 京浜運河(東京都品川区) »

J-12 近畿」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/6807944

この記事へのトラックバック一覧です: 30-6 八幡堀(滋賀県近江八幡市):

« 30-5 半田運河(愛知県) | トップページ | 30-7 京浜運河(東京都品川区) »