« 33-7 フィッシャーマンズ・ワーフ(米国・モントレー) | トップページ | 34-1 コロッセオ&フォロ・ロマーノ(イタリア・ローマ) »

2007.08.13

#34「時を超える風景」

21世紀も7年目ですね。子供の頃の私の空想では、21世紀の風景は、すべての建造物が未来的なデザインで統一されていて、都市景観がまるごと一新されているはずでした。

ところが、2000年が2001年になったからといって、ある日突然街の景色がガラッと変わるわけはなく、21世紀になっても戦後の風景、近代の風景、そしてそれ以前の風景は、よくも悪くもいまだに都市の中で混在し続けています。都市景観というのは簡単に変えられるものではなく、長い年月をかけて形成されていくものなんだな、そして、現在の生活の中に過去を感じられる要素が存在している方が、都市としては魅力的なのかもしれない・・・そんな事実に改めて気づかされた21世紀初頭でした。

そんなわけで、今回のシリーズでは「新旧の風景・時を超えたコラボレーション」をテーマにお送りしていこうと思います。

|

« 33-7 フィッシャーマンズ・ワーフ(米国・モントレー) | トップページ | 34-1 コロッセオ&フォロ・ロマーノ(イタリア・ローマ) »

ツアータイトル一覧」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/7488897

この記事へのトラックバック一覧です: #34「時を超える風景」:

» 戦後政治62年の転換点 [だからはじめるんです、アフィリエイトを]
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版【発売記念限定価格】セミリタイアFX ★オリジナル分析ツール付き責任とは?敗戦の新聞に聴く政治のあるべき姿。安倍総理、小沢代表、ご参考までに。PJニュースいよいよ、戦後政治62年の転換点に日本は向かいつつあるのであろう。記者の手元に、1945年7月から8月の新聞の社説をスクラップしたノートがある。62年前に、日本が体験した政治的カタストロフィーの記録である。その8月15日または16日思われる部分に以下の社説がある .... [続きを読む]

受信: 2007.08.13 06:49

« 33-7 フィッシャーマンズ・ワーフ(米国・モントレー) | トップページ | 34-1 コロッセオ&フォロ・ロマーノ(イタリア・ローマ) »