« 38-7 中央パークアベニュー(沖縄県沖縄市) | トップページ | #39「都心居住の風景」 »

2007.10.30

38-8 セルジー・ポントワース・ニュータウンの商店街(フランス)

388sstcpiセルジー・ポントワースは、パリ中心部から直通の高速鉄道で30分ほどの距離にあります。東京では都心から30分の街の風景はそれほど鄙びては感じられませんが、パリは市域がそれほど大きくないので、ずいぶん遠くまで来てしまったような感覚になります。電車から見える車窓風景は、首都圏の多摩ニュータウンや東急多摩田園都市のそれにどこか相通じるものがあって、郊外の計画住宅地の風景というのは、世界中どこでも似たようなものになってしまうのかな、などと感じたものです。

画像は高速鉄道の駅「セルジー・サン・クリストフ」の駅前から延びる商店街です。鉄道ができ、駅ができると、駅前には自然発生的に商店街ができるものですが、ここはニュータウンなので、おそらくそうした商店街を摸したような商店街を、計画的に造ったものと思われます。ニュータウンですから土地には余裕があるはずですが、この通りの幅はほどよく狭い「囲まれ感」があって、賑わいの創出を意識しているように思われます。街並みは赤レンガの建物で統一されていますが、風景が画一的にならないよう、建物のデザインにも少しずつ変化をつけているように感じられます。

街は自然に「できる」ものであって、計画的に「造る」ということは難しいのでしょうが、ここでは何とか、自然発生的な街の持つ活気や賑わいというものを再現させようと頑張っている様子が見られますね。

|

« 38-7 中央パークアベニュー(沖縄県沖縄市) | トップページ | #39「都心居住の風景」 »

E-2 フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/8533014

この記事へのトラックバック一覧です: 38-8 セルジー・ポントワース・ニュータウンの商店街(フランス):

« 38-7 中央パークアベニュー(沖縄県沖縄市) | トップページ | #39「都心居住の風景」 »