« #42「未来っぽい風景」 | トップページ | 42-2 湘南台文化センター(神奈川県藤沢市) »

2007.12.18

42-1 ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)

4201ftrppd

3度目の正直(※)で、やっとこの建築の外観について触れる機会に恵まれ、嬉しいです。

ガラス張りの壁面が縦・横・斜めに走るスリムな金属で構成されたフェンスで覆われ、裏側を真っ赤に塗られた巨大なチューブ状のエスカレータがファサードにアクセントを加えています。伝統的な街並みが保全されているパリの中心部にありながら、この建物には石造りの外壁がなく、まるで工場設備か、足場の組まれた建設現場のようにも見えます。「このビルはいつ完成するんですか?」との問い合わせが来るというのも頷ける話ですが、実際にはもう完成後30年も経過しています。あまりにも未来を先取りしすぎた風景の出現に、1970年代のパリジャン、パリジェンヌ達はさぞ衝撃を受けたことでしょう。このデザインの是非を巡っては相当な議論が巻き起こったらしいですが、今ではパリで最も集客力のある施設として君臨しているのだそうです。

なお、この建物の裏側の外観も、また違った意味で強烈ですので、改めてご紹介できればいいな、と考えております。

※関連バックナンバー
 15-7「ポンピドゥー・センター」20-3「ポンピドゥー・センター」

|

« #42「未来っぽい風景」 | トップページ | 42-2 湘南台文化センター(神奈川県藤沢市) »

E-2 (パリ)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/9415382

この記事へのトラックバック一覧です: 42-1 ポンピドゥー・センター(フランス・パリ):

« #42「未来っぽい風景」 | トップページ | 42-2 湘南台文化センター(神奈川県藤沢市) »