« 42-2 湘南台文化センター(神奈川県藤沢市) | トップページ | 42-4 臨海副都心(東京都) »

2007.12.20

42-3 アンティゴーヌ(フランス・モンペリエ)

4203ftratg

南フランスの小都市、モンペリエの中心部に隣接した再開発地区「アンティゴーヌ」では、かなり広いエリアにわたってこのような風景が展開されています。

一見するとヨーロッパの伝統的な街並みを構成する建築様式を踏襲した建物デザインのようですが、よくよく見てみると円柱や窓の上のペディメント(三角形の「破風」)や頭頂部といったデザイン要素を、本来のルールに関係なく好きなようにコラージュしていて、どこかへんてこで、摩訶不思議な街並みです。歴史をパロディとして扱い小馬鹿にしているような、ある種のブラック・ユーモアのようなものを感じてしまいます。とはいえ、ガラスやステンレスを多用した幾何学模様のデザインばかりではなく、こうやって未来的なものを表現する方法もあるんだな、と感心させられました。こういうものがまさに「ポスト・モダン」と呼ばれるのにふさわしい事例なのでしょうね。

|

« 42-2 湘南台文化センター(神奈川県藤沢市) | トップページ | 42-4 臨海副都心(東京都) »

E-2 フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/9415412

この記事へのトラックバック一覧です: 42-3 アンティゴーヌ(フランス・モンペリエ):

« 42-2 湘南台文化センター(神奈川県藤沢市) | トップページ | 42-4 臨海副都心(東京都) »