« 47-1 大倉山エルム通り(横浜市) | トップページ | 47-3 ゲートシティプラザ(東京都品川区) »

2008.03.04

47-2 ラ・ヴィータ(東京都目黒区)

472extlvt

おしゃれな街として雑誌やTVでひんぱんに取り上げられる自由が丘にある、小さな商業施設です。イタリア語の名称がついていることからわかるように、ここはヴェネツィアをイメージした空間が造られていて、決して広くない敷地の中心にはわざわざ運河が設けられ、その周りを外壁がカラフルな、民家のように小さな店舗が取り囲んでいます。

こうした画像のような断片的な情報から「自由が丘はイタリアのような街並みのある水の都」と思いこみ(笑)、期待に胸を膨らませ遠方からやって来られる方も少なくないようです。そんな方々が電車で訪れ、自由が丘駅の駅前広場の風景を目にすると、大きな看板だらけのあまりにも雑然とした街並みに「これが自由が丘・・・?」と大きな衝撃を受け、がっかりされることと思います。・・・自由が丘だって所詮日本ですから、街全体がこんな非日常的な風景に溢れているわけではありません。でも、駅前からちょっとはずれると、閑静な住宅街の中にこんな楽しい小宇宙的な空間が点在しています。ぶらぶらと歩きながらそんな場所を見つけるのが、この街を歩く楽しみと言えるでしょう。

ところで、自由が丘に多く見られる、こうした中庭型の広場を囲むように建つ小規模な商業施設ですが、実は違法建築です。自由が丘は駅周辺を中心に商業・業務施設が建ち並び、その周りは都内有数の高級住宅街となっていますが、ここは都市計画法の「第一種低層住居専用地域」に指定されていて、良好な居住環境を保全するため建物の高さや用途等について最も厳しい規制が設けられており、店舗は本来、住居に付属した小規模なものしか建てられないことになっているはずなのです。お屋敷街に住む方々にとっては、居住エリアが商店に侵食されて大勢の人が行き来するのは大迷惑なのでしょうが、ショッピングを楽しみに街を訪れる人々にとっては、環境の良い住宅街の中に「隠れ家」的な店舗が点在している自由が丘は、とても魅力的に映っているはずで、・・・街としては何とも大きな矛盾を孕んでいると言えます。

|

« 47-1 大倉山エルム通り(横浜市) | トップページ | 47-3 ゲートシティプラザ(東京都品川区) »

J-06 東京都区部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/10736920

この記事へのトラックバック一覧です: 47-2 ラ・ヴィータ(東京都目黒区):

« 47-1 大倉山エルム通り(横浜市) | トップページ | 47-3 ゲートシティプラザ(東京都品川区) »