« 49-1 ストラトスフィア・タワー(米国・ラスヴェガス) | トップページ | 49-3 コイト・タワー(米国・サンフランシスコ) »

2008.04.04

49-2 スカイ・タワー(シンガポール)

492ostskt

スカイ・タワーは、シンガポール南部の、ビーチや様々なアミューズメント施設が立地するリゾート・アイランド、セントーサ島にある高さ110mの展望タワーで、円盤状のキャビンが回転しながら上昇・下降する仕組みになっています。日本で言うと、横浜八景島シーパラダイスにも同様の展望施設があります。(考えてみれば、人工海浜、水族館、遊園地等があり、島全体がリゾートとして開発されている点が、セントーサ島と八景島はよく似ています。)

セントーサ島の南側には、やや傾斜の急な人工ビーチがラグーンを掘り込むように造られていて(画像手前側)、ラグーンの沖には、パーム・ツリーの植わった人工島が、まるで防波堤のように設けられ、ラグーンに蓋をかけています。ビーチで海水浴を楽しむ人たちにとっては、人工島が目隠しとなって外海が見えず、あまり開放的な雰囲気ではありません。

では、この人工島はなぜ造られたのか? ・・・その答は画像からわかるとおり、シンガポール海峡を行き交う無数の船舶の群れと、対岸の島の工業地帯の煙突群が丸見えとなり、リゾート・ムードが台無しだからという訳でしょう。・・・シンガポールの繁栄は、この海峡が太平洋とインド洋を結ぶ重要な海上交通ルートになっているからこそのものなんですけどね。

セントーサ島の植栽計画をはじめとするランドスケープは、一見すごく美しいのですが、何だかテーマ・パークのような、不自然で人工的な感じも漂います。前述の人工島のような「外部の世界を見せない」という発想も、もしかしたらディズニーランド等、テーマ・パークの空間づくりからヒントを得ているのかもしれませんね。

※関連バックナンバー 36-6「セントーサ島のケーブル・カー」

|

« 49-1 ストラトスフィア・タワー(米国・ラスヴェガス) | トップページ | 49-3 コイト・タワー(米国・サンフランシスコ) »

O-1 シンガポール」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/11984091

この記事へのトラックバック一覧です: 49-2 スカイ・タワー(シンガポール):

« 49-1 ストラトスフィア・タワー(米国・ラスヴェガス) | トップページ | 49-3 コイト・タワー(米国・サンフランシスコ) »