« 54-3 舞子公園の歩道橋(神戸市) | トップページ | 54-5 カヴェナ橋(シンガポール) »

2008.06.23

54-4 ポン・デ・ザール(フランス・パリ)

544bydpda
セーヌ河に架かる歩行者専用の橋で、日本語に訳すと「芸術橋」となります。この名前は、向こう岸に見えるルーブル美術館のそばに架かっていることが由来のようです。路面がボードウォークになっていて、画像のように地べたに座り込んでくつろぐ人もいるなど、対岸へ渡るための橋というよりは、一種の「川床」のような、水上の広場的な感覚で親しまれているようです。
この橋をめぐっては、10年ほど前、フランスのシラク前大統領が、パリ市と京都市の友好を記念して、鴨川にこの橋と同じものを架けてはどうかと提案し、一大景観論争を巻き起こしたことがありました。デザインとしては、「いかにも西洋風」といった感じの装飾が多いわけでもなくすっきりとしているし、このような歩行者のための橋ができることじたいは悪くないのでは、と私は思ったのですが、市民の理解を得ず、強行に計画を進めようとしたことが問題だったようです(しかも、フランスの寄贈ではなく、あくまで市民の税金で造る、ということだったので、なおさらでしょう)。

|

« 54-3 舞子公園の歩道橋(神戸市) | トップページ | 54-5 カヴェナ橋(シンガポール) »

E-2 (パリ)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/21628956

この記事へのトラックバック一覧です: 54-4 ポン・デ・ザール(フランス・パリ):

« 54-3 舞子公園の歩道橋(神戸市) | トップページ | 54-5 カヴェナ橋(シンガポール) »