« 64-3 アルヴァラード・トランスポーテーション・センター(米国・アルバカーキ) | トップページ | 64-5 国立駅(東京都) »

2008.11.21

64-4 田園調布駅(東京都大田区)

644stndec

日本の高級住宅街の代名詞のような田園調布の街は、この駅前広場を中心に、放射状、同心円状の街路パターンが広がっており、この駅舎はまさに街の物理的な重心に位置しています。今でこそ、この街は周囲を高密な市街地に取り囲まれてしまっていますが、ここが開発された大正時代には、東京の辺境(フロンティア)に位置する、その名のとおり「田園」だったはずで、その頃の日本の農場や牧場には、こんな屋根の形をした洋館が広い平原の中にぽつんと建っていたんだろうな、と思わされるような、田園ののどかさをイメージさせ、田園生活の魅力をアピールするかのようなデザインの駅舎です。

ところでこの建物は、ここを走る東急電鉄東横線が地下化されたことによって、駅舎としての機能は必要なくなり、一時的に解体されたのですが、2000年に復元され、現在は地下駅へと通じるゲートとして象徴的な役割を果たしています。東急電鉄の前身である目黒蒲田電鉄は、都心とこの街を結ぶことを目的に設立された鉄道です。つまり、この街は言わば、東急グループにとっては「発祥の地」であり、そのシンボルでもあるこの「神聖な」駅舎を、用済みになったからといってないがしろにするわけにはいかなかったのでしょう。

|

« 64-3 アルヴァラード・トランスポーテーション・センター(米国・アルバカーキ) | トップページ | 64-5 国立駅(東京都) »

J-06 東京都区部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/25336011

この記事へのトラックバック一覧です: 64-4 田園調布駅(東京都大田区):

« 64-3 アルヴァラード・トランスポーテーション・センター(米国・アルバカーキ) | トップページ | 64-5 国立駅(東京都) »