« 65-3 倉敷チボリ公園(岡山県) | トップページ | 65-5 オールド・タウン(米国・アルバカーキ) »

2008.12.07

65-4 ミシガン・アヴェニュー(米国・アトランティックシティ)

654litmga

今回初登場のニュージャージー州アトランティックシティという街は、ニューヨークから150km、フィラデルフィアから80kmほどの、その名のとおり大西洋に面し、温暖な気候に恵まれた古くからの保養地で、「東海岸のラスヴェガス」と呼ばれるギャンブルの街として有名です。「ボードウォーク」という海辺の遊歩道沿いには多くのカジノやホテル、土産物屋等が建ち並んでいます。

今回の画像は「ボードウォーク」のものではなく、鉄道駅と海岸沿いを結ぶダウンタウンの通りの風景です。この街は、市域全体でみると決して治安のよい街ではないようなのですが、中心部は清掃管理が行き届いており、安心して歩ける感じでした。この通りはずいぶん明るく、美しく、華やかな「商店街」だなぁ、と思っていたのですが、実はこの一帯は数ブロックが丸ごとThe Walkという名のアウトレット・モールとして再開発されていたようでした。道理で風景全体に整然とした統一感が見られるわけです。

撮影した季節は9月、時刻は午前6時過ぎ、と言っても夏時間なので日本の午前5時過ぎと考えてください。こんな時刻ですから開いている店などないのですが、それでも店内は明るく照らされ、看板は煌々と光を放っています。そしてここの街灯の光は青い色をしていて、通り全体がブルーに照らされ、ちょっと不思議な気分になります。

私自身は、灯りはオレンジ色の方があたたかみが感じられて好きなのですが、青い灯りというのは人の心を落ち着かせる効果があり、街灯の色を青に変えた地域では犯罪の発生が減ったという実験結果も出ているらしいです。これからは日本の街灯の光の色は青が増えてくるかもしれません。そうなると都市の夜の風景は大きく変わっていくのでしょうか。

|

« 65-3 倉敷チボリ公園(岡山県) | トップページ | 65-5 オールド・タウン(米国・アルバカーキ) »

A-5 米国東部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/25731160

この記事へのトラックバック一覧です: 65-4 ミシガン・アヴェニュー(米国・アトランティックシティ):

« 65-3 倉敷チボリ公園(岡山県) | トップページ | 65-5 オールド・タウン(米国・アルバカーキ) »