« 66-6 バス・ターミナルのデコレーション(メキシコ・ティファーナ) | トップページ | 66-8 オーチャード・ロードのバス停(シンガポール) »

2008.12.26

66-7 クーダムのショー・ウィンドウ(ドイツ・ベルリン)

667deckdm

冷戦時代には周囲をぐるりと東ドイツに取り囲まれ「赤い海に浮かぶ自由の島」と呼ばれていた、西ベルリン随一の繁華街がクーダムです。そんな歴史的背景があったせいか、この付近の風景には、ヨーロッパの都市にしては珍しく、資本主義社会における自由な経済活動の象徴である広告看板類が、街並みの中でやたらと目立っていたように感じました。

そしてこの画像の場所では、通常は店の建物の壁面にあるショー・ウィンドウに加え、そこから切り離されたように、通り沿いの各店がそれぞれ前面の歩道の中央に、店ごとに独立した箱状のショー・ウィンドウをわざわざ設置しています。(もしかしたらこの箱状のショー・ウィンドウの建つ位置までが建物の敷地内、いわゆる「歩道状空地」で、公共用地としての歩道はその先の部分なのかもしれませんが)。

このようにショー・ウィンドウの面積(容積?)が多いと、やっぱりその分消費意欲がそそられたりするんでしょうかね? 通り沿いの賑わい形成に貢献する効果はあるように思いますが。

※関連バックナンバー 43-5「オイローパ・センター前の広場」

|

« 66-6 バス・ターミナルのデコレーション(メキシコ・ティファーナ) | トップページ | 66-8 オーチャード・ロードのバス停(シンガポール) »

E-4 (ベルリン)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/26439113

この記事へのトラックバック一覧です: 66-7 クーダムのショー・ウィンドウ(ドイツ・ベルリン):

« 66-6 バス・ターミナルのデコレーション(メキシコ・ティファーナ) | トップページ | 66-8 オーチャード・ロードのバス停(シンガポール) »