« 68-4 プルデンシャル・センター(米国・ボストン) | トップページ | 68-6 ユニオン駅(米国・ワシントンDC) »

2009.01.26

68-5 サーティース・ストリート駅(米国・フィラデルフィア)

685dkk30s

先日オバマ新大統領が、就任式の行われるワシントンDCへ向かう特別列車で旅立つ前に演説を行った場所というのは、おそらくここなのでしょう。

人口150万人以上の大都市・フィラデルフィアの鉄道駅は、ニューヨーク・ペンシルヴァニアストリート駅、ワシントン・ユニオン駅に次いで、アムトラックの駅の中で第3位の乗降客数を誇る、全米有数の大規模な駅なのだそうです。最もポピュラーな長距離移動手段は飛行機という米国でも、東海岸のボストン~ニューヨーク~フィラデルフィア~ボルティモア~ワシントンDCの「北東回廊」と呼ばれるメガロポリス区間においては鉄道利用者もかなり多く、駅や車内は多くのビジネス・パーソンで賑わっています。

この駅には、アムトラックからニュー・ジャージー・トランジット(NJトランジット)というローカル鉄道に乗り換えてアトランティック・シティに行くためだけに立ち寄ったのですが、ボストンからのアムトラックの到着が1時間以上も遅れ、かなり余裕があったはずの乗り換え時間はわずか10分程となってしまいました。フィラデルフィアの駅は大きいと聞いていたので列車の中ではずっと心配していました。果たしてその限られた時間の中で、NJトランジットの切符売場を見つけ、窓口で切符を買い(もちろん英語で・・・)、のりばを見つけ、そこに辿り着くことはできるのか・・・

・・・余裕でした。「大きい駅」とは言え、日本の大都市の複雑に入り組んだ駅などと違い、ご覧のとおり空間構造が極めて単純にできているので、切符売り場も、プラットフォームもすぐに見つけることができました。駅の空間が広くて屋根も高いと見通しが効くので、初めて訪れる旅行者にとっては親切な造りでありがたいですね。

|

« 68-4 プルデンシャル・センター(米国・ボストン) | トップページ | 68-6 ユニオン駅(米国・ワシントンDC) »

A-5 米国東部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます!
保険とは直接何の関係もない記事でしたが、ご興味持っていただけたようで、恐縮です・・・。
また遊びに来てくださいね。

投稿: mkn | 2010.09.18 23:31

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます

投稿: 生命保険の選び方 | 2010.09.17 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/27381237

この記事へのトラックバック一覧です: 68-5 サーティース・ストリート駅(米国・フィラデルフィア):

« 68-4 プルデンシャル・センター(米国・ボストン) | トップページ | 68-6 ユニオン駅(米国・ワシントンDC) »