« 68-6 ユニオン駅(米国・ワシントンDC) | トップページ | #69「商いの風景」 »

2009.01.30

68-7 ハーバード駅(米国・ケンブリッジ)

687dkkhvd

チャールズ川をはさんで、ボストンのダウンタウンの対岸に位置するのが、マサチューセッツ工科大学(MIT)を有する学園都市・ケンブリッジです。この街にある大学はMITだけではなく、今回取り上げるこの地下鉄レッド・ラインの駅の真上には、その名のとおり名門ハーバード大学のキャンパスを中心とした街が広がっています。

この地下駅は、都心方向(inbound)と郊外方向(outbound)のプラットフォームが、平行に隣り合っているのではなく、上下2段に重なっているのが特徴的です。こうした構造の駅は東京の地下鉄などでも時々見ることができますが、ここの場合、改札口と上下のプラットフォームを結ぶアプローチが階段ではなく、とても緩やかで長いスロープになっているため、ダイナミックな空間が形成されています。しかもその線形は微妙にカーヴしているため、大壁面が両側から迫ってきているような感覚が味わえます。天井の照明の配置の仕方も、カーヴする線形を強調するかのようです。複雑に曲がりくねった東京の首都高速道路のトンネル内を思わせるような空間です。

|

« 68-6 ユニオン駅(米国・ワシントンDC) | トップページ | #69「商いの風景」 »

A-5 米国東部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/27381404

この記事へのトラックバック一覧です: 68-7 ハーバード駅(米国・ケンブリッジ):

« 68-6 ユニオン駅(米国・ワシントンDC) | トップページ | #69「商いの風景」 »