« 69-3 パーク・ストリート駅のキオスク(米国・ボストン) | トップページ | 69-5 ファニエル・ホール・マーケットプレイスのワゴン(米国・ボストン) »

2009.02.08

69-4 コロニアル・ウィリアムズバーグの売店(米国ヴァージニア州)

694cmccwb

ウィリアムズバーグは、ワシントンDCからアムトラックで4時間ほどの距離にある街で、その中心部であるコロニアル・ウィリアムズバーグは、イギリスの植民地だった18世紀の街並みが残り、人々がその当時の服装をしてその当時の暮らしを再現している、「生きた博物館」と呼ばれるユニークな観光地です。私はここを訪れることをかなり期待していたのですが、鉄道で往復8時間、約100ドルの切符+全建物の中に入れる35ドルのパスポート(外から見るだけなら不要)という時間とお金をかけて行くほどの価値があるとは思えませんでした。昔NHKでやっていた「大草原の小さな家」にでも出てきそうな18世紀の植民地の街並みというのはちょっと古臭く、田舎っぽくて、私の趣味には合わなかったのです。「全米最古の劇場」での演劇等様々なアトラクションや各施設のガイドも、英語が得意でない私にとっては面白さがわかりませんでしたし、食堂で食べた昔のパンは固くて美味しくないし・・・

それはともかく、このテントは食堂の隣でクッキーを売っていた売店です。時代考証を重視するこの街では、たかがクッキーを売るためのテントでさえ、現代用いられているようなパイプの鉄骨で組み立てられる手軽な既製品は使えないということなのでしょうか。ちょっとした小屋かと思うくらい太い柱と梁で構成されていて、木製のカウンターも、全体を覆うカンバス地(?)も重々しく、妙に大袈裟な感じです。

|

« 69-3 パーク・ストリート駅のキオスク(米国・ボストン) | トップページ | 69-5 ファニエル・ホール・マーケットプレイスのワゴン(米国・ボストン) »

A-5 米国東部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/27874736

この記事へのトラックバック一覧です: 69-4 コロニアル・ウィリアムズバーグの売店(米国ヴァージニア州):

« 69-3 パーク・ストリート駅のキオスク(米国・ボストン) | トップページ | 69-5 ファニエル・ホール・マーケットプレイスのワゴン(米国・ボストン) »