« 71-12 辻堂駅北口大通り線(神奈川県藤沢市) | トップページ | 72-2 ピア39のアザラシ(米国・サンフランシスコ) »

2009.03.15

72-1 グレイハウンド・バス・ディーポ(米国・サンタバーバラ)

721spcghb

当サイトの活動停止まで、あと半月となりました。本日以降は、これまでの「シリーズ」という括りでご紹介できなかった「とっておき」(?)の風景画像をお送りしていこうと思います。

まず第1回目は、バスの走る(停まってますが)風景です。私が以前カリフォルニアからニューメキシコにかけて旅して廻った時、実質上米国で唯一の長距離バス事業者であるグレイハウンドにはとても「お世話になった」ので、その記念にこのバス・ディーポの風景を載せておこうと思います。

と言っても、他の街のと比べ、とりたててこのサンタバーバラのバス・ディーポが特徴的というわけではありません。ただ、まあ、私にとってそれなりに思い出はある場所です。北カリフォルニアのモントレーからこの街にやってくるのに、都合のいい時間帯に着く便はなかなかなく、私がここに降り立ったのは(12月の)午前4時でした。夜が明けるまで中で過ごして時間を潰そうと思っていたバス・ディーポの建物は、なんと閉まっていて真っ暗で、外にタクシーが1台待機しているだけだったのです。おかげで見知らぬ街の、夜明け前の人っ子一人いないダウンタウンを、犯罪に遭遇する恐怖に怯えながら、夜中じゅう開いている店を探して彷徨う羽目になりました・・・。

グレイハウンドの旅では、いろいろと苦労させられたという思いがあります。公共交通機関のはずなのに、バス・ターミナル(ディーポ)が街の中心部から離れていてアクセスが不便だったり、治安の悪い場所にあって辿り着くのに相当な覚悟が必要だったり、建物が開いている時間が限られていてコインロッカーに荷物を預けたまま締め出されたり、スタッフの接客態度がぞんざいだったり、発着時刻が早朝や深夜の便しかなかったり、バスが遅れることは珍しくなかったり、車内の冷暖房がきつかったり、トイレには洗面設備がなく小さな「おてふき」が置かれているだけだったり、途中の停留所での停車時間が長くてイライラしたり、乗り換えの接続が悪くて夜中に何時間も待たされたり、時には車両が故障して砂漠の真ん中で立ち往生したり、目的地のバス・ターミナル(ディーポ)に着いても、位置関係のわかる街の地図や、ダウンタウンに向かう市内のバスについての案内板は一切なかったり・・・でもそんな苦労があったからこそ、長距離バスの旅は私の心の中に強く印象に残っているのかもしれません。「トラヴェル」という英単語は、「トラヴァーユ」(苦役)というフランス語から来ているらしいですから、苦労あってこそ旅なのでしょう。

※関連バックナンバー 44-8「サンタフェ郊外の道路」

|

« 71-12 辻堂駅北口大通り線(神奈川県藤沢市) | トップページ | 72-2 ピア39のアザラシ(米国・サンフランシスコ) »

A-2 南カリフォルニア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/28605614

この記事へのトラックバック一覧です: 72-1 グレイハウンド・バス・ディーポ(米国・サンタバーバラ):

« 71-12 辻堂駅北口大通り線(神奈川県藤沢市) | トップページ | 72-2 ピア39のアザラシ(米国・サンフランシスコ) »