« 75-4 ジャクソン広場(米国・ニューオーリンズ) | トップページ | 75-6 フレンチ・クォーターの「ギャラリー」(米国・ニューオーリンズ) »

2010.10.03

75-5 フレンチ・クォーターの風景(米国・ニューオーリンズ)

7505nolptb

今後数回に渡ってフレンチ・クォーターの風景を紹介する予定なので、まずは「らしさ」がよく表れているショットから取り上げていきたいと思います。

フレンチ・クォーターの街路景観を特徴づけているのは、沿道の建物に設けられた、地元で「ギャラリー」と呼ばれる、繊細な細工を施したアイアン・レースのバルコニーです。軒が深く広めのギャラリーは、人々の日向ぼっこの場、隣人とのコミュニケーションの場となり、また真夏の太陽が室内に差し込むのを遮り、風通しを良くする役目を果たしているそうです。ギャラリーは歩道上に張り出し、道行く人にとっては陽射しを避ける屋根ともなっています。

この場所は、前回(75-4)取り上げたジャクソン広場に面した通りで、左側に立つのは1849年に建てられた全米最古のアパート「ポンタルバ・アパート」です。フレンチ・クォーターでは珍しい落ち着いた色調のレンガ造りの建物が並ぶ通りの上空に、広場内に植えられた大木が覆い被さり、街灯が灯る夕暮れ時の風景は、何とも言えない渋い味わいを醸し出しています。

|

« 75-4 ジャクソン広場(米国・ニューオーリンズ) | トップページ | 75-6 フレンチ・クォーターの「ギャラリー」(米国・ニューオーリンズ) »

A-6 米国南部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/36888463

この記事へのトラックバック一覧です: 75-5 フレンチ・クォーターの風景(米国・ニューオーリンズ):

« 75-4 ジャクソン広場(米国・ニューオーリンズ) | トップページ | 75-6 フレンチ・クォーターの「ギャラリー」(米国・ニューオーリンズ) »