« 77-12 スター・アイランドに架かる橋(米国・マイアミビーチ) | トップページ | 77-14 マイアミ港(米国・マイアミ) »

2011.12.25

77-13 スター・アイランドの豪邸(米国・マイアミビーチ)

7713mabsti

パーム・ツリーが並ぶプール付きの芝生の庭先から、自家用の船ですぐにフロリダの海に出て行ける、赤い屋根とアーチが並んだ白い壁のスペイン風のこの大きなお屋敷も、ここ「スター・アイランド」では、水辺に並ぶ豪邸群の中の一つに過ぎません。

「スター・アイランド」とは、ビスケーン湾の浚渫工事に合わせて1922年、湾内に造られた35区画の宅地から成る小さな楕円形の人工島で、各邸宅の敷地は直接水辺に面しています。そして何より、造成された当時から現在に至るまで、多くのセレブリティ(有名人)が住んできたことが特徴的です。始めから「スター・アイランド」と名付けて積極的にスターを誘致したのか、そうした人々が多く集まるようになったからこの名前を付けたのかは知りませんが・・・。

マイアミのダウンタウンから発着するビスケーン湾内クルーズの目玉は、船上からこの島の水辺沿いに並ぶセレブリティ所有の豪邸を一つ一つ見物できることで、遊覧船のガイドが次々と挙げていく名前は、シルベスタ・スタローン、シャロン・ストーン、フリオ・イグレシアス、グロリア・エステファン、ロジー・オドネル(コメディエンヌ)、シャキール・オニール(元NBA選手)、トミー・モトーラ(ソニー・レコード社長、マライア・キャリーの元夫)・・・といったビッグ・ネームばかりで(私の英語ヒアリング能力と記憶力に間違いがなければ、ですが・・・)、これらの人々が互いにお隣さんどうしというわけです。あまりにも「登場人物」が多いので、私が見た中で最も気に入ったこのお屋敷が誰のものなのかは、聞きそびれてしまったのか、それとも忘れてしまったのか・・・。

ディヴェロッパーがセレブリティ専用の豪勢な邸宅街を開発し、そこに好んで集まって住もうという人々が大勢いて、その邸宅街が観光資源となって半ば公衆の目に見世物として晒されている・・・社会全体が一丸となってセレブリティをより価値のある存在に祭り上げ、彼らもプライヴァシーを守るよりむしろその名声と豊かさを積極的にひけらかそうとする、そんな米国的な発想が、私にはちょっとしたカルチャー・ショックでした。

|

« 77-12 スター・アイランドに架かる橋(米国・マイアミビーチ) | トップページ | 77-14 マイアミ港(米国・マイアミ) »

A-7 (マイアミビーチ)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/43305909

この記事へのトラックバック一覧です: 77-13 スター・アイランドの豪邸(米国・マイアミビーチ):

« 77-12 スター・アイランドに架かる橋(米国・マイアミビーチ) | トップページ | 77-14 マイアミ港(米国・マイアミ) »