« 77-3 ルマス・パークとオーシャン・ドライヴの街並み(米国・マイアミピーチ) | トップページ | 77-5 オーシャン・ドライヴのテラス席(米国・マイアミビーチ) »

2011.12.09

77-4 オーシャン・ドライヴのアール・デコ建築(米国・マイアミビーチ)

7704mabocd

「アール・デコ」とは、191030年代に建築、工芸、デザインなど、パリを中心に流行した装飾様式で、それ以前に流行していた、曲線を主とした「アール・ヌーボー」とは対照的に、直線を重視した実用的なデザインが特徴です。マイアミビーチ市の中心部であるサウス・ビーチ地区は「アール・デコ地区」と呼ばれ、白、コーラル・ピンク、ペパーミント・グリーン、ラヴェンダーなどのパステル・カラーで彩られた、アール・デコのデザインに南国のフレーヴァーをプラスしたような「トロピカル・デコ」とでも呼ぶべきポップでファンシーな建築が街じゅうに溢れており、その数は400以上にものぼるらしいです。

このショットは私がオーシャン・ドライヴ沿いの街並みを撮った中でいちばん気に入っているものです。小さく、白く、四角い単純な建物を直線的なデザインのみを用いて装飾しようとするとこうなるのか、という感じですね。眩しい真っ白な壁面に、垂直方向の動きを強調する黄色(左側の建物)やペパーミント・グリーン(右側の建物)のストライプが入っただけで、風景はこんなにも明るく、楽しくなります。

私がこの「アール・デコ地区」について興味を持ったきっかけは、もう10年以上も前のことで、キューピーの食品のコマーシャル・フィルムで、商品とは直接何の関係もない、南国風のカラフルでキュートなデザインの建築が次々と紹介される、という映像を見てからです。それらがフロリダに行けば見られると知ってから、いつかこの日本から最も遠い米国の街を訪れてみたい、と強く願うようになりました。旅から帰って来て、いろいろ調べてみてわかったのですが、どうやら件のコマーシャル・フィルムの中には、この画面左側の建物が登場していたようで、そうとは知らずに私は10年越しに念願の再会を果たしていたことになります。その割に感激は少なめでしたが(笑)

|

« 77-3 ルマス・パークとオーシャン・ドライヴの街並み(米国・マイアミピーチ) | トップページ | 77-5 オーシャン・ドライヴのテラス席(米国・マイアミビーチ) »

A-7 (マイアミビーチ)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/43072251

この記事へのトラックバック一覧です: 77-4 オーシャン・ドライヴのアール・デコ建築(米国・マイアミビーチ):

« 77-3 ルマス・パークとオーシャン・ドライヴの街並み(米国・マイアミピーチ) | トップページ | 77-5 オーシャン・ドライヴのテラス席(米国・マイアミビーチ) »