« 2011年4月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011.12.30

77-18 ヴェネツィアン・プール(米国・コーラルゲイブルス)

7718crgvnp

マイアミ郊外のコーラルゲイブルスは、「フロリダのビヴァリーヒルズ」とでもいうべき高級住宅地で、街路樹や前庭の美しい広々とした街路にはすべて地中海沿岸の街の名前が付けられるなど、南欧をイメージした街づくりが行われています。

そんな街の中にあるこのプールはかつての珊瑚岩の石切り場跡を利用したもので、滝や洞窟、太鼓橋の架けられた島などが造られたエメラルド・グリーンに輝くプールは、南欧風の建物とパーム・ツリー、そして色とりどりの花に囲まれ、まるで本物の南の島の海岸で泳いでいるようなリゾート気分が味わえます。

そんな「ヴェネツィアン・プール」ですが、特筆すべきなのはこれがリゾート・ホテル等の施設ではなく、通りから柵越しに中の様子が窺えるような場所にある「市民プール」だという点で、コーラルゲイブルスの住民なら$6、それ以外の人でも$112010年6月現在)払えば利用できてしまう「世界一美しいと言われる」公共プールなのです。「世界一」の根拠が何なのかは知りませんが、私が小学生の時に通っていた入場料50円の近所の市民プールの、少なくとも10倍以上素敵な場所であることは保証しましょう。

こんなお洒落な市民プールがありながら、この街に住んでいる人はほとんどここを利用することはないようです。なぜなら、自分の家の庭にプールがあるから・・・。そんなわけで、私がここを訪れた時は、小学生の遠足?と思われる、お揃いのTシャツを来た子供たちのグループばかりが目立っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.29

77-17 ビスカヤ・ミュージアム・アンド・ガーデン(米国・マイアミ)

7717miabmg

20世紀初めに当時の億万長者が避寒のために建てたという、ビスケーン湾に面した大別荘(個人の邸宅としては全米最大と言われる)の庭園を撮ったものです。

ゲスト・ルームが異様に多く、ほとんど「宮殿」と呼んだ方がふさわしいようなイタリア風のクラシックな豪邸からテラスに出ると、目の前はもうこのようなマリーナです。正面の海の中には石で造られた大きな船がオブジェのように鎮座し、右手には三方を水に囲まれた東屋状の「ティー・ハウス」が建ち、この左手を見ると、小さな太鼓橋の先がヨットの船着き場になっています。贅の限りを尽くして、ここマイアミから何千kmも離れた水の都・ヴェネツィアの風景への憧憬を強く感じさせるような空間が造られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.28

77-16 ベイサイド・マーケットプレイス(米国・マイアミ)

7716miabmp

いよいよフロリダ半島本土にある、マイアミ市のダウンタウンに上陸です。

ここはダウンタウン観光の中心となっているウォーターフロントのショッピング・モールで、正面奥に見えているマリーナは、前回(77-15)まで4回に渡ってお送りしてきた海上からの画像を撮ったビスケーン湾内の遊覧船「アイランド・クイーン」の発着場となっています。

そのロケーションにふさわしく、この半屋外型モールは水辺に向かって開けた開放的な造りとなっていて、画面に大きな青いパラソルが見えるように多くのワゴンがあちこちに並んでいます。蒸し暑い夏の時期にエアコンの効いた空間の中を歩き廻れないのは逆にちょっと辛いかもしれませんが・・・。ゲートに大きく掲げられたBAYSIDEのブルーのロゴが力強く爽快で、ちょっと誇らしげにすら見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.27

77-15 海上から見たダウンタウンのスカイライン(米国・マイアミ)

7715miadtn

「マイアミ」と聞くと、一般的には「リゾート地」をイメージされる方が多いかもしれません。ビスケーン湾内を巡る遊覧船の上から撮ったこの画像の中にたくさんのヨットが浮かんでいる点はそのイメージにふさわしいかと思われますが、マイアミの街に数え切れないほどの高層建築、それもオフィス・ビル群が建ち並んでいるのには圧倒されるとともに、ちょっと意外な感じがします。

しかし実はマイアミ市は、市域人口は40万人足らずながら、広域的にみると500万人以上と全米でも第7位の人口規模の都市圏を有する、商工業・港湾都市であり、表裏両面(麻薬密輸入の拠点・・・)においてラテン・アメリカ諸国の経済に大きな影響を与えていることから(確実に北米という地域内に属しているにもかかわらず)「中南米の首都」とすら呼ばれている一大メトロポリスなのです。

そして、これまでにも何回か触れてきましたが、「マイアミ」と聞いて誰もが思い浮かべる、いわゆる「マイアミらしい」ビーチ・リゾートとしての性格を持った地区は、マイアミ市ではなくこのビスケーン湾を挟んで対岸にあたる砂州状の土地にあり、両岸は何本かの橋によって繋がってはいますが「マイアミビーチ市」という別の街になっているのです。マイアミ市が東京都心部で、ビスケーン湾がレインボーブリッジ等の橋が架けられた東京港、お台場海浜公園等を擁する臨海副都心が「マイアミビーチ市」という独立した別の行政区域になったような関係、と例えて説明すればわかりやすいでしょうか? ちなみに湘南海岸と江ノ島で有名な神奈川県藤沢市は、マイアミ市ではなくマイアミビーチ市と姉妹都市の関係にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.26

77-14 マイアミ港(米国・マイアミ)

7714miapom

ビスケーン湾内に位置するマイアミ港は全米でも重要な港の一つで、軍港・貿易港・漁港としての役割の他、世界最大のクルーズ観光港としての役割も果たしている、らしいです。

今回取り上げるのは、色とりどりのコンテナがおもちゃのブロックのように積み上げられた岸壁の上に、3つの巨大なガントリー・クレーンがモダン・アートのように凛々しく並んで立つ埠頭の風景です。これらのクレーンが、フロリダの海の色、空の色の美しさ、そしてそこに浮かぶ白い雲の眩しさと歩調を合わせたような、爽やかなセルリアン・ブルーと白に配色されているのがとても印象的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.25

77-13 スター・アイランドの豪邸(米国・マイアミビーチ)

7713mabsti

パーム・ツリーが並ぶプール付きの芝生の庭先から、自家用の船ですぐにフロリダの海に出て行ける、赤い屋根とアーチが並んだ白い壁のスペイン風のこの大きなお屋敷も、ここ「スター・アイランド」では、水辺に並ぶ豪邸群の中の一つに過ぎません。

「スター・アイランド」とは、ビスケーン湾の浚渫工事に合わせて1922年、湾内に造られた35区画の宅地から成る小さな楕円形の人工島で、各邸宅の敷地は直接水辺に面しています。そして何より、造成された当時から現在に至るまで、多くのセレブリティ(有名人)が住んできたことが特徴的です。始めから「スター・アイランド」と名付けて積極的にスターを誘致したのか、そうした人々が多く集まるようになったからこの名前を付けたのかは知りませんが・・・。

マイアミのダウンタウンから発着するビスケーン湾内クルーズの目玉は、船上からこの島の水辺沿いに並ぶセレブリティ所有の豪邸を一つ一つ見物できることで、遊覧船のガイドが次々と挙げていく名前は、シルベスタ・スタローン、シャロン・ストーン、フリオ・イグレシアス、グロリア・エステファン、ロジー・オドネル(コメディエンヌ)、シャキール・オニール(元NBA選手)、トミー・モトーラ(ソニー・レコード社長、マライア・キャリーの元夫)・・・といったビッグ・ネームばかりで(私の英語ヒアリング能力と記憶力に間違いがなければ、ですが・・・)、これらの人々が互いにお隣さんどうしというわけです。あまりにも「登場人物」が多いので、私が見た中で最も気に入ったこのお屋敷が誰のものなのかは、聞きそびれてしまったのか、それとも忘れてしまったのか・・・。

ディヴェロッパーがセレブリティ専用の豪勢な邸宅街を開発し、そこに好んで集まって住もうという人々が大勢いて、その邸宅街が観光資源となって半ば公衆の目に見世物として晒されている・・・社会全体が一丸となってセレブリティをより価値のある存在に祭り上げ、彼らもプライヴァシーを守るよりむしろその名声と豊かさを積極的にひけらかそうとする、そんな米国的な発想が、私にはちょっとしたカルチャー・ショックでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.24

77-12 スター・アイランドに架かる橋(米国・マイアミビーチ)

7712mabbts

今後数回に渡って、マイアミビーチ市とマイアミ市(両市は全く異なる行政区域です)の間に横たわる「ビスケーン湾」を巡る遊覧船の上から撮った風景をお送りしていきます。今回の主役は、遠くに霞むマイアミ・ダウンタウンの高層ビル群をバックに従えた、手前の白い橋です。

遊覧船や、湾の両岸を結ぶ海上の幹線道路からは、このようなデザインの橋を何本か見かけます。橋は水の上を這っているかのように高さを抑えて架けられ、アーチの数が妙に多いです。橋脚の上に設けられたコーンのような形の擬宝珠(欄干の柱の上に設けられた飾り)がやたらに大きく目立っていて、全体的にオリエンタルな印象を与えるそのデザインが、不思議でとても気になります。

この橋は海上を走る主要幹線道路「マッカーサー・コーズウェイ」から画面右側に映っている「スター・アイランド」にアクセスする橋です。なぜ「スター・アイランド」という名前なのかについては、次回・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.23

77-11 エスパニョーラ・ウェイ(米国・マイアミビーチ)

7711mabenw

サウス・ビーチ地区を東西に走る、「小路」といった表現がぴったりのスケール感を持った通りです。アール・デコ建築ばかりが続く街並みに飽き飽きしてきた頃、スペインの古い街を思わせるような(「エスパニョーラ」:スペイン語で「スペインの」)、賑わうこの通りの街路景観がワシントン・アヴェニューからちらっと見えると、思わず寄り道してみたくなります。

両側にスペイン、イタリア、メキシコなどの多国籍料理レストランが並ぶこの小路の上空には電飾が灯り、カラフルな光に包まれた夜の空間は、日本でいうところの祭りの縁日を思わせるような、人の心をワクワクさせる雰囲気を演出しています。

ところで、そろそろ年越しに向けて、記事の更新ペースを加速させていきましょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.21

77-10 リンカーン・ロード・モールのアップル・ストア(米国・マイアミビーチ)

7710mablcm

「リンカーン・ロード・モール」は、避寒に訪れた富裕層向けに開発されたというサウス・ビーチ地区を東西に貫く延長800mほどの高級ショッピング・ストリートです。全面歩行者天国になっている点はカリフォルニア、サンタモニカのサード・ストリート・プロムナードとちょっと雰囲気が似ているのですが、ここではさらにゆったりとした幅の通りの中央部に、緑地や噴水が配置されるとともに、沿道のレストランのテラス席が「屋根のない巨大な食堂」といった風情でパラソルの下に所狭しと並んでいます。アート・ギャラリーが多いこともあって文化的でお洒落な雰囲気で、ここのレストランもちょっとお値段が高めなのですが、世界中からリッチな方々が集まって来ているのか、この通りも夜遅くまで多くの人で賑わっていました。

サウス・ビーチ地区名物のアール・デコ建築はここにもありました。このアップル・ストアが入居している、ギザギザした太い柱が特徴的な、城郭を思わせる白亜の小さな建物はアップル社が設立される遥か前からこの場所にあったのではないかと思われますが、まるでオーダー・メイドしたかのように、白一色のファサードにシンプルなアップルのシンボル・マークがしっくりとはまっています。パステル・カラーを排除したクールなアール・デコ建築が、リッチでお洒落なロケーションにある、時代の最先端を行く商品を揃えた店にふさわしい、スマートで洗練された香りを漂わせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.19

77-9 中央郵便局(米国・マイアミビーチ)

7709mabcpo

前回(77-8)まで取り上げたコリンズ・アヴェニューより、またさらに1ブロック西側を並行して南北に走る大通り「ワシントン・アヴェニュー」の街角に建つこの郵便局の建物は、サウス・ビーチ地区における代表的なアール・デコ建築の一つとされているらしいです。全体的に表現を抑えたシンプルなデザインながら、円筒を上下に重ねたような街角部分の形態が強い印象を与えます。

この日の夕方は西の方角の空がきれいに見えて、その画像を撮ろうと歩いていたらちょうどたまたまこの建物を見つけたので、夕焼けの空を建物越しに撮ってみました。オーシャン・ドライヴの観光客向けの浮かれた雰囲気は、2ブロックも内陸側に入るとすっかり消えて、この通りには生活感のある商店と庶民的なレストラン等が並び、こちらも夜はそれなりに賑わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.17

77-8 アール・デコ地区の立体駐車場(米国・マイアミビーチ)

7708mabplp

かつて(2008年8月)「駐車場の風景」というテーマで、駐車場と都市景観について取り上げたほど、意外に硬派でマニアックな当サイトが、今回また駐車場について語らせていただきます。

マイアミ周辺の観光名所はかなり広範囲に散らばっているので、観光客は車が無いとかなり不便と思われます。にもかかわらず、サウス・ビーチ地区には米国のリゾート地としては珍しく駐車場の付いていないホテルが多いようで(特に小さいホテルや安ホテル等)、滞在中は近くにある一般のこうした有料駐車場に車を停めておく必要があります。この公共駐車場の料金は、2010年6月当時、一晩で$20でした。それなりに高いですよね。

コリンズ・アヴェニュー沿いに建つこの公共の立体駐車場は、白を基調とした壁面の縁取りの一部にアクセント・カラーとしてコーラル・ピンクを用いています。壁面の中央頭頂部には、何の実用的な意味も持たないと思われるアール・デコ調の装飾がわざわざ施されていて、行政が率先して「アール・デコ地区」と呼ばれる周囲の歴史的な景観に配慮し、それと調和を図った都市景観を創出していこうとする意図が感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.15

77-7 コリンズ・アヴェニューのアール・デコ建築(米国・マイアミビーチ)

7707mabcla

「コリンズ・アヴェニュー」は、前回(77-6)まで取り上げてきた「オーシャン・ドライヴ」の1ブロック西側を並行して南北に走るサウス・ビーチ地区の主要な大通りで、オーシャン・ドライヴ同様こちらの沿道にもやはりホテルが多く建ち並んでいます。もしかしたら見られるアール・デコ建築の数はオーシャン・ドライヴよりも多いかもしれません。

そんなコリンズ・アヴェニューの街並みの中で、私が撮った最も気に入っているショットがこれです。両端に見えるいずれも淡い水色を基調としたアール・デコ建築は、この小さい壁の面積の中で威厳と風格を感じさせるシンメトリーなファサード(建物前面)を実現しようとデザインされていて、巨大な建物を精巧さそのままに小さな模型にしてしまったような愛らしさが感じられます。

ちなみにサウス・ビーチ地区のアール・デコ建築は、清潔感のある明るい色の壁にシャープな色づかいといった現代的、近未来的なデザインが多いので、遠くから見ると新しい建物のように見えますが、実際はそのほとんどが193040年代に建てられたというそれなりに歴史のある建築物で、近くで見ると結構壁面や線がデコボコだったりしますし、ホテルの場合、内部の客室は古くて汚かったりすることもままあるようです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.13

77-6 オーシャン・ドライヴの夕景(米国・マイアミビーチ)

7706maboie

このオーシャン・ドライヴを含むマイアミビーチ市のサウス・ビーチ地区は、全米の中でもかなり治安の悪い方の部類に入るらしい「マイアミ市」(ビスケーン湾対岸に位置する「マイアミビーチ市」とは別の行政区域)のダウンタウンとは異なり、夜遅くでも多くの人で賑わっていて、安心して歩ける雰囲気です。この通り沿いのレストランの中には生演奏を聴きながら食事ができる店もあり、通りは楽しい音に溢れています。

今回取り上げたのは、そんなオーシャン・ドライヴの夕暮れ時のショットです。パーム・ツリーに巻きつけられた電飾の色は次から次へと変わっていき、夕闇は様々な色の光に彩られています。灯台のような形の、ガラス張りのペントハウスがある建物が、風景の中で特異な存在感を放っていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.11

77-5 オーシャン・ドライヴのテラス席(米国・マイアミビーチ)

7705mabtds

以前にも触れましたが、オーシャン・ドライヴ沿いに並ぶホテル群の1階部分は通りに面したレストランやクラブとなっており、色とりどりのテントやパラソルで覆われたテラス席が歩道にまで設けられていて、華やかで賑やかな雰囲気です。あまり手頃な価格の店が無く、私のような貧乏人にとってはちょっと敷居が高いですが・・・。

そんなオーシャン・ドライヴの中でも、このホテルの前だけはまたちょっと違った雰囲気を漂わせています。建物はカラフルなアール・デコスタイルではなく高級感のあるシックで落ち着いた外観です(宿泊料金も高めなようです)。その前庭にあたるテラス席も庭園の中のように緑が多く、パラソルの色はベージュで大人っぽくまとめられていますね。私にとってはさらに敷居が高く感じられました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.09

77-4 オーシャン・ドライヴのアール・デコ建築(米国・マイアミビーチ)

7704mabocd

「アール・デコ」とは、191030年代に建築、工芸、デザインなど、パリを中心に流行した装飾様式で、それ以前に流行していた、曲線を主とした「アール・ヌーボー」とは対照的に、直線を重視した実用的なデザインが特徴です。マイアミビーチ市の中心部であるサウス・ビーチ地区は「アール・デコ地区」と呼ばれ、白、コーラル・ピンク、ペパーミント・グリーン、ラヴェンダーなどのパステル・カラーで彩られた、アール・デコのデザインに南国のフレーヴァーをプラスしたような「トロピカル・デコ」とでも呼ぶべきポップでファンシーな建築が街じゅうに溢れており、その数は400以上にものぼるらしいです。

このショットは私がオーシャン・ドライヴ沿いの街並みを撮った中でいちばん気に入っているものです。小さく、白く、四角い単純な建物を直線的なデザインのみを用いて装飾しようとするとこうなるのか、という感じですね。眩しい真っ白な壁面に、垂直方向の動きを強調する黄色(左側の建物)やペパーミント・グリーン(右側の建物)のストライプが入っただけで、風景はこんなにも明るく、楽しくなります。

私がこの「アール・デコ地区」について興味を持ったきっかけは、もう10年以上も前のことで、キューピーの食品のコマーシャル・フィルムで、商品とは直接何の関係もない、南国風のカラフルでキュートなデザインの建築が次々と紹介される、という映像を見てからです。それらがフロリダに行けば見られると知ってから、いつかこの日本から最も遠い米国の街を訪れてみたい、と強く願うようになりました。旅から帰って来て、いろいろ調べてみてわかったのですが、どうやら件のコマーシャル・フィルムの中には、この画面左側の建物が登場していたようで、そうとは知らずに私は10年越しに念願の再会を果たしていたことになります。その割に感激は少なめでしたが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.07

77-3 ルマス・パークとオーシャン・ドライヴの街並み(米国・マイアミピーチ)

7703mablmp

ルマス・パークは、マイアミビーチ市の中心部であるサウス・ビーチ地区の市街地とビーチの間を1km以上に渡って延びる、幅100mほどの細長い公園です。サイクリング・コースが整備されている他、ウェルカム・センターやパトロール本部が立地し、誰でも気軽に使える清潔な公衆トイレやシャワーが設置されているなど、林立するパーム・ツリーと芝生がビーチ沿いの景観の魅力向上に貢献しているだけでなく、快適なビーチ・ライフをサポートする役割も担っている重要な公共空間です。

パーム・ツリー越しに見えているのは、サウス・ビーチ地区で最も海岸沿いを南北に走る、その名も「オーシャン・ドライヴ」で、沿道には1階がレストランやクラブ等になった背の低いホテル群が建ち並び、昼も夜も賑わうお洒落で楽しい雰囲気の通りです。「アール・デコ建築」が沿道に多く建つオーシャン・ドライヴの中でも、この辺りに並ぶ数軒のそれは地区全体を代表する「顔」となるような最も魅力的なもののようで、私が買ったガイドブックにはこの付近のパステル・カラーのかわいらしい街並みの写真が繰り返し掲載されていました。私が撮ったショットの中にあまりきれいに映っているものがないのが、ちょっと残念ですが・・・。

「アール・デコ建築」については、次回以降じっくりと取り上げ、説明させていただきますので(私の理解の範囲で・・・)、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.05

77-2 マイアミビーチ その2(米国フロリダ州)

7702mabmbt

今回取り上げるショットは、前回(77-1)からより水辺に近づいたものです。前回マイアミビーチの砂浜の「理想的なまでの快適さ」についてお話しさせていただきましたが、それは海の中にまで続いています。

画面からは、かなり沖の方まで人の姿があることがわかるかと思いますが、ここは時間帯によっては100mくらい沖まで行っても十分背が立つくらいの遠浅の海岸で、つまりその分だけ多くの人々が広々と海水浴を楽しめるようになっているのです。大西洋という外海に直接面しているにもかかわらず波は非常に穏やかです。海の水は底が見えるくらい澄んで、不快な物が浮いていたり、沈んでいたりしません。そして海の底もまた砂浜同様、滑り止めでも付いているのではと思うくらいしっかりと歩きやすいのです。こうした快適さの、どこまでが元々の自然条件によるもので、どこからが人工的な整備によるものなのかは知りませんが・・・。

この地域はそれ自体がリゾート地でありながら、カリブ海クルーズの一大拠点ともなっており、このビーチでは画像のようにマイアミ港から外海へと大型客船が次々に出ていく様子を眺めることができます。この画面の中には比較対象がないのでわかりにくいかもしれませんが、その大きさたるや・・・ビーチ沿いに建つ高層ホテル(もしくはコンドミニアム?)1棟分をそのまま横に倒して浮かせたようなくらいのヴォリューム感です。その様はあたかも南極大陸から巨大な氷山の塊が沖へと切り離されていくかのようで、しかも客船は進んでいることが肉眼で確認できるほどスピードも結構速く、度肝を抜かれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.03

77-1 マイアミビーチ その1(米国フロリダ州)

7701mabmbo

まずはビーチの風景から今回のシリーズをスタートさせたいと思います。

マイアミビーチの海の風景については、事前にガイドブック等で見てある程度イメージを膨らませていましたが、実際にこの地区に着いて、海沿いに伸びる芝生とパーム・ツリーの公園(「ルマス・パーク」)を抜けてビーチに出てみると、この海の色の深みを感じるグラデーションの美しさと白い砂浜のあまりの眩しさには衝撃を受けます。そこはほとんど青と白のみに支配された世界で、その風景に調和するように、砂浜の上には鮮やかなブルーの日よけテントや白いパラソルが並び、監視員小屋は(画面中央に見えているような)パステル・カラーや星条旗カラーなどに塗られています。

実はフロリダ半島というのはそのほとんどがかつては湿原で、海岸線に砂を敷いてリゾート地として開発されたのは20世紀に入ってからとのことで、つまり延々と続くこのビーチは人工的に造られたものなのです。だからなのでしょうか、ここの砂浜は理想的なまでに快適にできていて、どこから持ってきたものなのかは知りませんが砂の色は純白で、砂浜の幅は一度に多くの人々が休むのに十分な広さを備え、そして手前の陸側はわざわざ踏み固められているのか、砂に足をとられることがなくとても歩きやすくできているのです。画面にも映っていますが、この砂浜の上をジョギングする人々の姿を多く見かけるのは、足腰に余計な負担がかからないからという理由もあるのでしょう。

このビーチの「理想的なまでの快適さ」については、次回に引き続き取り上げる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.01

「アーバン・ツアーズ 2011-2012・年末年始SP」のお知らせ

みなさん、こんにちは。mknです。

2006年4月に当サイトを開設して以来、記事の更新間隔が最も長くなってしまいましたが、年末年始を迎えるにあたり、そろそろ久しぶりに新しいシリーズを開始することにいたしました!

今回のシリーズでは、日本から最も遠い米国、フロリダ州・マイアミとその周辺、およびフロリダ半島南端から延びるフロリダ・キーズ諸島の風景を、明後日12月3日(土)より、計23回(予定)に渡りお届けします(ウォルト・ディズニー・ワールドをはじめとするテーマ・パークが数多く集積し、日本人観光客が多く訪れるオーランドについては取り上げませんが、悪しからずご了承ください)。

日本はこれからますます冷え込みが厳しくなってくると予想されますが、常夏の楽園・フロリダは今がまさにオン・シーズンです。真っ青な空、エメラルド・グリーンの海、白い砂浜、立ち並ぶパーム・ツリー、咲き乱れる華やかな南国の花々でいっぱいの風景をお楽しみください!

(※なお、今回のシリーズで更新された記事がメインページに反映されない、というトラブルが起きる恐れがございますが、その場合は「最新の記事」、もしくは「カテゴリ―」の「A-4 米国南東部」、「バックナンバー」の「2011年12月」「2012年1月」からアクセスしてくださいますよう、よろしくお願いいたします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2012年1月 »