« 83-10 聖オーガスチン広場の夜景(マカオ) | トップページ | 83-12 鄭家屋敷(マカオ) »

2014.04.12

83-11 リラウ広場(マカオ)

8311mcoldl

マカオ半島南西部の世界遺産群は、前回まで(83-810)取り上げてきた聖オーガスチン広場の坂を下った場所から龍嵩街~高樓街~媽閣街と名前を変えて続く、大して道幅も広くない一本の通りに沿って数多く分布していますが、このリラウ広場もその通りに面しています。ここは昔のマカオの主な水源の一つで、ポルトガル人が最も早く居住した場所だったそうで、高密な市街地の真ん中に位置する小広場です。

広場を取り囲む建物はクリーム色の外壁を持つ南欧風のデザインなのですが、おそらくポルトガルでは見られないであろう、アジア熱帯地方原産の太く力強い幹のガジュマルの木々の枝葉が、広場上空を大きく覆い木陰をつくっていて、エキゾティックです。そして、観光客の姿よりはどちらかというと地元の方々を多く見かけ、地域の憩いの場となっている様子が、庶民的で生活感があり落ち着きます。また、ここにも聖オーガスチン広場と同じデザインのキオスクが設けられ、広場の風景にしっとりと調和しています。

|

« 83-10 聖オーガスチン広場の夜景(マカオ) | トップページ | 83-12 鄭家屋敷(マカオ) »

O-4 マカオ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/55537479

この記事へのトラックバック一覧です: 83-11 リラウ広場(マカオ):

« 83-10 聖オーガスチン広場の夜景(マカオ) | トップページ | 83-12 鄭家屋敷(マカオ) »