« 86-13 20 フェンチャーチ・ストリート スカイ・ガーデン(英国・ロンドン) | トップページ | 86-15 地下鉄カナリー・ワーフ駅のプラットフォーム(英国・ロンドン) »

2015.08.15

86-14 タワー・ブリッジ(英国・ロンドン)

8614lontbg

こちらもロンドンの定番観光名所の一つで、お伽の国感溢れる尖塔を持つ2つの塔と吊り構造のワイヤーの曲線が美しい跳ね橋です。塔は、名前の由来にもなっている付近のロンドン塔(86-9)の景観と調和するよう、大理石で覆うという配慮がなされたそうです。どんなアングルで撮ればいいか、いろいろ試行錯誤してみましたが、私の中ではこの画像がベスト・ショットです。2つの塔の間からは、次回以降取り上げていく予定の「カナリー・ワーフ」の高層ビル群が少し顔を出しています。

橋の上部には展望通路がありますが、タワー建設120周年となった昨年の11月、その通路の床がガラス張りになりました! 日本でも東京スカイツリー等に同様の仕掛けがありますが、通路の幅員が狭い割にガラス張りの部分が結構広く、地上の橋(およびテムズ川の水面)がとてもよく見えるので、高い所が大好きな私でも歩くのに相当な恐怖感を味わいました。日本の製造・施工技術であればまだ信頼できるのですが…事実、ここではオープンのわずか2週間後にガラス瓶の落下によって亀裂が入り、さらにヒールを履いた女性が踏んで破損が広がるという事故もあったらしいです…!

橋の内部にはタワー・ブリッジに関する解説や世界各地の有名な橋に関する展示等があって楽しめるのですが、嬉しいことにアジアの言語としては唯一、日本語による表示もありました。近年経済成長が著しい中国や韓国からの旅行者も大勢訪れるようになっているとは思うのですが中国語や韓国語はなく、このようにいまだに日本人旅行者が優遇されているのは、日英同盟以来の長いお付き合いがあるからなのかな、などとも思いました。

|

« 86-13 20 フェンチャーチ・ストリート スカイ・ガーデン(英国・ロンドン) | トップページ | 86-15 地下鉄カナリー・ワーフ駅のプラットフォーム(英国・ロンドン) »

E-1 (ロンドン)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/60943583

この記事へのトラックバック一覧です: 86-14 タワー・ブリッジ(英国・ロンドン):

« 86-13 20 フェンチャーチ・ストリート スカイ・ガーデン(英国・ロンドン) | トップページ | 86-15 地下鉄カナリー・ワーフ駅のプラットフォーム(英国・ロンドン) »