« 87-34 中心街の風景(英国・バース) | トップページ | 87-36 ロイヤル・クレセント(英国・バース) »

2016.01.11

87-35 サーカス(英国・バース)

8735bthccs

「サーカス」とはイギリス英語で円形の広場を意味し、ロンドンの「ピカデリー・サーカス」のように地名にも使われていますが、”The Circus”と名付けられたここは、中心に大樹の植えられた円形の芝生の公園を360度ぐるっと取り囲むようにして、地上3階地下1階の集合住宅が、直径約100m、120度ずつの円弧を描くように3棟建てられている、という幾何学的な都市空間です。これは18世紀、ジョン・ウッド(同じ名前の親子の父)という建築家によって計画され、死後息子によって引き継がれたもので、外観はギリシャ・ローマ建築の様式を踏まえたデザインなのだそうです。石造りの建築物で埋め尽くされた市街地の中心を丸くくりぬいて造った、緑豊かな美しい中庭、といった感じです。

この建築と、次回以降取り上げる予定の「ロイヤル・クレセント」は、ジョン・ウッド親子による歴史的に評価の高いバースの計画的な都市開発の象徴となっているようです。

|

« 87-34 中心街の風景(英国・バース) | トップページ | 87-36 ロイヤル・クレセント(英国・バース) »

E-1 英国」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/63164433

この記事へのトラックバック一覧です: 87-35 サーカス(英国・バース):

« 87-34 中心街の風景(英国・バース) | トップページ | 87-36 ロイヤル・クレセント(英国・バース) »