« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016.01.27

87-49 セブン・シスターズ(英国・シーフォード)

8749sfdsst

これまで当サイト最大の記事数で、約2か月間の長きに渡りお送りしてきた今回のイングランド・シリーズも、49回目となる本日が最終回です。その記念すべき日にお送りするのがこの「セブン・シスターズ」の絶景です。

高さ150mにも達するという7つの頂を持つ、白亜(日本では白墨として知られ、以前はチョークの原材料に使用されていた)の断崖は、波によって根元部分が浸食されて上部が崩れ落ちていくため、このように垂直に切り立った姿になっているのだそうです。

映画「ハリー・ポッター」 シリーズにも登場したらしい、緩やかな緑の丘を削り取ったような断崖の姿は、この世の物とは思えないような荘厳さと迫力があります。1時間も歩き続けた末の出逢いは感動が得られますが、「抹茶ティラミスの断面にも見える」などと言ってしまったら、そのありがたみも半減するでしょうか?

 

当サイトの更新は今回を以ってまた少しお休みとさせていただきます。それではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.26

87-48 セブン・シスターズ・カントリー・パーク その2(英国・シーフォード)

8748sfdsc2

小川が流れる草原の奥に、目指すべき「セブン・シスターズ」の断崖が見えてきています。画面左側には、草が禿げて、断崖と同じく白い泥質の石灰岩が露出し、波を描いているような造形も見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.25

87-47 セブン・シスターズ・カントリー・パーク その1(英国・シーフォード)

8747sfdsc1

海岸に近いこのカントリー・パーク内には、干潟もあります。渦を巻くように地面が割れている、その自然の造形が面白かったので、掲載してみました。当サイトのタイトルにもなっている”URBAN”が全く感じられないショットですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.24

87-46 カントリー・パークのフット・パス(英国・シーフォード)

8746sfdfcp

ブライトンからのバスが到着するヴィジター・センターからセブン・シスターズまでは、カントリー・パークと呼ばれる売店や公衆トイレ等の施設や案内板すらない、自然の中で牛や羊たちが草を食んでいるエリアの中を1時間程歩いての道のりとなります。舗装などされていない道端に咲く白い花は、植えられたものか、自生しているものなのか…?

ちなみに英国では、農村部等を中心に「フット・パス」と呼ばれるこのような公共の散歩道が網の目のように張り巡らされ(総延長22万kmとも!)、私有地の中であっても自由に通り抜けることができるようになっているのだそうです。田園風景の中のフット・パスをのんびりと歩いて散策するというのも、英国を旅する楽しみの一つと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.23

87-45 サットン・パーク・ロード(英国・シーフォード)

8745sfdspr

前回(87-44)に引き続き、ブライトンからセブン・シスターズに向かう2階建てのバスの最前列の席から撮った画像です。

シーフォードの鉄道駅の前から真っ直ぐ延びるこの「駅前通り」の街並みは、前回の風景同様、白い壁と黄色味を帯びたグレーの屋根ですが、それに加えて2階部分に設けられた台形の出窓がずらりと並んでいるのがお洒落に感じられます。この出窓は「ベイ・ウィンドウ」と呼ばれ、その名のとおり、もともと米国・サンフランシスコの住宅が湾岸の景色を楽しむために設けていた物らしく、そんなところにも海沿いの街らしさが感じられます(建物の方角的に海は見えなそうですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.22

87-44 A259沿いの風景(英国・ピースヘイヴン)

8744phv259

年をまたいでお送りしているこのイングランド・シリーズも終盤に差し掛かってきました。今回からは、南海岸沿いに走る幹線道路A259をブライトンから東へ、バスに乗って1時間ほどで行ける景勝地「セブン・シスターズ」を目指します。

この画像は、2階建てバスの最前列という特等席から撮ったものです(窓越しなので若干曇っています)。ロンドンほど人口が多い大都市というわけでもないのに、ブライトンの街なかは2階建てのバスが走り回っており(画面左側に映っているような車体です)、このルートも10分おきと頻発です。

それほど温暖でもない英国に住む人々にとって、海に面した(画面右側の崖の下はすぐ海岸です)このブリテン島南部は、日本でいうところの湘南のような憧れの地なのでないかと想像されます(ヨーロッパ的な感覚ではこんな中途半端な所で我慢せず、気軽に国境を越えて地中海沿岸のリゾート地へ行ってしまうのかもしれませんが)。そんなこの地方の海岸通りの街並みは、白い壁に、どこか明るさと暖かさを感じさせる黄色味を帯びたグレーの屋根の色が印象的です。

ちなみに、英国では、信号のある交差点というのはあまり見かけず、ほとんどが「ラウンドアバウト」と呼ばれる画像のようなロータリー状の交差点となっています。そんなところにも英国らしさを感じる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.20

87-43 オールド・ステイン(英国・ブライトン)

8743brtost

市内のバス路線の拠点にもなっている、ブライトンの街の中心に位置する広場で、今回のシリーズでは珍しい夜の画像です。ブライトンじたいがそれなりの人口を有する都会で、観光客等も多く訪れるので、周囲にレストランやバー等が多く建ち並ぶ一帯は、夜も多くの人々で賑わっています。

この画像はその広場の一角を撮ったもので、画面左側に見えるゲートを通り抜けたその内部にはいくつものテントが設営され、その中ではファスト・フードやアルコール類が提供されたり、音楽の演奏が行われたりしていて、電飾で照らされたその外にはテーブル席が並べられ、お祭りのような雰囲気です。ブライトンでは毎年5月に「ブライトン・フェスティヴァル」という有名な芸術祭が行われているようなので、もしかしたらこれもその一環のイヴェントだったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.19

87-42 ブライトン・ミュージアム・アンド・アート・ギャラリー(英国)

8742brtmag

前回(87-41)ご紹介した「ロイヤル・パビリオン」と同じ敷地内にあるこの建物も、同様にエキゾティックな白亜の巨大な宮殿です。これら2つの建物は庭園の中にあるかのように美しい緑と花に囲まれて建っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.18

87-41 ロイヤル・パビリオン(英国・ブライトン)

8741brtrpv

国王ジョージ4世が皇太子時代の1783年から40年もの歳月と莫大な経費をかけて建設させた離宮で、ブライトンが上流階級の集まる高級リゾート地としての名声を確立してきたのは、この存在があったからこそと言えそうです。日本で例えると、御用邸のある葉山のように。

建物があまりにも巨大で全貌を上手くおさめることができなかったのですが、タマネギ型のドームや無数の尖塔を持つそのインドの宮殿風の外観はとにかくエキゾティックで、宇宙船にすら見えてしまうほど摩訶不思議ないでたちです。

インド風の外観に対し、中国風の意匠をふんだんに取り入れた天井画や壁画を持つ内装もとにかく明るく華やかで、フランスのヴェルサイユ宮殿と同じくらいゴージャスです。ベクトルは全然違いますが。写真撮影禁止だったのでご紹介できないのが残念です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.17

87-40 ブライトン・ピア(英国)

8740brtbtp

ブライトンの海岸から沖に向かって突き出した桟橋で、当初は船の発着に使われていたようですが、その後は古き良き遊園地にあるような乗り物やゲーム・センターを設けた娯楽施設となっています。元々は「パレス・ピア」と呼ばれていただけあって、クラシカルで優雅な空間です。この画像だけでは伝わらないと思いますが、全長は536mとかなり長いです。また、1899年に造られたという桟橋はかなり老朽化が進んでいそうで、所々補修がなされているボードウォークの隙間から遥か下の海面が見え、ちょっと怖いです。

このような、海浜リゾート地に娯楽施設を備えた桟橋を建設するという発想は、同じ英国のブラックプール(映画”Shall we ダンス?“にも登場します)や、米国西海岸のサンタモニカ、東海岸のアトランティックシティにも見られます。どれも同じ頃に完成しているようなので、この時代のアングロ・サクソン諸国における流行だったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.16

87-39 ブライトンの海岸(英国)

8739brtbec

昨年、ラグビーW杯で日本代表が南アフリカ代表を破るという一大ニュースの舞台としても話題となったブライトンは、ロンドンから南へ85kmの距離にある、イギリス海峡に面した都市で、18世紀からロンドンの上流階級の人々の保養地として賑わっていたという、英国でも最も古い歴史を持つリゾート地です。頻発する直通列車に乗れば1時間程で着いてしまうので、ロンドンっ子にとっては最も身近な海浜リゾートと言えるのでしょう。東京人にとっての江ノ島、ロサンゼルスの人にとってのサンタモニカのような。赤茶色をした小石が敷き詰められた海岸に沿って白い外観のリゾート・ホテルが軒を連ね、また観覧車があることからもわかるように娯楽施設も多く、街全体にどこか浮かれた活気が感じられます。このショットは、次回ご紹介する予定の「ブライトン・ピア」から陸側を撮ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.14

87-38 ロイヤル・クレセントからの眺め(英国・バース)

8738bthvrc

以前にも触れましたが、バースは英国内でロンドンに次いで観光客が多く訪れる人気の街らしいです。しかし、その理由が私にはよくわかりません。ローマ時代からの遺跡が残っているというのは凄いことですが、それもローマン・バス(87-33)だけですし、他に世界的に有名な観光資源があるわけでもありません。温泉の街とは言っても、日本の温泉街のように露天風呂と料理が自慢の老舗旅館が何軒も建ち並び、街なかには群馬県・草津の湯畑のような源泉や足湯が楽しめる場所があったり、土産物屋が軒を連ねている、といったような独特な風情もありません。そもそも源泉がありながら、近年になって現代的なスパが開業するまで入浴を楽しめる施設すらしばらくなかったらしいのです。また、確かに街は気品があってそれなりに美しいとは思いますが、わざわざ遠くから訪れるほどでもなく、英国やヨーロッパの他の街と比べて特別に違った魅力があるとも思えません。サーカス(87-35)やロイヤル・クレセントのような目玉となるような建築物はありますが、所詮ただ大きくて丸い(笑)集合住宅ですし…。英国の人たちは、いったい何を求めてこの街にやってくるのでしょうか…?

もしかしたら、その答えは、この画像のような風景にあるのかもしれない、と思いました。イングランドにしては珍しく起伏のあるバースの街の中でも比較的高台に位置するこのロイヤル・クレセントからは、谷底のような場所を流れるエイヴォン川の対岸にある緑の丘が望めます。それはまるで、古代の円形劇場から、青々とした芝生が敷き詰められた舞台と、背景となる緑を眺めているかのようです。観光客は、ロンドンのような大都会にはないこんな風景の中で、のんびりと過ごして癒されるためにこの街を訪れるのかな、と…。

ストラトフォード・アポン・エイヴォンから始まって、コッツウォルズ地方を経由してきた、計38回に渡る中部イングランドを巡る旅は、ここバースで終わりとし、次回からは南海岸地方をご紹介していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.13

87-37 ロイヤル・ヴィクトリア・パーク(英国・バース)

8737bthrvp

画面に映っている見事な芝生は、前回(87-36)取り上げた「ロイヤル・クレセント」の前面に広がっているのと同じもので、「ロイヤル・クレセント」はこの画面の右側にあります。正面奥の集合住宅は、「ロイヤル・クレセント」の半楕円形の弧をそのまま延長したような位置に建っています。

この風景を見ていて私は、米国・サンフランシスコの「アラモ・スクエア」という公園(当サイトでは取り上げていませんが)とその奥の坂道に沿って建つビクトリア調の住宅群、という構図を連想してしまいました。以前NHKで放送されていた人気海外ドラマ「フルハウス」のタイトルバックに出てくる場所、と言えばおわかりいただけるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.12

87-36 ロイヤル・クレセント(英国・バース)

8736bthrcc

前回(87-35)取り上げた「サーカス」同様、ジョン・ウッド(同じ名前の親子の子)によって造られた戸数30、地上3階、地下1階のテラスハウスで、その名のとおり(「クレセント」は、三日月を意味)全体が半楕円形に湾曲し、広大な芝生を囲むように建てられています。「サーカス」とは1本の直線状の街路で結ばれ、バースの市街地において明確な都市軸が形成されています。

この「ロイヤル・クレセント」や「サーカス」のように、円形の広場を囲むように集合住宅を建てるという発想は当時画期的だったようで、また、ヨーロッパの人々の琴線に触れる造形だったのか、特に英国各地にこれらの影響を受けたと思われる建築が多く見られます。ちょっと変わったところでは、こんなパロディーも。

私自身の感想としては…大きくて、丸くて、凄いな…というだけで、それ以上でもそれ以下でもなく、特に美しいとも思いませんでしたが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.11

87-35 サーカス(英国・バース)

8735bthccs

「サーカス」とはイギリス英語で円形の広場を意味し、ロンドンの「ピカデリー・サーカス」のように地名にも使われていますが、”The Circus”と名付けられたここは、中心に大樹の植えられた円形の芝生の公園を360度ぐるっと取り囲むようにして、地上3階地下1階の集合住宅が、直径約100m、120度ずつの円弧を描くように3棟建てられている、という幾何学的な都市空間です。これは18世紀、ジョン・ウッド(同じ名前の親子の父)という建築家によって計画され、死後息子によって引き継がれたもので、外観はギリシャ・ローマ建築の様式を踏まえたデザインなのだそうです。石造りの建築物で埋め尽くされた市街地の中心を丸くくりぬいて造った、緑豊かな美しい中庭、といった感じです。

この建築と、次回以降取り上げる予定の「ロイヤル・クレセント」は、ジョン・ウッド親子による歴史的に評価の高いバースの計画的な都市開発の象徴となっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.10

87-34 中心街の風景(英国・バース)

8734bthtcc

18世紀のジョージ3世時代に建てられた「ジョージアン形式」と呼ばれるテラスハウス(日本風に言ってしまえば、「長屋」)等の優雅な建築で埋め尽くされ、全体が世界遺産に指定されているバースの市街地の中でも、とりわけ駅に近いこの一帯は高さの揃った、眩いほどに輝く白い石造りの街並みが美しく、歩行者天国のショッピング・エリアとしても多くの人で賑わっています。

そんな中心街の小さな広場に人工芝を敷いてデッキ・チェアーを並べ、日光浴のための空間が設けられていました。英国をはじめ、冬が長く寒冷な高緯度地域に暮らすヨーロッパの人々は夏の太陽への憧れが強く、日光浴が大好きという話を聞いたことがありますが、公園や水辺のような自然に囲まれた場所ならともかく、こんな街中でわざわざ陽に当たっているという光景が面白く感じられました。さすがに服を脱いでいる方はいらっしゃらないようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.09

87-33 ローマン・バス(英国・バース)

8733bthrmb

前回(87-32)取り上げたチッペナムに近接するバースは、ロンドンから西へ鉄道で1時間半ほどの距離にある都市です。浴場を意味する英語の"bath"という単語はこの街の名が語源になっているという説もあるほど、ローマ時代に温泉の街として栄えた所で、18世紀には上流階級が集う高級リゾート地となり、そして現在もなお英国を代表する観光地であり続けています。

そんなバースの街の中心に位置しているのが、最大の観光資源である、紀元前1世紀のローマ時代の温泉施設です。この地域で採れた石灰岩で造られたバースの市街地の建築群の中でも、この建物の石積みは一際重厚で、三角形のペディメント(破風)やクラシカルな列柱や外壁の汚れ具合に古代以来の歴史を感じながらも、その割にはずっと以後になって建てられたはずの周囲の街並みの中にしっくり溶け込んでるなぁ…などと思っていたのですが、実は地上に見えているこの建物は19世紀に建てられたもので、ローマ時代以来の遺跡の部分は街路より下層に埋まっているのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.07

87-32 ニュー・ロード(英国・チッペナム)

8732cphnrd

コッツウォルズ地方を巡る旅の最後にご紹介するのが、この街です。鉄道駅のあるチッペナムは、前回まで(87-2831)取り上げてきたカースルクームにアクセスする唯一の路線バスが発着する街です。この地方の中では比較的大きな街のようで、これまで取り上げてきたコッツウォルズの小さな観光地にはない、日常的な賑わいが感じられます。また、1,000年以上の歴史を持つ古い街でもあり、街の中心の教会をはじめとして歴史的な建物も残っているようです。

画像の通りは、駅前からハイ・ストリートに通じる道です。奥には鉄道高架橋のアーチが見えていますが、色の濃いレンガで覆われた石造りの感じが重々しく、ローマ帝国時代の水道橋を連想させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.05

87-31 川沿いの風景(英国・カースルクーム)

8731ccbrss

カースルクームの街をマーケット・クロス(87-28)から南下してきて、あっという間に街の南端のこの場所に辿り着いてしまいました。

自然に囲まれたこの小さな、小さな街には公園などありませんが、バイ・ザ・ブルック川に面した、歩道程の幅の、ベンチがわずか3つ置かれたこの小さな空間が、街で唯一の憩いの場所となっているようです。帰りのバスが来るまで何もする事がなく時間を持て余してしまうこの街で、暖かい陽射しと涼しい風を浴び、鳥の声とせせらぎを聞き、ホテルでもらった小さなリンゴを丸かじりしながらこの場所でのんびりと過ごしたのもよい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.04

87-30 カースルクームの屋根並み(英国)

8730ccbrfs

カースルクームの街全体を、ザ・ストリートがバイ・ザ・ブルック川を渡る橋の上から遠巻きに撮った画像です。緑の山に囲まれた谷底の集落の屋根並みの上から、いくつもの煙突がニョキニョキと空に向かって伸びている風景は、何だか絵本の中にでも出てきそうな感じです。澄んだ青空を何本もの飛行機雲が横切っている光景も印象的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.03

87-29 ザ・ストリート(英国・カースルクーム)

8729ccbtst

この街は一本道に沿って、3分も歩けば通り過ぎてしまうような集落ができていて、その一本道がその名も「ザ・ストリート」と呼ばれています。この通り沿いに商店は…確か駅の売店程の大きさの土産物屋があったような…。街全体としても、確か宿が3軒程、食事がとれる場所が2軒程しかなかったように思います。

英国でも最も古いという家並みは、手造り感溢れるハチミツ色の外壁とグレーに葺かれた屋根で揃えられていて、しっとりと落ち着いた感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.02

87-28 マーケット・クロス(英国・カースルクーム)

8728ccbmkc

あけましておめでとうございます。

コッツウォルズ地方も、だいぶ南の方までやってきました。

このカースルクームは、バイブリー(87-2023)同様「英国で最も美しい」という称号を与えられていて、小さく、交通が不便でありながらコッツウォルズ地方の中でも特に観光客に人気のある街です。そんな街の、路線バスも発着する小さな広場がこの画像です。この広場には「マーケット・クロス」(87-16参照)があるのですが、この街では東屋のような構造物の屋根の上に立っています。ちなみに、その手前にある背の低い石碑のような台は、馬の乗り降りのために使われたものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »