« 89-12 二子玉川ライズ(東京都世田谷区) | トップページ | 89-14 よみうりV通りからの眺め(東京都稲城市) »

2016.04.23

89-13 光が丘パークタウン(東京都練馬区)

8913hpt

光が丘パークタウンは、都内でも有数の面積を持つ都立光が丘公園と一体的に開発されたニュータウンで、約186haの面積の中に多くの公園が点在するとともに公団・公社の中高層住宅が建ち並び、約3万人の人々が暮らしています。戦前、旧日本陸軍の成増(なります)飛行場だった場所が、戦後連合軍に接収され、「グラントハイツ」(米国第18代大統領グラントの名に由来)と名付けられた米空軍の家族宿舎として使われ、1973年に全面返還されたという経緯があり、新たなまちづくりが行われ住宅への入居が開始されたのは1980年代のことです。

立派な緑地帯を備えた広々とした道路が真っ直ぐ伸び、沿道に高層住宅が整然と建ち並ぶ様は近代的な風景で、大陸的な雄大ささえ感じられ、周りを取り囲む練馬の市街地とは明らかに異質な空間です。地域内にはショッピング・センター等の商業・娯楽施設や各種公益施設が一通り揃っており、タウン外に出なくてもほとんどの用が足りそうな上に、タウンの中心に位置する「光が丘駅」が始発となっている都営地下鉄大江戸線に乗ってしまえば地上の景色を見ることなく都心部に直通できるので、歴史的背景もあってかタウン全体が「治外法権」の独立国家のような趣すらあります。また、先日ご紹介した「八潮パークタウン」(89-8)同様、この街にも80年代に造られたニュータウンらしい香りがそこかしこに漂っています。入居開始から30年以上経過したこのような団地の街というのは、全国的に見て高齢化が進んでいることが多いようですが、新宿まで直通20分強というアクセス利便性を誇るこの街は、いまだに若いファミリー層に人気があり、高齢化率は全国平均に比べ低め(あくまで「今のところ」で、今後は急激に上昇する予測です)とのことで、街全体からどこか若々しい活気が感じられるような気がします。

|

« 89-12 二子玉川ライズ(東京都世田谷区) | トップページ | 89-14 よみうりV通りからの眺め(東京都稲城市) »

J-06 東京都区部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/64923809

この記事へのトラックバック一覧です: 89-13 光が丘パークタウン(東京都練馬区):

« 89-12 二子玉川ライズ(東京都世田谷区) | トップページ | 89-14 よみうりV通りからの眺め(東京都稲城市) »