« 89-15 多磨霊園(東京都) | トップページ | 89-17 中央南北線沿道の風景(東京都立川市) »

2016.04.26

89-16 立川基地跡地の風景(東京都)

8916tyotka

JR中央線北側の、立川市から昭島市にかけての土地にはかつて、1922年に建設された陸軍の「立川飛行場」がありました。それが戦後「米軍立川基地」となり、その広大な敷地は1977年までに段階的に返還され、その中央部は有名な「国営昭和記念公園」に、東側は陸上自衛隊立川駐屯地の他、海上保安庁・警視庁・東京消防庁など各官公庁の施設が設けられた「立川広域防災基地」となり、1994年には一部がファーレ立川として先行開業するとともに近年に至るまで再開発が続けられています。国や都、市の各種施設が林立する風景はさながら、「ミニつくば」といった様相を呈しています。

このあたり一帯は、幅の広い道路が真っ直ぐに引かれ、それぞれの大きな敷地の真ん中にそれなりに高さのある巨大な建築物がぽつんと建ち、その周りを広々としたオープン・スペースが取り囲む、という都市景観が続いています。最近開発された「新都心」と呼ばれるような街はどこもこんな感じなので、これが現代の日本における理想都市の雛形とされているのでしょうが、私には、このだだっ広さがどこか寒々しく感じられてしまいます。木々の葉が落ち、芝の緑等、風景を構成する全ての色が淡くなる、画像のような真冬の季節などにはなおさら。

|

« 89-15 多磨霊園(東京都) | トップページ | 89-17 中央南北線沿道の風景(東京都立川市) »

J-07 東京都下」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/65093840

この記事へのトラックバック一覧です: 89-16 立川基地跡地の風景(東京都):

« 89-15 多磨霊園(東京都) | トップページ | 89-17 中央南北線沿道の風景(東京都立川市) »