« 89-21 間々下海岸(東京都新島村) | トップページ | 89-23 羽伏浦海岸(東京都新島村) »

2016.05.13

89-22 砂んごいの道(東京都新島村)

8922tyosgm

新島の中心的な集落「本村(ほんそん)」は、島の中央部の平地に歩き回れる範囲で広がっており、商店や公益施設等は特定のメイン・ストリート沿いに集まっているというよりは、集落全体に散らばって住宅街の中に混在しています(開いているのか閉まっているのかよくわからない店が多く、開いている店を見つけるのにちょっと苦労します)。また街並みとしては、先日(89-20)取り上げた「抗火石」を家屋の壁や屋根、あるいは倉庫や石垣等に用いている家が多く、独特の「石の景観」が形成され、それを見ながらぶらぶらと散策するのが楽しい街です。

そんな本村の集落の中でも、特にこの道は積み重ねられた抗火石の石垣と生垣が整然としています。タイトルの「砂んごいの道」とは新島の方言で「舗装されていない自然のままの砂の道」という意味で、ほんの半世紀前まで新島ではほとんどの道がこのような状態だったそうです。今ではそんな道も少なくなりましたがこの場所は昔のままに保存され、島の観光情報サイト等でも紹介されるような、ノスタルジックで素朴な味わいのある小さな名所になっています。

独特な文化を持つ、美しい海に囲まれた小さな南の島の、どこが中心というわけでもなく面的に広がった市街地の中の、地域の風土を感じさせる石垣に囲まれた舗装されていない砂の道…。以前当サイトでもご紹介した沖縄・竹富島の風景に通じる部分がとても多いように感じます。

|

« 89-21 間々下海岸(東京都新島村) | トップページ | 89-23 羽伏浦海岸(東京都新島村) »

J-07 東京都下」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/65363995

この記事へのトラックバック一覧です: 89-22 砂んごいの道(東京都新島村):

« 89-21 間々下海岸(東京都新島村) | トップページ | 89-23 羽伏浦海岸(東京都新島村) »