« 90-16 石川県政記念しいのき迎賓館(金沢市) | トップページ | 90-18 ガレリアポケット(福井県福井市) »

2016.08.26

90-17 金沢21世紀美術館(石川県)

9017hse21m

2004年に開館した現代アートの美術館で、鑑賞者もその一部になれる体感型の作品が多いのが特徴です。無料エリアが多いこともあってか、国内でもトップクラスの入場者数を誇り、開館以降、金沢の新しい観光名所として不動の地位を確立しています。

この美術館は建築的にも大変な注目を集めています。金沢中心部に立地する公園のような施設を目指し、三方を道路に囲まれた敷地内にどこからでも人々が訪れることができるようにと、建物の平面形状は正面や裏といった区別がない円形で、外観はガラス張りの開放感ある建物となっています。

…というコンセプトが優れていたとしても、それをそのまま3次元化したからといって必ずしも美しいものができあがるとは限らない…と思うのですが、設計者の建築家ユニット「SANAA」がこの作品でヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展最高賞の「金獅子賞」を獲得するなど、建築界での評判はすこぶる良かったようなので、最近の建築関係の人はこういうのがお好きなんだなぁ、と若干冷めた目で見ていました。

そんなこの建物の写真を何枚か撮った中で比較的気に入ったのがこのショットです。円盤状の屋根の上にそれぞれ高さの異なる白い直方体がランダムに建ち並んでいるように見える建築なのですが、白一色のはずの複数のキューブに高さと陰影で変化がつくと表情が出て面白いな、と感じました。前方に建つカラフルなアート作品と対比させるとなおさら…(こちらも円形という相似性です)。

辛口(?)ついでにもう一つ。ジェームズ・タレル氏の作品を香川県・直島町の「地中美術館」で見た時(「オープン・スカイ」)はとても感動したのですが、その後にここの「ブルー・プラネット・スカイ」(無料で鑑賞可能)を見たら、期待が大きかった分がっかりしてしまいました。似たような作品なのに何が違うのでしょう? 見た順番とか、単に私の感じ方の問題なのでしょうか?

|

« 90-16 石川県政記念しいのき迎賓館(金沢市) | トップページ | 90-18 ガレリアポケット(福井県福井市) »

J-11 (金沢)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/67014137

この記事へのトラックバック一覧です: 90-17 金沢21世紀美術館(石川県):

« 90-16 石川県政記念しいのき迎賓館(金沢市) | トップページ | 90-18 ガレリアポケット(福井県福井市) »