« 91-1 札幌市電狸小路停留場(北海道) | トップページ | 91-3 藻岩山から見た札幌市街(北海道) »

2016.12.08

91-2 札幌駅前通地下歩行空間(北海道)

9102hkdckh

札幌駅から南に延びる「札幌駅前通」の地下に、地下鉄大通駅までの520mに渡って整備され、2011年に開通した幅員12mの地下道で、「チ・カ・ホ」という若干気恥ずかしい愛称が付けられています。

両側に商店が隙間なく並ぶようないわゆる「地下街」ではなく、今後沿道のビル事業者に地下歩行空間への接続を促していく、という仕組みになっているので、現在地下道から直接アクセスできる商業施設は画像の場所を含め数カ所に留まり、ほとんどの区間が壁に挟まれています。その代わり、歩行空間の一部を「広場」と位置づけ、各種イヴェントや展示・情報発信・プロモーションなどの開催を可能にすることで何とか賑わいを創出しようと試みているようです。

…という、沿道に景色の変化があるわけでもなく、ただでさえ面白みのない閉鎖的な地下道が延々と続くのに、内装も照明もとにかく暗いのが気になりました。それも福岡市の「天神地下街」のように温もりを感じるような暗さではなく、いかにも「公共施設」といった感じの冷たい暗さで、ただただせわしない人々の靴音だけが空間にこだましているのが印象的でした。

陽射しやそよ風が感じられる地上であれば、街行く人々の姿を眺めながらくつろげるテラス席を、沿道の飲食店が通りに面して設けていたりしても全く不自然ではないのですが、同じことが画像のように薄暗い地下空間で行われて果たして楽しいのか?という大きな疑問が湧きました。北国ゆえ冬の寒さや積雪を避けなければいけないという事情はあるにせよ…。そんな北の大都会の人々のライフ・スタイルが、私にはとても不思議に感じられました。

|

« 91-1 札幌市電狸小路停留場(北海道) | トップページ | 91-3 藻岩山から見た札幌市街(北海道) »

J-02 道央・道南」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/68634909

この記事へのトラックバック一覧です: 91-2 札幌駅前通地下歩行空間(北海道):

« 91-1 札幌市電狸小路停留場(北海道) | トップページ | 91-3 藻岩山から見た札幌市街(北海道) »