« アーバン・ツアーズ 2017春の祭典SP 北近畿の風景 | トップページ | 92-2 JR大阪駅(大阪市) »

2017.04.08

92-1 うめきた広場の夜景(大阪市)

9201kkkukh

西日本最大の駅であるJR大阪駅の北口には、かつて「梅田貨物駅」を中心とする約24haの「梅田北ヤード」が広がっていました。そんな「大阪最後の一等地」の内、東側約7haが「グランフロント大阪」として先行開発され、4棟の高層ビルにショッピング・モール、レストラン・カフェ、オフィス、ホテル、コンベンション・センター、劇場、分譲住宅といった都市機能が複合的に導入されました。2013年に開業したこの再開発地区の入口部分に設けられたのが面積約1haのこの「うめきた広場」です。

この広場は駅前によくありがちなバスとタクシーで埋め尽くされた交通広場ではなく、純粋に歩行者のための広場で、広場内にある地上2階建ての商業・多目的ホール「うめきたSHIP」の建築も含め、滝も流れる広い空間全体が現代アートのようなランドスケープとなっています。正面に見える2011年オープンの駅ビル「大阪ステーションシティ」の、ダイナミックな吹き抜けを持つ「ノースゲートビルディング」が、フランス・パリ郊外の新都心「ラ・デファンス」の新凱旋門(グランド・アルシュ)のようにも見えます。そのアーチの内側の空間を縦に、横に、そして斜めに、ブリッジや階段、エスカレータ、エレベータが3Dに行き交っている様に近未来が感じられます。

 

|

« アーバン・ツアーズ 2017春の祭典SP 北近畿の風景 | トップページ | 92-2 JR大阪駅(大阪市) »

J-12 (京阪神)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/70065415

この記事へのトラックバック一覧です: 92-1 うめきた広場の夜景(大阪市):

« アーバン・ツアーズ 2017春の祭典SP 北近畿の風景 | トップページ | 92-2 JR大阪駅(大阪市) »