« 95-3 マリンアンドウォークヨコハマ(横浜市) | トップページ | 95-5 川崎駅東口駅前広場(川崎市) »

2018.05.10

95-4 東急田園都市線たまプラーザ駅(横浜市)

9504kngtps

プラットフォームの大半が人工地盤で覆われた半地下構造の駅で、所々に開口部が設けられ、吹き抜けとなっています。改札階の床の舗装パターンや梁などには円弧を描くようなデザインが多用され、全体として波紋が広がる水面のように感じられます。2006年から2010年にかけて行われた再開発によって駅上部には商業施設「たまプラーザテラス」が設けられていますが、その内改札上部の3フロア分が吹き抜け構造、側面が全面ガラス張りのアトリウムとなっています。この駅舎は、社団法人鉄道建築協会による鉄道建築協会賞の作品部門で最高の賞である「最優秀協会賞」を受賞したそうです。

ここは、1960年代から東京急行電鉄主導により鉄道新線の建設と一体化した都市開発が行われた「多摩田園都市」内に立地しています。その名のとおり、ハワードの提唱した「田園都市」構想の理念をもとに開発された「多摩田園都市」の範囲は神奈川県川崎市・横浜市・大和市、東京都町田市の行政区域に跨り、東西約20km、総面積約5,000haにも及ぶという大規模なものですが、急行が停車し、商業施設が集積するこの駅はその中心とすべく、東京急行電鉄社長であった五島昇氏によって「プラーザ」と命名されました。今では商業施設等の名称として一般的で、誰もが「plaza=広場」とわかるこのスペイン語ですが、1966年の開業当時にはかなり斬新で画期的なネーミングだったものと思われます。

たまプラーザは1980年代には、当時放送されたTVドラマ「金曜日の妻たちへ」シリーズの舞台となりました。東京郊外の新興住宅地での中流より少し上で都会的かつおしゃれな暮らしぶりを描いたドラマは大ヒットし、バブル期にはこの地区の地価は急騰。現在でも東急田園都市線沿線は住宅地としての人気を保ち続けています。

個人的な話になりますが、私が都市景観に興味を持つようになった最初のきっかけは、小学生の時、この駅に降り立ったことです。当時私が住んでいた川沿いの低地の、農村だった場所が無秩序に市街化されてできたような地域とは全く異なる、バス・ターミナルを中心とした広場が整備された、丘の上の整然として洗練されたここの駅前の風景は衝撃的なものでした。あの頃感じたような、郊外らしい眩しいほどの空の高さは既になく、今では建物に囲まれ大屋根の架かった都心と変わらないような風景にすっかり変わってしまいましたが。

|

« 95-3 マリンアンドウォークヨコハマ(横浜市) | トップページ | 95-5 川崎駅東口駅前広場(川崎市) »

J-08 (横浜)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/73280123

この記事へのトラックバック一覧です: 95-4 東急田園都市線たまプラーザ駅(横浜市):

« 95-3 マリンアンドウォークヨコハマ(横浜市) | トップページ | 95-5 川崎駅東口駅前広場(川崎市) »