« 2018年1月 | トップページ

2018年5月

2018.05.24

95-17 箱根彫刻の森美術館(神奈川県)

9517knghom

フジサンケイグループによって運営されているので、フジテレビを見ているとよく目や耳にする施設ですが、日本初の野外美術館として1969年に開館したもので、約70,000㎡の敷地に近現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されています。 

箱根山中の起伏のある土地の、美しく刈り取られた芝生の上にアート群が配置されていますが、背景となる周囲の山々も含めた風景全体そのものが一つの芸術作品のように感じられる、心地よい環境の彫刻庭園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.23

95-16 宮ヶ瀬湖畔園地(神奈川県清川村)

9516kngmke

「宮ヶ瀬湖」は、県西部・東丹沢の山間地にある宮ケ瀬ダムの建設によってできたダム湖で、2000年に完成しました。ダムの建設にあたっては観光による地域振興が重視されたのか、湖が面する各自治体それぞれに(平等に)観光の拠点が整備されています。清川村に属するこの「宮ヶ瀬湖畔園地」もその一つで、画像の2.5haの芝生が広がるゴルフ場を思わせる「けやき広場」や、カヌー体験ができる「親水池」等があり、様々なレクリエーションが楽しめるようになっている…のですが、元々の急峻な地形ではありえないであろう大規模な造成による、この広い平地や浅い池などの爽快な風景が、私にはとても不自然に感じられてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.22

95-15 大山阿夫利神社の石段(神奈川県伊勢原市)

9515kngoas

大山阿夫利神社は、2200年以上も前に創建されたという古い歴史を持ち、「大山詣り」が隆盛を極めた江戸時代には年間数十万人が参詣したという記録も残っているという、落語の題材ともなる程関東では有名な神社です。

びっくりするほど急斜面な山の上にある境内はとても見晴らしがいいのですが、そんな地形から浮き上がっているようにすら見えるのがこの石段で、比較的近年造り替えられたばかりなのか、妙に真っ白く、春の陽射しの中で眩いほど輝いているのが印象的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.21

95-14 大磯ロングビーチ(神奈川県)

9514kngolb

相模湾に面した土地に、「大磯プリンスホテル」を併設し、屋外プールを主体としたレジャー施設です。開業は1957年で、かつてはアイドルの水泳大会のTV収録が行われた場所としても有名でした。

画像はプールが閉鎖されたシーズン・オフの風景です。目の前に広がる海のスケールに負けない広大な敷地と、海岸線に沿って一直線に並べられたパラソル群の壮観さが、人がいないことでますます際立っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.20

95-13 木もれびの森(相模原市)

9513kngkbm

当サイト初登場となる相模原市は、2010年に19番目の政令指定都市となった、70万以上の人口を有する市ですが、その規模に比して商業・業務の拠点性は弱く、どちらかというと東京郊外のベッドタウンとしての性格を強く持つ都市です。

そんな市街化が進んだ市域中央部の台地上に広がる、コナラ、クヌギなどを主体とした73haのまとまりを持つ樹林地を、遊歩道や芝生広場などを備えた緑地として整備したのが、この相模原中央緑地(通称「木もれびの森」)です。

住宅街に隣接して、このように先が見え見通せないほど果てしなく続く道が貫くような、平面的に広がる美しく、神秘的な森があるというのは、東京都心からある程度距離があり(3040km)、地形が平坦な相模原という地域でなければ享受できない、恵まれた住環境なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.19

95-12 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(神奈川県)

9512kngsfc

「総合政策」「環境情報」という、それまで誰も聞いたこともなかったような名称の学部とともに、1990年の開設から「AO入試」をはじめとする画期的な教育制度をいくつも導入し、時代を先取りしてきたキャンパスです。そういえば、同じ慶應義塾大学の日吉キャンパスを取り上げた当サイトの昔の記事(「来往舎」)へのアクセスがなぜか多いのが不思議ですが…。

キャンパスの設計を手がけたのは「代官山ヒルサイドテラス」等で有名な槇文彦氏で、肥料の臭い漂う藤沢市北部の農村地帯(失礼!)のど真ん中に、東京都心の代官山を思わせるモダニズム建築群がお行儀よく配置されています。

四角い建物が多いキャンパス内で一際目立つのが、楕円形の平面形状を持つ画面右側の大講義室棟(Ω館)です(各棟にギリシャ文字の名が付けられているのは知的でおしゃれな感じがしますね)。遊水池を望むこの場所に面して食堂やカフェテリアのような厚生施設が設けられているということは、ここがキャンパスのシンボル、かつ最もフォトジェニックな空間という位置づけなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.18

95-11 テラスモール湘南の裏側(神奈川県藤沢市)

9511kngtms

別にそういうタイトルの暴露本を出そうとかいう訳ではなく(笑)、前回(95-10)掲載した、ショッピング・モールの駅前通りに面した「表側」の、「物理的な」反対側、つまり裏にあたる場所の風景についてのお話です。従業員用の駐輪場や設備機器といった「景観阻害要素」は、こうした建物の裏側に配置されることが多いものですが、ここでは街の景観に配慮して、植栽で囲ったり、ランダムに穴を開けて圧迫感を軽減させた囲いで隠したりしています。のっぺらぼうになりがちな、窓のない巨大な建物の壁面も、きめ細かくカラーリングされ、「分節化」が図られています。

ただ、屋上の駐車場へと向かうスロープの構造だけはどうしても大袈裟になってしまわざるを得ないのか…かつて東京湾岸に存在していた世界最大・史上最大の屋内スキー場「ザウス」を思わせるゴツさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.17

95-10 辻堂駅北口(神奈川県藤沢市)

9510kngnts

以前当サイトでご紹介したのと同じ場所を、その3年後に撮影したものです。リーマン・ショックにもめげず、辻堂駅北口の大規模再開発地区「湘南C-X(シークロス)」には順調に商業・業務施設等が進出し、分譲マンションも建設されて、すっかり街らしくなってきました。中でも再開発事業の目玉とも言える画像左側のショッピング・モール「テラスモール湘南」は駅前という立地にも恵まれ、開業前の想定を上回る業績を上げているようです。建物の真っ白い外観が春の陽光を反射し、湘南という地域のイメージにふさわしい眩しさが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.16

95-9 馬堀海岸(神奈川県横須賀市)

9509kngmbk

市の中心部から少し外れた、東京湾を埋め立てて造成された住宅地の前面に広がる、直線的な海岸の夕景です。海沿いにはどうして夕暮れの風景が似合うのでしょう? 太陽が沈み夜が始まるという宇宙の営みのようなダイナミックなショーを鑑賞するには、水平線が望めるほど視界の開けた海のような広々とした場所が相応しいからでしょうか。

この海岸には、横須賀市内の海沿い約10kmを結ぶ「うみかぜの路(海と緑の10,000メートルプロムナード)」の一部を形成する、カナリーヤシ(フェニックス)が列植されたプロムナードが1,650mに渡って整備されています。樹種は「あの場所にはパームツリーが似合うんじゃないか」という地元出身の有力政治家(というか、元首相…)の鶴の一声で決まったとか…そんな噂も聞きました。

ところで、ただのプロムナードにしては造りがやや大袈裟で、大きな石が敷き詰められて立ち入れない空間が妙に幅を取っているのには訳があって…実はこの海岸の後背地は、平成7年と8年の台風による高潮の浸水災害に相次いで見舞われ、高潮対策が求められることとなりました(内側に湾曲した以前の海岸線を見れば、元々海中だったのを人工的に埋め立てたこの土地が高波に晒されるのも無理もない気もしますが…)。一方で、海を望む開放的な景観を維持するために、従来の護岸をより「高く」するのではなく、70mという「幅」を持たせた面的な形状にすることで高波を防ぐという手法が採用され、この新しい護岸は平成17年に完成しました。具体的には、水面下に設けられた人工リーフの緩やかな傾斜で波を弱めるとともに、護岸上に打ち上げられた高波は画面に映る石の隙間から浸透し、海中に排出されるという仕組みになっているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.14

95-8 多摩川沿いの市営住宅(川崎市)

9508kngsnj

対岸の東京都調布市側から見た風景です。樹木が生い茂る土手の奥に聳える高層建築群の姿は、川沿いに築かれた中世ヨーロッパの砦のようにも見えます。

この建築は、「川の流れに沿った住棟の配置」「明るく落ち着いた色づかいの外壁」「スカイラインに違和感を与えないような屋上エレベーター施設の屋根形状」等が評価されて、川崎市の大規模建築物景観形成指針のパンフレットに紹介されていた…ように記憶しています(というより、「市営」住宅ですので、市自らがこの住宅を都市景観形成のモデルとなるように整備した、という手前味噌なのでしょうが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.13

95-7 緑ヶ丘霊園(川崎市)

9507kngmoc

標高45m前後の多摩丘陵上に立地する、眺めのよい公営墓地の、桜が満開の時期の画像です。園内には数百本のソメイヨシノの大木が植えられた並木道が形成されており、地元ではちょっとした花見の名所となっています。

この風景を見ていて気づいた、とてもくだらないことなのですが…、碁盤の目状に整然と区画された墓地に墓石が並んでいる様は…ニューヨーク・マンハッタンの摩天楼群を上空から見ているようだな、と…。スミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.12

95-6 武蔵小杉のタワー・マンション群(川崎市)

9506kngmsk

以前の姿を知る者からすれば、武蔵小杉という街の近年の変貌ぶりには信じられないものがあります。元々JR南武線との乗り換え駅であった武蔵小杉は、渋谷と横浜を結び、中目黒、自由が丘田園調布…といった華やかな商業地や高級住宅街を沿線に持つ東急東横線の中では地味な存在でした。

そんな駅に2000年、都内の地下鉄2路線と相互直通運転を行う東急目黒線が新たに乗り入れました。続いて2010年、近くを走っていたJR横須賀線にも駅が開設されることとなりました。同時に「湘南新宿ライン」が乗り入れ、東京、品川、新宿、池袋といった都内のターミナル駅や、関東地方の主要な都市のほとんど、さらに成田国際空港へも直通で行けるようになりました。2013年には、東急東横線が東京メトロ副都心線・西武池袋線・東武東上線との相互直通運転を開始しています。このような鉄道利便性向上の動きは今後も続き、数年以内には相模鉄道も乗り入れ、東海道新幹線新横浜駅や神奈川県央地域へのアクセスも改善する予定です。(余談ですが、これに加えて川崎市営地下鉄の乗り入れ計画も存在しました。中止にはなりましたが、もし実現していたらこの街はいったいどうなっていたでしょうか?)

この動きと並行して、2000年代後半から駅周辺に広がっていた広大な工場や企業の運動場の敷地が再開発されて複数の大手ディヴェロッパーによる10棟以上もの超高層マンション群が次々と建設されています。それにともないおしゃれな商業施設も続々とオープンしました。全国的な傾向とは逆に人口は急増、地価は上昇し、マスコミで取り上げられる機会も増え、各種アンケート調査による首都圏で住みたい街の上位にもランキングされるようになるなど、何かとイメージの悪い川崎市にある街とは思えないほどの、ドバイのようなバブル状態を謳歌しています。なんでも、駅のキャパシティが乗降客数の急激な増加に追いつかず、朝ラッシュ時には改札に入るための行列に並ぶ必要があるという事態も発生しているとか…。

今回掲載した画像は、子供のための遊び場が整備されたあるショッピング・モールの屋上庭園から撮影したものです。ベビー・カーを押したたくさんの若い母親たちで賑わう光景を見ていると、日本の「少子化」って本当か?と思ってしまいます。画面に映っている数の3倍以上ものタワー・マンション群が密集している武蔵小杉のスカイラインは、遠くから見るとさながら「都心」です。超高層建築の谷間にあたる地上レヴェルでこの街の風景を撮ろうとするとどうしても日影になってしまうので、このような日当たりのよいビュー・スポットができたのはよいことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.11

95-5 川崎駅東口駅前広場(川崎市)

9505kngksp

首都圏でも屈指の乗降客数を誇る、政令指定都市・川崎市の拠点の一つとなる駅の、駅前の風景です。

かつてこの広大な駅前広場には、島状に分かれたバス乗り場がいくつもあり、一旦地下街に下りてから再度階段を上ってそれぞれにアクセスする必要があったのですが、2011年に完成した駅前広場の整備事業によって乗り場の再編が図られ、横断歩道やエレベーターでのバリアフリーな移動が可能になりました。それとともに、広場の視界を遮っていた地下街に通じる階段やトップライトの屋根と壁面は透明な素材に変わり、開放的な空間となりました。最近の流行りなのか、表面には模様のついたフィルムが貼られ、微かに表情がつけられています。夜になると、駅前広場には輝くガラスの構造体が浮かび上がり、未来的な夜景が見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.10

95-4 東急田園都市線たまプラーザ駅(横浜市)

9504kngtps

プラットフォームの大半が人工地盤で覆われた半地下構造の駅で、所々に開口部が設けられ、吹き抜けとなっています。改札階の床の舗装パターンや梁などには円弧を描くようなデザインが多用され、全体として波紋が広がる水面のように感じられます。2006年から2010年にかけて行われた再開発によって駅上部には商業施設「たまプラーザテラス」が設けられていますが、その内改札上部の3フロア分が吹き抜け構造、側面が全面ガラス張りのアトリウムとなっています。この駅舎は、社団法人鉄道建築協会による鉄道建築協会賞の作品部門で最高の賞である「最優秀協会賞」を受賞したそうです。

ここは、1960年代から東京急行電鉄主導により鉄道新線の建設と一体化した都市開発が行われた「多摩田園都市」内に立地しています。その名のとおり、ハワードの提唱した「田園都市」構想の理念をもとに開発された「多摩田園都市」の範囲は神奈川県川崎市・横浜市・大和市、東京都町田市の行政区域に跨り、東西約20km、総面積約5,000haにも及ぶという大規模なものですが、急行が停車し、商業施設が集積するこの駅はその中心とすべく、東京急行電鉄社長であった五島昇氏によって「プラーザ」と命名されました。今では商業施設等の名称として一般的で、誰もが「plaza=広場」とわかるこのスペイン語ですが、1966年の開業当時にはかなり斬新で画期的なネーミングだったものと思われます。

たまプラーザは1980年代には、当時放送されたTVドラマ「金曜日の妻たちへ」シリーズの舞台となりました。東京郊外の新興住宅地での中流より少し上で都会的かつおしゃれな暮らしぶりを描いたドラマは大ヒットし、バブル期にはこの地区の地価は急騰。現在でも東急田園都市線沿線は住宅地としての人気を保ち続けています。

個人的な話になりますが、私が都市景観に興味を持つようになった最初のきっかけは、小学生の時、この駅に降り立ったことです。当時私が住んでいた川沿いの低地の、農村だった場所が無秩序に市街化されてできたような地域とは全く異なる、バス・ターミナルを中心とした広場が整備された、丘の上の整然として洗練されたここの駅前の風景は衝撃的なものでした。あの頃感じたような、郊外らしい眩しいほどの空の高さは既になく、今では建物に囲まれ大屋根の架かった都心と変わらないような風景にすっかり変わってしまいましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.09

95-3 マリンアンドウォークヨコハマ(横浜市)

9503kngmaw

横浜臨海部のみなとみらい21地区に2016年オープンした、店舗数20ほどの小規模な商業施設で、個性的なショップや、目の前に広がる港の景観を楽しめるテラス席を備えたレストランやカフェが並んでいます(だったら水面が映った画像を載せろよ、という感じですが…)。

眩しい白と濃いレンガ色の建物で構成された空間デザインのテイストは、米国の港湾都市の倉庫街を再開発して造ったショッピング・モールのような、ちょっとハードボイルドな印象があります。そんな風景には真夏の強い陽射しがよく似合う一方、今風の植栽の優しい感じが場所の空気を少し中和しているようにも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.08

95-2 象の鼻パーク(横浜市)

9502kngzhp

前回(95-1)の記事で少し触れましたが、日本大通りが海に突き当たるこの場所は横浜港発祥の地で、明治中期には弓なりに湾曲したその形状から「象の鼻」と呼ばれた波止場があったそうです。その波止場を復元し、周辺を公園として整備して開港150周年となる2009年にオープンしたのがこの「象の鼻パーク」で、水面を隔てて左側には赤レンガパーク、右側には大さん橋という横浜のメジャーな観光名所が見えています。横浜のウォーターフロントにもずいぶん公園が増えてきたのでそれぞれの差別化が大変そうだな、と思いますが…。

この風景の中で気になるのが、緩やかに下る緑の芝生の斜面に続く舗装のパターンで、そのグラデーションが波の打ち寄せる砂浜のように見えることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.07

95-1 神奈川県庁本庁舎と日本大通り(横浜市)

9501kngpgv

今回のシリーズのテーマは「神奈川県」ですが、まずはその中心からストーリーを展開していこうと思います。というわけで、県庁所在地・横浜市の、まさにその県庁が見える風景から取り上げましょう。

この画像の正面奥に、見る人に強烈な印象を与える塔を戴く、レトロな建物が見えます。明らかに西洋建築でありながら、五重塔をも思わせるそのピラミッド型の塔の屋根には我が国の国会議事堂のようにどこか東洋のテイストが感じられ、縦に細長い窓の形はフランク・ロイド・ライト風でもあります。かつて当サイトで取り上げた名古屋市役所の庁舎にも似ていて、一言で表現すると「エキゾティック」です。

これが1928年に完成した神奈川県庁の本庁舎で、昭和初期に流行した「帝冠様式」という和洋折衷の建築様式を採用した先駆的事例のようです。かつては日本の表玄関であった横浜港のすぐそばに立地することから、外国人の眼を意識して日本趣味を盛り込んだということなのでしょう。中央に聳える塔には「キングの塔」という通称があり、横浜税関本関庁舎(クイーンの塔)、横浜開港記念会館(ジャックの塔)とともに長く「横浜三塔」として親しまれています。

そして、この庁舎が面しているのは、当サイトが開設してまもない頃にも取り上げた国内初の西洋式街路「日本大通り」です。2002年に再整備が行われたこの通りは、歩道と車道の段差が小さく、道全体として広々と感じられ、地下鉄入口のガラス張りの上屋やボラード(車止め)のデザイン、置かれたフラワー・ポット等のセンスに、横浜という都市のイメージにふさわしい洗練と先進性が窺えます。以前の記事を投稿した2006年当時と比べて取り巻く環境の変化した点と言えば…突き当たりに建っていた民間の倉庫がついに撤去され、通りの先に港が見えるようになったことでしょうか。港に面した倉庫跡とその周囲には2009年に「象の鼻パーク」が開園しました。これについては、次回ご紹介する予定です。

考えてみれば、当サイトでは10年間も横浜の風景を取り上げていなかったんですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.01

アーバン・ツアーズ 2018春の祭典SP 神奈川の風景

「神奈川県の存在しない、首都圏の休日」を想像してみると、それはとても退屈なものになるような気がします。県内には横浜、鎌倉、湘南、箱根…といった全国的にも知られた観光地を数多く有し、海があれば山もあり、大都市、リゾート地、新しいもの、古いもの…とヴァラエティにも富んでいて、かつそれぞれが都会的・現代的で洗練されたムードを持っているからです。また東京にも近い神奈川県は交通や生活の利便性が高く、遊ぶ場所としてだけでなく、住む場所としても人気のある地域です。

5月7日(月)からスタート予定の今回のシリーズでは、そんな魅力いっぱいの神奈川県内の風景を、久しぶりに取り上げていこうと思います。お楽しみに。

あ、それから、当サイトの延べアクセス数が、ついに10万件を突破した模様です。開設から12年を経過してようやく…という感じですね。ご覧いただいたみなさま、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ