« 96-13 首里城の夜景(沖縄県那覇市) | トップページ | 96-15 ニライカナイ橋(沖縄県南城市) »

2018.08.21

96-14 瀬長島ウミカジテラス(沖縄県豊見城市)

9614stcukt

沖縄の玄関口・那覇空港の滑走路の延長線上わずか数百mの距離にある「瀬長島」に、2015年にオープンした商業施設です。この施設の大きな特徴は、それぞれ1~3軒の飲食店や雑貨店等が入った20程の小さな四角い建物が、東シナ海に面して扇形に広がった丘の斜面上にテラス状に展開され、その間に細い路地と階段が張り巡らされている、という空間構成にあります。

立地環境だけで見ると、南イタリアやギリシャの海沿いにありそうな街のようで、そんな土地の風景からインスピレーションを得たのか、環境全体が白で統一され、南国の強烈な陽射しを眩しく反射させています。しかし、テーマパークのように、例えば「イタリア風」「ギリシャ風」といったそれ以上の空間的な造り込みがなされているわけでもなく、かといってシンプルさを追及して建築的に新しい価値が生み出されているというわけでもなく、「オーシャン・ビューの傾斜地」「空港至近」という恵まれた土地の条件に甘えて、いかにも観光客目当てに見映えのいいテナントを集めただけという、若干のチープさも感じられます。(ちょっと言い過ぎですかね?)

さて、私の手元にはこの施設のリーフレットがあり、施設全体の、おそらく開業当時の夜景の写真が載っています。こうした写真には完成したばかりの頃のものが使われることが多いように思います。なぜならその時点がいちばん汚れが少なく、美しく見えるから(本来、建築とか都市というものは時間が経っても、あるいは経てば経つほど味わいが出て、魅力的になっていくように造られるのが理想だと思うのですが…)。しかし、この施設に関して言えば、今の風景の方が美しく見えると思います。なぜなら、海岸に沿った施設外周道路の電線類地中化が開業後に行われ、風景にそぐわない邪魔な電柱が無くなりすっきりとしたからです。もしよかったら、検索サイトを開いて画像を見比べてみてください。

|

« 96-13 首里城の夜景(沖縄県那覇市) | トップページ | 96-15 ニライカナイ橋(沖縄県南城市) »

J-17 沖縄」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/74000485

この記事へのトラックバック一覧です: 96-14 瀬長島ウミカジテラス(沖縄県豊見城市):

« 96-13 首里城の夜景(沖縄県那覇市) | トップページ | 96-15 ニライカナイ橋(沖縄県南城市) »