« 96-3 青島のビロウ樹(宮崎県宮崎市) | トップページ | 96-5 飫肥城下町・大手門通り(宮崎県日南市) »

2018.08.08

96-4 「道の駅フェニックス」から見た日南海岸(宮崎県宮崎市)

9604stcpdi

「日南海岸」とは、そのような名前の特定の場所が存在するわけではなく、約100kmに渡る宮崎県南部(「日」向国の「南」)の海岸線の総称として、1950年以降、県内の観光業関係者によって用いられ始めた名前で(「湘南」とか、「コスタ・デル・ソル」みたいな感じですかね)、一帯は国定公園に指定されています。

画像の場所「道の駅フェニックス」は、宮崎が新婚旅行ブームに沸いた昭和40年代、県内再大手のバス事業者である宮崎交通によって建設され観光名所の一つとなった「フェニックスドライブイン」を前身とする施設です。ここは日南海岸を代表する景勝地として知られており、大海原に面した崖の上から、遠くに幾重にも重なる海沿いの山並みのシルエットがグラデーションのように霞んで見えています。先日(96-2)ご紹介した青島から始まる「鬼の洗濯板」がここまで続いているのもわかります。ここを通る道路は「日南フェニックスロード」の愛称で「日本の道100選」にも選ばれている絶景ドライブ・コースです。

そしてこの風景を特徴づけているフェニックスの木々ですが、これらは自生しているものではなく、宮崎交通の初代社長を務め、「宮崎観光の父」と呼ばれた故・岩切章太郎氏の「フェニックスを額縁にして太平洋を眺めたら、きっと素晴らしいだろう」という発案によって昭和10年代から植樹が開始されたというものです。植樹運動は日南海岸から県内各地へと広がっていき、フェニックスは昭和41年には宮崎県の「県の木」にも制定されました。

長い年月をかけて作り上げてきた景観によって演出された南国ムードが多くの観光客を惹きつけるとともに、地元の人々にとっての心の拠り所ともなっていった…という、壮大なロマンあふれるストーリーです。

|

« 96-3 青島のビロウ樹(宮崎県宮崎市) | トップページ | 96-5 飫肥城下町・大手門通り(宮崎県日南市) »

J-16 九州」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83253/73875815

この記事へのトラックバック一覧です: 96-4 「道の駅フェニックス」から見た日南海岸(宮崎県宮崎市):

« 96-3 青島のビロウ樹(宮崎県宮崎市) | トップページ | 96-5 飫肥城下町・大手門通り(宮崎県日南市) »