« 98-35 シドニー・トレインズ(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州) | トップページ | 98-37 ボンダイ・ビーチ その2(オーストラリア・シドニー) »

2019.04.14

98-36 ボンダイ・ビーチ その1(オーストラリア・シドニー)

9836sydbb1

今回のシリーズ「オーストラリアの風景(前編)」も終盤に差しかかって参りました。最後に「サザン・ビーチズ」と呼ばれるシドニー都市圏南東部の外洋(タスマン海)に面した海岸沿いの風景をご紹介していきたいと思います。

「サザン・ビーチズ」の中でも都心部からわずか数kmと最もアクセスがよく、ポピュラーなビーチがここ「ボンダイ・ビーチ」です。オリンピックのビーチ・バレー会場にもなったシドニーを象徴するこのビーチは、芝生の公園に面して延長約1kmの白砂が広がり、外洋から高波が押し寄せるサーフィンの中心地で、年間を通じて多くのイヴェントが開催されているそうです。ビーチに沿って湾曲して走る通り「キャンベル・パレード」沿いにはサーフ・ショップ、レストランやファスト・フード店が並び、ちょっとしたリゾート地のような華やいだ雰囲気です。シドニーではこの周辺に住むことはステータスらしく、一帯は高級住宅街となっているようです。大都市のすぐ近くにこんな大洋に面した開放的で美しいビーチがある生活環境は、うらやましい限りですね。

ところで、私がこの地名を知っていた理由は、最近だとBSチャンネル「Dlife」を見ていて番宣で「ボンダイビーチ動物病院」のタイトルだけはよく耳にしていたこと、そして何と言ってももうかれこれ20年程前に私が初めて買ったPC”iMac”のボディ・カラーが、このビーチの海からインスパイアされ「ボンダイ・ブルー」と名づけられていたことです。南国のリゾートの海と聞いて連想するような単純に爽やかなエメラルド色とは違って、ここの海は透明感に加えて深み、渋み、そして苦みを帯びた青緑色で、まさにあのスケルトン・ボディのイメージにぴったりでした。

|

« 98-35 シドニー・トレインズ(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州) | トップページ | 98-37 ボンダイ・ビーチ その2(オーストラリア・シドニー) »

旅行・地域」カテゴリの記事

P-1 オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 98-36 ボンダイ・ビーチ その1(オーストラリア・シドニー):

« 98-35 シドニー・トレインズ(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州) | トップページ | 98-37 ボンダイ・ビーチ その2(オーストラリア・シドニー) »