« 99-7 首都展示館のカフェからの眺め(オーストラリア・キャンベラ) | トップページ | 99-9 サザン・クロス駅(オーストラリア・メルボルン) »

2019.07.30

99-8 キャンベラ・センター(オーストラリア首都特別地域)

9908cbrcct

キャンベラ市街の中央を東西に横たわるバーリー・グリフィン湖の南側の地区は、これまでご紹介してきたとおり、広大な緑の中に行政機関やミュージアム、各国の大使館等が点在する、極めて低密で牧歌的という特殊な「都市空間」でありますが、それに対してその北側の地区は商業地域もある「普通の街」という印象です。建物の高さ・密度に対して街路の幅もちょうどよく、人口40万人弱という規模の都市にふさわしいそれなりの賑わいもあり、シドニーのあまりの人の多さには辟易した私が勝手に抱いていた「オーストラリアらしいのどかな都市」というイメージに近い感じでした。

そんなキャンベラの商業地区内の数ブロックに跨って建つ大きなショッピング・モールがこの「キャンベラ・センター」です。大通りから施設の入口へのこのアプローチを見てもゆったりと建てられているのがわかりますが、逆にこの空間を建物の中から見ると、外には草原(実際には大通りの中央分離帯だったようです)が広がり、その先の真正面にキャンベラの重要なランドマークとなっているエインズリー山が聳えていて、都市の中心でありながら郊外にいるような開放感が味わえます。

 

これまで7~8回にわたってキャンベラを取り上げてきましたが…テキストを読めば私があまりこの街のことを好きになれなかったのがわかってしまいますね。曇り空だったのも印象が悪かった理由の一つかもしれません。次回以降はここから600km以上移動して、メルボルンの風景を取り上げていく予定です。そこでは目の覚めるような青空が待っているはず!

|

« 99-7 首都展示館のカフェからの眺め(オーストラリア・キャンベラ) | トップページ | 99-9 サザン・クロス駅(オーストラリア・メルボルン) »

旅行・地域」カテゴリの記事

P-1 オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 99-7 首都展示館のカフェからの眺め(オーストラリア・キャンベラ) | トップページ | 99-9 サザン・クロス駅(オーストラリア・メルボルン) »