« 2019年8月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019.12.30

100-19 市営新地団地(熊本市)

10019kyskap

「くまもとアートポリス(KAP)」のプロジェクト事業によって建て替えられた団地です。

まずはKAPについてのご説明ですが、「環境デザインに対する関心を高め、都市文化並びに建築文化の向上を図るとともに、文化情報発信地としての熊本を目指して、後世に残る文化的資産を創造する」ことを目的として、1988年に、当時の細川護熙熊本県知事(その後国政に進出し、1993年に総理大臣にまで上り詰められたことを、私は印象深く憶えています)によって始められた取り組みで、前年に西ドイツで開催されていたベルリンIBAを視察したことからヒントを得ているそうです。

公共建築は競争入札により設計者を決めることが通常ですが、KAPにおいてはその選定についてコミッショナーに全権を与えるという特殊な制度を取っており、最大の特徴となっています。これによって国の内外を問わず評価の高い建築家やデザイナー、あるいは前途有望な気鋭の建築家等が多く起用されています。初代のコミッショナーは磯崎新氏が、3代目となる現在は伊東豊雄氏が務めておられます。

これは全国初の試みであり、かつ30年4代の知事にわたってこのような制度が持続しているのは熊本県だけなのだそうです。そして対象プロジェクトは日本建築学会作品賞をはじめ、数多くの賞を受賞し、建築的に高い評価を得ています。一方で、個性の強い単体の建造物ばかり目立ってしまうのは、地域全体の景観にとってはマイナスなのではないか、という気も個人的にはしています。

そして、この「新地団地」はKAPの中でも最大規模のプロジェクトであり、全体を5つのゾーンに分け、それぞれを別の建築家が担当し、その個性を競い合っています。この画像は1991年に竣工したA街区のもので、全長170mの5階建て住棟(画面右側)2棟が中庭を囲んだ2~3階建ての低層棟(画面左側)を挟み、外部空間の質が高い住区を構成するよう意図しており、日本文化デザイン賞、日本建築学会賞を受賞したそうです。

この画像は比較的よく撮れていると思ったものを選んだのですが、築30年近くを経過していることもあってか、団地全体として外壁の汚れがとても目立っていました。奇抜な造形と派手な色彩が余計に汚れを目立たせ、失礼ながら廃墟のような薄気味悪さすら感じられました。そして多くの住戸が揃いも揃って安っぽい緑色のネット(どうやら鳩の害に悩まされているようです)でベランダを覆っていて、景観を損ねているのも気になりました。完成後に生じうる問題が計画時点で想定されていないと、後から注意書きの看板だらけになったり、注意喚起のために段差に蛍光色のテープが張られたりして、せっかく美しさを追求して造られた建築作品も台無しになってしまうのが残念です。完成直後に見栄えのよい写真が撮れさえすればそれでいいというのでなく、建築は何十年経っても美しさを保ち続け、時の経過とともに新たな魅力さえ付加されていくような存在であってほしいと思うのですが。

 

年内の投稿は本日をもって終了です。今回で熊本県を離れ、年明けからはさらに西へ向かいます。

| | コメント (0)

2019.12.29

100-18 水前寺成趣園 その2(熊本市)

10018kyssj2

前回(100-17)の水前寺成趣園についての記事で「マンションなどの高層建築物がよく見えて、園内の雰囲気を台無しにしてしまって」…と述べましたが、今回は発想を逆転して「庭園越しに撮ることで熊本の都市景観が魅力的に見える」ような画像を選んで掲載してみました。屋上に巨大な看板が出ていたり、形が不格好だったりしない、なるべく見映えのする建物が入るようなアングルを選んではいますが、こうするとなんだか熊本市を「ガーデン・シティ」なんていうキャッチ・コピーでPRできそうではないでしょうか。周囲に現代的な都市景観が見えることで、それとの対比によって伝統的な庭園の魅力がより引き立つようになるというのも、決して悪いことではないと思います。そんな事例を、当サイトのバックナンバーの中から以下にいくつかご紹介しておきます(※)。

それから、この水前寺成趣園では、池の周りをたくさんのトンボが飛び交っているのも印象的でした。

 

※関連バックナンバー
 89-4 新宿御苑と新都心のスカイライン(東京都)
 54-2 浜離宮恩賜庭園の橋(東京都港区)
 37-6 イスタナ・ガーデン(マレーシア・ジョホールバール)

| | コメント (0)

2019.12.28

100-17 水前寺成趣園 その1(熊本市)

10017kyssj1

「水前寺」と言えば「三百六十五歩のマーチ」ですが、彼女は熊本市のご出身で、芸名はこの「水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)」から取られたようです。ここは熊本藩主であった細川家が1636年頃から約80年、三代にわたって造営してきた約7.3haの回遊式庭園で、阿蘇の伏流水が湧き出る池を中心に作庭され、築山や浮石、芝生、松などの植木で東海道五十三次を模したといわれています。

都市内に位置する庭園はどこでも同じような課題を抱えていると思うのですが、ここ水前寺成趣園も市電に乗れば街の中心部まで容易にアクセスできる利便性の高さから、周囲は市街化が進みマンションなどの高層建築物がよく見えて、園内の雰囲気を台無しにしてしまっているという声もあります。そうした周囲の建物が映り込まないように写真を撮るのは、結構苦労しました。

| | コメント (0)

2019.12.27

100-16 辛島公園(熊本市)

10016kyspkk

市電通り(画面右側)に面し、官公庁や市内最大の繁華街にも、そして熊本都心部における交通の一大拠点となっているバス・ターミナルにも至近という、まさに街のヘソに位置する公園です。公園とその所在地である「辛島町」の名は、かつてこの一帯の広い面積を占めていた陸軍の練兵場を郊外に移転させ、そこに市電を通すとともに跡地を新市街地として発展させる礎を築いた明治時代の市長「辛島格(からしまいたる)」氏の功績を讃えてつけられたそうです。

そんなロケーションのためか、園内は芝や土で覆われた部分が少なく、周囲の歩道と一体的に舗装されているため境界を感じさせず、公園というよりはどちらかというと都会的で広場のような空間となっています。いくつか置かれているプランターは移動可能になっているようで、イヴェント会場としての使い勝手もよさそうです。

ところでバス・ターミナルに関して言えば、この公園の隣接地(画面左側)にホテル、ホール、商業施設等と一体的に再開発され、大型複合施設「サクラマチ クマモト」として今年の9月に新規オープンしている…はずです。テラス状の屋上庭園を有するこの施設の、桜の花が咲き乱れている完成予想イメージがとても素敵に描かれていて、「熊本に来るのは完成後にすればよかった」と思ったくらい、是非見てみたかったのですが、実物はどのようにできあがっているのか気になっています。

| | コメント (0)

2019.12.26

100-15 桜の馬場 城彩苑 桜の小路(熊本市)

10015kyssjs

前回の大自然の中から風景はガラリと変わり、今回は政令指定都市・熊本市の中心部からお送りいたします。

ここ「桜の馬場 城彩苑(じょうさいえん)」は、奥に城の櫓(?)が見えていることからもわかるとおり、市内随一の観光資源である熊本城のふもとに位置し、総合観光案内所、歴史文化が体験できる施設「湧々座(わくわくざ)」と、熊本の名物グルメや特産品を扱う23店舗の「桜の小路」からなる観光施設です。

この施設は熊本城を訪れた観光客の「休憩所がなく、食事場所、土産物屋も少ない」「熊本がどういったところなのかわかりにくい」といった声に応えるため、地域の食文化や歴史、伝統を発信し城と城下町の魅力を高めることをコンセプトとして旧合同庁舎の跡地に整備され、九州新幹線(博多~新八代間)の開業に合わせて2011年3月にオープンしました。空間的には江戸時代の城下町を再現した小路をイメージしたとのことで、それなりに小ぎれいに造られています。同じく新幹線開業を機に誕生し、「ゆるキャラグランプリ」の王者にも選ばれた熊本県PRマスコットキャラクター・くまモンの姿も見えます。そのキャラクター・デザインは熊本城の黒を基調としているそうなので、城下町風の風景に意外と馴染んでいるのは決して偶然ではないのかもしれません。

ところで、同じく日本を代表する城の一つである名古屋城にも、隣接して「金シャチ横丁」という似たようなコンセプトとヴィジュアルを持った施設が2018年3月にオープンしていますが、これはどうやらここをモデルにして整備されたようです。そして、夜は早く閉まってしまうところまでそっくりです。

| | コメント (0)

2019.12.24

100-14 大観峰(熊本県阿蘇市)

10014kysdkb

「グランドキャニオ~ン!!」

見渡す限りの大草原が突然えぐられたかのように、木々に覆われた急斜面(というかほぼ崖)となって果てしなく下っていき、その先には真っ平らな農地と集落が広がるという衝撃的な眺めに対して、私は思わずそう叫びそうになりました。あちらの風景は赤茶色なので、色味は正反対ですが。

もう少し科学的に、そして理性的に(笑)解説すると、ここは火山の噴火によって陥没した、南北25km、東西18kmという国内最大級の「阿蘇カルデラ」を囲む北外輪山の最高峰に位置する「大観峰」(だいかんぼう)という阿蘇屈指の展望スポットで、つまり私はお椀の縁のような所に立っていたわけです。数百mもの高低差を有する「木々に覆われた急斜面」は「カルデラ壁」、その先に広がる平らな盆地は「カルデラ床」と呼ばれるそうで、カルデラの内側(つまり火山の中!)に人々が集落を形成して定住し、広く農地開墾が行われ、国道や鉄道まで敷設されているというのは世界的にも珍しいケースなのだそうです。

火山の噴火が生み出したこの迫力ある風景には、地球の営みのスケールの大きさを感じざるを得ません。

| | コメント (0)

2019.12.22

100-13 やまなみハイウェイ(大分県九重町)

10013kysyhw

大草原の中、遠くの山々に向かって真っ直ぐに延びる一本道…そんなアメリカ大陸のモニュメント・ヴァレーを思わせるような(あちらは砂漠ですが)雄大な風景が、日本でも北海道以外で見られるとは思っていなかったので、この「やまなみハイウェイ」を車で走れて、大満足でした。

興奮のあまり結論から語ってしまいましたが(笑)、「やまなみハイウェイ」とは、大分県別府市と熊本県阿蘇市を結ぶ県道11号の別称で、九重連山を望み、大草原が続く眺めのよさから九州屈指の人気ドライヴ・ルートとなっています。その中でも特に、飯田高原(はんだこうげん)内に位置するここ「長者原(ちょうじゃばる)」地区は、絶好の撮影スポットとして有名だそうで、どうやら思わず車を停めて写真を撮りたくなってしまったのは私だけではなかったようです。

今回で大分県を離れ、次回からはいよいよ熊本県に突入です。

| | コメント (0)

2019.12.20

100-12 花月川越しに見たクンチョウ酒造(大分県日田市)

10012kysrkh

前回(100-11)ご紹介した「クンチョウ酒造」の敷地を、日田の城下町(豆田町)の北側にあたる花月川(かげつがわ)の対岸からみた風景です。

一部が石積みとなっていて、コンクリートが色褪せた高い護岸と植え込みの奥に古い酒蔵の屋根瓦だけが遠くの山々の稜線のように霞んで見えて、ちょっと幻想的です。

| | コメント (0)

2019.12.19

100-11 クンチョウ酒造(大分県日田市)

10011kysksh

ここ数日来ご紹介している日田の城下町(豆田町)に入る橋のたもとの四つ角という一等地に敷地を構える蔵元で、日本酒の歴史や製法を知る酒蔵資料館、蔵元ショップ、カフェ、ギャラリーを併設しています。1702年に建てられたという最も古い酒蔵をはじめ、5棟の蔵がすべて建築当時の姿で残っているのは全国的にも珍しいそうなのですが、その古さのせいか屋根瓦の色が一部色褪せて白っぽくなっている点が、日本的というよりはどこか中国風に感じられてエキゾティックです。

| | コメント (0)

2019.12.18

100-10 豆田上町通り(大分県日田市)

10010kysmuh

前回(100-9)ご紹介した「豆田御幸通り」と並行する、豆田町のもう一本の南北筋がこの豆田上町通り(まめだうわまちどおり)で、車通りが多く、銀行の支店等も立地していたりするので、どちらかというとこちらの方が表通りなのかもしれません。車道部分の舗装のアスファルトは白っぽく着色され、歴史的景観と歩行環境への配慮が多少なりとも感じられます。

この通り沿いで一際目を引くのが、画面右側の「岩尾薬舗 日本丸館(いわおやくほ にほんがんかん)」です。江戸時代に開業し、明治20年に特効薬「日本丸」の製造販売を開始したこの薬局の建物は、平成5年に明治から昭和初期の建築物や製薬資料、生活遺産品などを展示する資料館として公開が始まりました。昭和初期に展望楼を増築して現在の3階建ての姿となり、城郭建築を思わせるその外観から「豆田の天守閣」と呼ばれ、展望楼からは日田の街並みが一望できるそうです。平成4年には市の都市景観建築指定第1号に、平成14年には国の有形文化財として登録されています。

| | コメント (0)

2019.12.17

100-9 豆田御幸通り(大分県日田市)

10009kysmmh

九州のほぼ中央に位置する大分県日田市の中心地である豆田町(まめだまち)は、江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた「天領」で、今なお往時を偲ばせる古い建物や町並みが数多く残っているエリアです。1983年に豆田地区町並み保存推進協議会を設立し、町並み保存運動を行ってきた結果、2004年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

豆田町は南北2筋、東西5筋の通りから構成されていますが、南北筋の一つであるこの御幸通り(みゆきどおり)は、電柱を撤去して地下に埋める工事を行い、より伝統的街並みを再現したことにより、国土交通省の2001年度の美しいまちなみ大賞(「都市景観大賞」の後継)を受賞しています。

ほんの小さなエリアに古い建物が密集しているので、昔はほんとうに中心街らしい賑わいが感じられる場所だったのでしょう。

| | コメント (0)

2019.12.15

100-8 金鱗湖(大分県由布市)

10008kyslky

前々回、前回(100-67)に引き続き、由布院の風景をお届けします。

「きんりんこ」と読むこの湖は清水が湖底から湧出し温泉が流れ込むため、外気温の低い日には湖面に湯気が立ち上がるという幻想的な光景が見られることもあるそうです。

面積0.8ha、周囲約400m、水深約2mという規模は「湖」と呼ぶにはあまりにもちっぽけですし、畔には昔ながらの共同浴場と小さな美術館くらいしかなく「由布院を代表する観光スポット」というのは少し大袈裟な気もするのですが、トンボが舞い、鯉が泳ぐ、木々に囲まれたこの水辺の風景には長閑で癒されるものがあり、由布院という街が持つ雰囲気を象徴するような場所とは言えるのかもしれません。

| | コメント (0)

2019.12.14

100-7 湯の坪街道(大分県由布市)

10007kysyky

この街路景観の前に、地域全体についてのご説明から始めたいと思います。

由布院は、由布岳の麓にある金鱗湖(きんりんこ)の周辺に広がる温泉地です。湯量が豊富で広い範囲に湯が湧くため、各宿泊施設は一カ所に集積する必要が少なかったことから、賑やかな街並みから外れた周辺の川端や林の間、丘の上などに点在しています。一軒一軒の敷地が比較的広い高級旅館が多く、街の造りはゆったりとしている上、開発規制により高層の巨大旅館やホテルもないため、静かで田園的な雰囲気を持っているのが特徴です。

元々は鄙びた温泉地で、昭和の温泉街に多く見られたような団体観光客向けの大型ホテルやネオンサインきらめく歓楽街がなかったのですが、昭和40年代から町ぐるみで毎年夏に映画祭や音楽祭を開催するなど、ドイツの滞在型保養都市バーデン・バーデンをモデルとし、歓楽色を排して女性が訪れたくなるような環境整備を続けてきた結果が、現在の評価につながっているようです。

この「湯の坪街道」は、前回(100-6)ご紹介した由布院駅から、次回取り上げる予定の金鱗湖に続く由布院温泉の「メイン・ストリート」で、沿道には洒落た雑貨屋やレストランが建ち、周辺には各種の美術館が点在しています。

あえてこれまで述べてきたような由布院のイメージに沿った、緑豊かで、静かで落ち着いた街路景観に見えるように撮った画像を載せてみましたが、実際には東京・原宿の竹下通り等と変わらないような、けばけばしく派手な看板を並べたチャラチャラしたファストフード店や土産物屋等も少なからずあり、街の雰囲気を台無しにしていたりもします。

| | コメント (0)

2019.12.13

100-6 由布院駅(大分県由布市)

10006kysyst

前回ご紹介した別府の隣町・由布院からお送りします。

この駅舎は、地元大分県出身の世界的建築家・磯崎新氏の設計により平成2年に竣工しました。中央部の高さ12mの吹き抜けのあるコンコースがシンボリックです。

全体の構成はシンメトリー(左右対称)で、各部の屋根のカーヴは全て同じ半径と、極めてシンプルな形態です。板張りの外壁の色彩は黒で統一され、そのクールでストイックな佇まいからは「引き算の美」のようなものが感じられます。言うまでもなくこの駅は由布院温泉の玄関口となっていますが、この温泉地の雰囲気によくマッチしているように思います。

その由布院温泉については、次回以降詳しく触れたいと思います。

| | コメント (0)

2019.12.11

100-5 海地獄(大分県別府市)

10005kysujb

大分市に続いては、県内第2の都市で、温泉地として全国的に名高い、別府市からお送りいたします。

源泉数、湧出量とも日本一の規模を誇るという別府温泉には、含有物によって青、赤、白など様々な泉色を呈する温泉や、間欠泉などの特色のある源泉が点在し、これらの中には温泉の熱を利用して飼育・育成した動植物を展示する施設を併設したものもあります。このような入浴ではなく、観覧を主な目的とした温泉は「地獄」と呼ばれ、これらを周遊する「地獄めぐり」は別府観光の目玉の一つとなっています。

「地獄」が観光施設として商業化されるようになったのは、明治43年にここ「海地獄」が施設を整えて入場料を徴収するようになったのが始まりとのことです。源泉が硫酸鉄によって一見涼し気なコバルト・ブルーの色をしていることからこのように名づけられた「海地獄」は、他の3つの「地獄」とともに国の名勝に指定され、別府の「地獄」の中で最も広大だそうです。

とはいえ、主役である珍しい色の源泉自体はそれほど大きなものではなく、むしろ私が心を惹かれたのはそれを取り囲む木々や花に囲まれたどこか南国ムード漂う広大な日本庭園で、中でも特に「地獄」に隣接した池に浮かぶ、この美しい円を描く立派な蓮の葉です。このオオオニバスは温泉水によって栽培されているそうで、なんとお盆のシーズンには大きく育った葉の上に子どもを乗せるというイヴェントまで開催されているようです。

| | コメント (0)

2019.12.09

100-4 大分駅上野の森口(大分市)

10004kysoss

前回までの記事(100-13)では、商業施設や公共機関が集中する大分駅の北側の地区をご紹介してきましたが、今回は駅南側の風景です。こちらは駅周辺の連続立体交差事業が行われる以前は、鉄道線路によって北側の中心市街地とは完全に分断され、「裏駅」「駅裏」などと呼ばれていたようです。それが平成8~28年度にかけて東西1.1km、南北0.8kmに及ぶ約50haの区域で土地区画整理事業が施行され、駅前広場や複合文化施設「J:COMホルトホール大分」等の整備と併せて、駅周辺街区の有効高度利用と周辺部の都市型住宅地の整備が行われました。

そうした事業の一環として創出されたのが画像の広々とした芝生の空間です。これは駅前を起点とする総延長444m・幅員100mのシンボルロード「大分いこいの道」で、両側を街路に挟まれた中央部分がイヴェントも開催できる広場となっており、駅前には大分の新しい顔となるような、現代的で明るく爽やかな風景が広がっています。なお、広場全体には仮設住宅が93戸建設可能で、ホルトホール大分前広場はヘリコプターの緊急時離着陸場として使用できるなど、大規模災害への対応も想定されているようです。

| | コメント (0)

2019.12.08

100-3 ガレリア竹町(大分市)

10003kysgto

江戸時代から一貫して大分最大の繁華街だったという県内最古の商店街で、その延長は349mに及びます。

画像は、前回(100-2)ご紹介した「中央通り」と交わる、アーケード街のエントランスにあたる場所ですが、ここと終点からの各1ブロック分だけはその幅員が24mに広げられています。一方で高さは18mあり、この断面積は日本最大なのだそうです。「ドーム広場」と呼ばれるこの壮大ダイナミックな空間は、大分の旧市街地の8割が被害にあったという戦災からの復興計画によって設けられたもので、アーケード街の入口のイヴェント広場として機能しています。空間全体がバルーンで華やかに飾り付けられているのは、この画像が同じく前回の記事で触れた「大分七夕まつり」の翌朝早くに撮ったものだからです。

| | コメント (0)

2019.12.07

100-2 大分銀行赤レンガ館と中央通り(大分市)

10002kyscdo

中央通りは、前回(100-1)ご紹介した大分駅府内中央口から延びて市街地の中央を南北に貫く広幅員の道路で、1900年には九州初の路面電車が走り「電車通り」と呼ばれていたそうです。通り沿いには大型商業施設や金融機関の本支店が建ち並んでいます。そして、毎年8月に行われる「大分七夕まつり」の際は市民総おどり大会の、12月にはイルミネーション・イヴェントの会場となるなど、大分市のメイン・ストリートとして機能しています。

その沿道で一際目立つランドマークとなっているのが、市中心部に残る唯一の洋館である「大分銀行赤レンガ館」です。これは1913年に旧第二十三国立銀行本店として建てられたもので、国の登録有形文化財に登録されています。第二次世界大戦末期には空襲で壁のみを残して焼失したものの、戦後修復され、1966年に移転するまで大分銀行本店として使用され続けました。その後は貸しホールなどに使われたり、再び銀行業務に用いられたり、空き店舗となったり…していたようですが、2018年3月にリニューアル・オープンし、現在は県産品を販売する地域商社や地場のコーヒー専門店が入居しているそうです。

最近似たような建物を盛岡でも見たなぁ…と思っていたら、案の定こちらも東京駅などで知られる「辰野片岡建築事務所」による設計でした。考えてみれば用途も、そして名称までもそっくりです。

| | コメント (0)

2019.12.06

100-1 大分駅府内中央口/JRおおいたシティ(大分市)

10001kysots

今回のシリーズは大分県大分市からスタートさせて、九州を西へと横断していく予定です。県庁所在地かつ50万人近い人口を擁する県内最大の都市ですが、大分市を観光で訪れる人は少ないようで、私が入手した九州のガイド・ブックには一切情報がありませんでした。そんな街から九州を語り始めるところはこのサイトらしいな、と思います…。

 

画像は大分市の表玄関にあたる、JR大分駅の「府内中央口」の風景です。この駅では2012年に高架化が完了し、追って駅前広場の改装が行われ、新駅ビル「JRおおいたシティ」が開業しました。この駅ビルは商業施設や立体駐車場等からなる地上8階・地下1階の低層部と、画面より左側に建ちホテルや天然温泉施設が入居する地上21階のタワーとから構成されています。

駅ビル低層部の屋上には「シティ屋上広場」が開設されています。今回の記事で特に語りたいのはこの屋上庭園についてで、4,500㎡の面積に約1,000の木々や花々が植えられ、多彩なイヴェントが開催されているそうです。園内には展望台、土産物店、飲食店、野菜づくり体験ができるクライン・ガルテン(ドイツ語で「小さな庭」を意味する市民農園)、遊具等が設けられている他、延長約180mのミニトレインが走り回るなど、子供から大人まで楽しめる様々なアトラクションを備えた遊び心あふれる空間となっています。さらに変わったところでは、1965年から旧駅舎の屋上にあった「鉄道神社」も移設されています。

屋上の右側に顔を覗かせているのは、内部に上り下りがすれ違わない二重螺旋構造の階段を持つ伝統的な「栄螺堂(さざえ堂)」の建築様式で建てられたという「夢かなうぶんぶん堂」です。この堂や、画面左側の城門をモチーフにしたという駅ビルの入口等の外観、そしてネーミングまでもがポスト・モダン的な楽しさに溢れている駅前の風景です。

| | コメント (0)

2019.12.01

アーバン・ツアーズ 2019~2020年末年始SP 九州の風景

みなさま、こんにちは。「URBAN TOURS」の新たなテーマは「九州」です。

このサイトを開設した2006年4月当時、私がまだ訪れたことのない県は、西日本を中心に15もありました。その後10年以上かけて少しずつ各地に足を運んでいき、先頃最後となる熊本県を訪れたことで、めでたく日本全国47都道府県制覇を果たすことができました!

今回のシリーズはそれを記念して、その熊本を含む、九州を横断するルート上の風景をご紹介しようと思います。通し番号もちょうど100となるシリーズは12月6日(金)スタート予定です。お楽しみに!

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2020年1月 »