« 100-18 水前寺成趣園 その2(熊本市) | トップページ | 100-20 九州新幹線新鳥栖駅(佐賀県) »

2019.12.30

100-19 市営新地団地(熊本市)

10019kyskap

「くまもとアートポリス(KAP)」のプロジェクト事業によって建て替えられた団地です。

まずはKAPについてのご説明ですが、「環境デザインに対する関心を高め、都市文化並びに建築文化の向上を図るとともに、文化情報発信地としての熊本を目指して、後世に残る文化的資産を創造する」ことを目的として、1988年に、当時の細川護熙熊本県知事(その後国政に進出し、1993年に総理大臣にまで上り詰められたことを、私は印象深く憶えています)によって始められた取り組みで、前年に西ドイツで開催されていたベルリンIBAを視察したことからヒントを得ているそうです。

公共建築は競争入札により設計者を決めることが通常ですが、KAPにおいてはその選定についてコミッショナーに全権を与えるという特殊な制度を取っており、最大の特徴となっています。これによって国の内外を問わず評価の高い建築家やデザイナー、あるいは前途有望な気鋭の建築家等が多く起用されています。初代のコミッショナーは磯崎新氏が、3代目となる現在は伊東豊雄氏が務めておられます。

これは全国初の試みであり、かつ30年4代の知事にわたってこのような制度が持続しているのは熊本県だけなのだそうです。そして対象プロジェクトは日本建築学会作品賞をはじめ、数多くの賞を受賞し、建築的に高い評価を得ています。一方で、個性の強い単体の建造物ばかり目立ってしまうのは、地域全体の景観にとってはマイナスなのではないか、という気も個人的にはしています。

そして、この「新地団地」はKAPの中でも最大規模のプロジェクトであり、全体を5つのゾーンに分け、それぞれを別の建築家が担当し、その個性を競い合っています。この画像は1991年に竣工したA街区のもので、全長170mの5階建て住棟(画面右側)2棟が中庭を囲んだ2~3階建ての低層棟(画面左側)を挟み、外部空間の質が高い住区を構成するよう意図しており、日本文化デザイン賞、日本建築学会賞を受賞したそうです。

この画像は比較的よく撮れていると思ったものを選んだのですが、築30年近くを経過していることもあってか、団地全体として外壁の汚れがとても目立っていました。奇抜な造形と派手な色彩が余計に汚れを目立たせ、失礼ながら廃墟のような薄気味悪さすら感じられました。そして多くの住戸が揃いも揃って安っぽい緑色のネット(どうやら鳩の害に悩まされているようです)でベランダを覆っていて、景観を損ねているのも気になりました。完成後に生じうる問題が計画時点で想定されていないと、後から注意書きの看板だらけになったり、注意喚起のために段差に蛍光色のテープが張られたりして、せっかく美しさを追求して造られた建築作品も台無しになってしまうのが残念です。完成直後に見栄えのよい写真が撮れさえすればそれでいいというのでなく、建築は何十年経っても美しさを保ち続け、時の経過とともに新たな魅力さえ付加されていくような存在であってほしいと思うのですが。

 

年内の投稿は本日をもって終了です。今回で熊本県を離れ、年明けからはさらに西へ向かいます。

|

« 100-18 水前寺成趣園 その2(熊本市) | トップページ | 100-20 九州新幹線新鳥栖駅(佐賀県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-21 九州南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100-18 水前寺成趣園 その2(熊本市) | トップページ | 100-20 九州新幹線新鳥栖駅(佐賀県) »