« 100-14 大観峰(熊本県阿蘇市) | トップページ | 100-16 辛島公園(熊本市) »

2019.12.26

100-15 桜の馬場 城彩苑 桜の小路(熊本市)

10015kyssjs

前回の大自然の中から風景はガラリと変わり、今回は政令指定都市・熊本市の中心部からお送りいたします。

ここ「桜の馬場 城彩苑(じょうさいえん)」は、奥に城の櫓(?)が見えていることからもわかるとおり、市内随一の観光資源である熊本城のふもとに位置し、総合観光案内所、歴史文化が体験できる施設「湧々座(わくわくざ)」と、熊本の名物グルメや特産品を扱う23店舗の「桜の小路」からなる観光施設です。

この施設は熊本城を訪れた観光客の「休憩所がなく、食事場所、土産物屋も少ない」「熊本がどういったところなのかわかりにくい」といった声に応えるため、地域の食文化や歴史、伝統を発信し城と城下町の魅力を高めることをコンセプトとして旧合同庁舎の跡地に整備され、九州新幹線(博多~新八代間)の開業に合わせて2011年3月にオープンしました。空間的には江戸時代の城下町を再現した小路をイメージしたとのことで、それなりに小ぎれいに造られています。同じく新幹線開業を機に誕生し、「ゆるキャラグランプリ」の王者にも選ばれた熊本県PRマスコットキャラクター・くまモンの姿も見えます。そのキャラクター・デザインは熊本城の黒を基調としているそうなので、城下町風の風景に意外と馴染んでいるのは決して偶然ではないのかもしれません。

ところで、同じく日本を代表する城の一つである名古屋城にも、隣接して「金シャチ横丁」という似たようなコンセプトとヴィジュアルを持った施設が2018年3月にオープンしていますが、これはどうやらここをモデルにして整備されたようです。そして、夜は早く閉まってしまうところまでそっくりです。

|

« 100-14 大観峰(熊本県阿蘇市) | トップページ | 100-16 辛島公園(熊本市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-21 九州南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100-14 大観峰(熊本県阿蘇市) | トップページ | 100-16 辛島公園(熊本市) »