« 100-6 由布院駅(大分県由布市) | トップページ | 100-8 金鱗湖(大分県由布市) »

2019.12.14

100-7 湯の坪街道(大分県由布市)

10007kysyky

この街路景観の前に、地域全体についてのご説明から始めたいと思います。

由布院は、由布岳の麓にある金鱗湖(きんりんこ)の周辺に広がる温泉地です。湯量が豊富で広い範囲に湯が湧くため、各宿泊施設は一カ所に集積する必要が少なかったことから、賑やかな街並みから外れた周辺の川端や林の間、丘の上などに点在しています。一軒一軒の敷地が比較的広い高級旅館が多く、街の造りはゆったりとしている上、開発規制により高層の巨大旅館やホテルもないため、静かで田園的な雰囲気を持っているのが特徴です。

元々は鄙びた温泉地で、昭和の温泉街に多く見られたような団体観光客向けの大型ホテルやネオンサインきらめく歓楽街がなかったのですが、昭和40年代から町ぐるみで毎年夏に映画祭や音楽祭を開催するなど、ドイツの滞在型保養都市バーデン・バーデンをモデルとし、歓楽色を排して女性が訪れたくなるような環境整備を続けてきた結果が、現在の評価につながっているようです。

この「湯の坪街道」は、前回(100-6)ご紹介した由布院駅から、次回取り上げる予定の金鱗湖に続く由布院温泉の「メイン・ストリート」で、沿道には洒落た雑貨屋やレストランが建ち、周辺には各種の美術館が点在しています。

あえてこれまで述べてきたような由布院のイメージに沿った、緑豊かで、静かで落ち着いた街路景観に見えるように撮った画像を載せてみましたが、実際には東京・原宿の竹下通り等と変わらないような、けばけばしく派手な看板を並べたチャラチャラしたファストフード店や土産物屋等も少なからずあり、街の雰囲気を台無しにしていたりもします。

|

« 100-6 由布院駅(大分県由布市) | トップページ | 100-8 金鱗湖(大分県由布市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-17 九州北部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100-6 由布院駅(大分県由布市) | トップページ | 100-8 金鱗湖(大分県由布市) »